2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

2018/11/24

うんめぇ~蕎麦を探して北信濃 「西乃茶屋」


Dsc_23221_2

長野県飯山市 国道117号線沿いに大きな看板が目に飛び込みます。老舗の「西乃茶屋」さんでお昼です。

Dsc_23141

「石臼挽き 純手打蕎麦 新そば」なら吸い込まれるように…しかし、満席の30分ほどの待ち。

 客層を見ると「蕎麦を知ってる」が似合うナイスな中高年が賑やかに談笑。

Dsc_23181_2

私は、飯山名物の「上杉謙信 笹寿司」がセットになった○○御膳?聞いたけど忘れてしまった!因みに上杉勢が川中島合戦に食べた保存食だったとか。

殺菌作用のある笹にゼンマイ、椎茸、クルミが入ったひじき煮と金糸卵とご飯がよく合う。

Dsc_23201_3
カミさんは、やっぱり天婦羅ざる蕎麦だ。

Dsc_23161_2

ご馳走様でしたッ!^^

2018/11/23

煮干しの旨みがガッツリッ! 「八」

燕市吉田地区、国道116号線沿い。たまたまお昼時に通りかかった「手仕事らぁめん 八」

 

なんか、個性バッチリハマったって感じの店構えは好みです。

Dsc_23091_4

看板メニューの「煮干し中華」は運ばれてて来た時から煮干しの香りが漂います。

煮卵のとろっと感が美味さを引き立てています。

Dsc_23071_4

ガッツリくる煮干し醤油スープは「しょっぺ~」と感じるくらい濃厚です。

ストレートな中太麺はコシは抜群、喉越し最高ッ!

ご馳走様でした。

Dsc_23081

2018/11/18

八海生そば「宮野屋」

南魚沼市大崎地区、八海山神社の裏手に美味い蕎麦屋さんがあります。

この店を知ったのは十数年前、たまたま偶然に立ち寄って食し「うん、うまい…」と感じこの時期にふらっと立ち寄りたくなります。

Dsc_01321

Dsc_01361

Dsc_01351_2

天ざる蕎麦です。心地よい歯ごたえのある蕎麦とその香り。揚げたての山の幸。

ご馳走様でした。また、今年中にもう一度…。^^

2018/11/14

画面タッチよりこっちが好きらな…

Dsc_1839_1_3

ある日の休日。

カミさんと久しぶりに新潟市内の回転すしでお昼です。

巷では「回転しない寿司」が広がっているようですが県都に来ればまだまだ「回転寿司」は頑張っているようです。

新潟市中央区紫竹山の函館「函太郎」です。

Dsc_1849_1

私たちの年代ならば、回っている方が「何となくしっくり」きますし、新幹線もなければ画面タッチもなく、口頭でネタを注文することがかえって新鮮です。

Dsc_1840_1

Dsc_1842_1_3

Dsc_1844_1

Dsc_1845_1

Dsc_1846_1

Dsc_1847_1_3

Dsc_1848_1

生まれも育ちも新潟県人なら回転寿司でも美味い寿司にゃうるさいぜッ!

 

価格は他店とはチョイと高めだがシャリとネタの美味さは別世界でしたね!

ご馳走様でした。

2018/11/12

中華そば&チャーハンなら…燕市 「大むら」らろ?

Dsc_22241

平日の夕食、たまには外食にすっか!?

(我が家では、多くの場合外食とは「ラーメン屋」を指します。)

 

「杭州飯店」「まつや」「大むら」。言わずと知れた大御所御三家です。

激論の末?、やっぱり「大むら」です。

Dsc_22261

「中華そば」大盛りと「炒飯」をカミさんと分け合いながらが丁度いい量です。

煮干しのガッツリ効いた醤油スープにパラっとした旨みをたっぷり含んだチャーハンを注文。

本来なら、主役を張る両者は、この時ばかりはお互いを引き立たせる最高のパートナーだ。

Dsc_22281

「ご馳走様でした」    コレやっぱりやめらんねぇ~

2018/11/11

落ち葉とともに…角田山

日曜日、一番気楽で散歩的山歩きな五ケ峠からカミさんと歩きました。

昨日の雨で頂上付近は、所々ぬかるんでいましたがそれ以外はカサカサと落ち葉の声を聴きながらのんびり歩けました。

Dsc_22481_5

すっかり落ち葉が敷き詰められた角田山。

わずかに紅葉の名残りがこれまた趣がありいい雰囲気でよかったです。

Dsc_22571_8


Dsc_2251_5

Dsc_22561_2

さて、今年はあと何回かは歩きたいです。

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

無料ブログはココログ

お気に入り

最近のトラックバック