2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

« 2018年8月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018/10/30

新型Nボックス 到着~♪

9月初めに試乗してその運転のしやすさ、乗り心地と静かさ、安全装備の充実にすっかりほれ込んで、契約までそれほど時間はかかりませんでした。

しかし、値引きや下取り買取価格に対しては納得の価格を得たと思います。

今日、知人のガソリンスタンド作業場に保管して明日にでも納車の予定です。

Dsc_21491

Dsc_21481

Dsc_21561

いつもの日常の生活がグンと便利に、週末の休日がグンと楽しくなるかもしれない。

今年はもう無理かもしれないけど、春になり隣県なら車中泊もおもしろいだろう。

次から次へと楽しみ方が浮かんでくる。そんな可能性をたっぷり秘めたNボックス…。にしたいです。

2018/10/21

快晴でした…上高地

Dsc_2067

大正池から初冠雪の穂高連峰です。スッキリと湖面にもその雄姿を映す姿は、いつ訪れても感動します。

田代湿原です。草紅葉はすっかり終わり、初冬の様相です。

Dsc_2069

中の瀬園地から梓川左岸からは展望もよくたくさんのベンチもありお気に入りのスポットです。

画像右手のカラマツの黄葉の下を河童橋まで歩きます。

Dsc_2077

河童橋、落ちるんじゃないの?って思うくらいの観光客。

Dsc_2078_2

河童橋からの穂高連峰は、やはり素晴らしい。

Dsc_2079_2

振り返り、焼岳方面。

Dsc_2082

その雄姿を眺めながらベンチで昼食です。

宿からのおにぎり弁当とお湯を沸かしコーヒー、即席味噌汁は最高の贅沢ですね~。

今回もいい思い出になる小さな旅でした。

Dsc_2095

2018/10/20

今宵の宿は白骨温泉「家庭的な源泉湯宿」

乗鞍高原からクルマで約7km15分ほど細い山道を山奥に入るまさに秘湯に相応しくその秘湯感にワクワクしてきます。

Dsc_2006_3

白骨温泉というと秘湯の白濁の極上硫黄泉、しかし宿は少々値段が高い…。そんなイメージを持っていましたが、いい宿見つけました。

Dsc_2020

白骨温泉「かつらの湯 丸永旅館」  公式HPはこち→http://www.maruei.in/ryouri.html

鄙びた見た目は少し古い建物ですが館内はきれいに清掃され、スタッフの笑顔の対応も気持ちがいい。

館内の廊下、階段は素足で気持ちいい畳敷。トイレは近年リニューアルされた「すんげぇ~キレイッ!」

本物の地元の食材を食し、源泉掛け流しに浸かる…。

こういう宿こそ、私たちには「心地いい宿」なのです。

温泉成分が長い年月を経て白く結晶した湯船に一人浸かれば、もう極上の極みだ。

Dsc_2023

露天は、紅葉を仰ぎながらのぬる湯で長湯ができるが、この時期は好みが分かれれる?

Dsc_2028

6時から食事処で夕食。

猪の陶板焼き(硬くて野性味抜群!)、鯉のあらい(臭みがなく歯ごたえいい)、岩魚の塩焼き(ほっくほくで骨までいけます)、馬刺し(思ったより少ないな~)、信州そば(〆にふさわしい)、そして宿名物の「鯉の甘露煮」など手作りのうまい物が並ぶ。

Dsc_2034

鯉の甘露煮。甘しょっぱく味付けされ、日本酒にもご飯にも合う。これ目当てにリピーター客もいるという。

 

分かる気がするなぁ~

Dsc_2035

〆は、ご飯に鯉の甘露煮のタレをかけて、味噌汁の鯉こく。これで完璧だ~

Dsc_2043

翌日は、きのうの雨が嘘のような青空。

朝食は7時から。ニジマスの甘露煮、温泉玉子、地元漬物などよくあるメニューだが、白骨温泉ゆえの「温泉粥」に梅干しを使ったふりかけが印象に残りました。

Dsc_2060

8時にチエックアウト。目指すは快晴の錦秋の上高地散策です。

沢渡駐車場に行く前に、「冠水渓」という湯川渓谷い立ち寄りました。

前日の雨で苔生したごつごつした道を下りますが、まあ一見の価値はあると思います。

Dsc_2046_2


「とうじ蕎麦」って何んだッ!?

とうじ蕎麦。

投汁蕎麦とも書くらしいです。「湯じ」とも書き、温める意味もあるようです。この地域の郷土料理のようです(諸説あります)

ぼ~っと生きてる私は、最初は「冬至蕎麦」に食べると風邪ひかないとか、かと思いましたがそうではないようです。

先週末に長野県松本市、乗鞍高原方面からあの紅葉真っ盛りの白濁の秘湯へ…。

Dsc_20101

ここは、雨降に湯煙る錦の白骨温泉、源泉掛け流しの日帰り温泉も併設した「煤香庵」でお昼でした。

小分けした蕎麦をザルで鍋で温めてお椀に移して汁をかけて食べます。

きのこや山の幸が甘しょっぱく味付けされた汁は、身体の芯から温めてくれる。

Dsc_20121

Dsc_20141

「煤香庵」を出るころには、小雨が降ってきた。

標高1400mある白骨温泉に降る雨は、ことのほか冷たい。

今宵の宿は、こじんまりした小さな源泉湯宿でしたが、人情味溢れるあまり知られたくない宿らったなぁ~

( ^ω^)おっおっおっ

2018/10/08

路地裏の名店の予感

Dsc_19311_3

10月の初めに新装開店した「ら~めん 流れ星」さんで新聞折込の割引チラシを握りしめて遅めのお昼です。

長年、燕市で生まれ育っても「こんな狭い路地あったけぇ~」

割引チラシ持参で中華そばは、500円。煮たまごサービスです。

Dsc_19391_2

Dsc_19431_2

燕市独特の背脂煮干しスープは、かなり「しょっぺ」度は高いですね。

極太麺も、茹で具合が固めですがそれが売りなのでしょうか?

まだ若い店主は、燕市吉田の国道沿いの超繁盛店から独立されたらしいが、ご自分の夢を叶えるには紆余曲折・試行錯誤、これからが本当の挑戦なのでしょうね。

 ガンバレね。

Dsc_19361_2




« 2018年8月 | トップページ | 2018年11月 »

無料ブログはココログ

お気に入り

最近のトラックバック