2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018/12/31

また陽は昇るんだよ。

そう、同じ時空ではあるが、また新しい年が来る。

また新しい陽が昇る。

少しワクワクする2019年。

Dsc_2067

今年一番のショットです。

ご存知、秋の大正池に映る新雪の穂高連峰。

息のむ光景は長く忘れられない一枚。次は、百名山にも挑戦したいと思います。

次の日本を見てみたい。新しい景色を見てみたい。

 

よいお年を迎えてください。

2018/12/30

これぞ〆の一杯「王風珍」

Dsc_24681_2

弥彦神社参拝の帰り、時折陽が差す穏やかな年の瀬。

今年の〆の一杯に指名したのは、当地燕市の背脂ラーメン御三家と肩を並べ日々切磋琢磨に余念がない「王風珍」

店外で20分待って、席に着いて25分。かなり待ち、腹の虫が鳴く。

私は、当店人気を分ける「王風麺・白」

厚いトロットロのチャーシュー3枚、白髭ネギたっぷり盛られ、背脂もたっぷりと浮かぶ。

見てるだけでも幸せになれた気がする。

Dsc_24661_2

やっぱり少し縮れた極太麺にコク深い背脂スープが絡む、絡む。

Dsc_24671

カミさんは、「王風ラーメン」

負けず劣らずの煮干し背脂スープはカミさんも大好きだ。

Dsc_23712_2

ご馳走様でした!

弥彦神社はまだ静か…

12月30日。

越後一の宮「弥彦神社」へ一年の感謝です。杉並木と石畳の凛とした空気に背筋が伸びます。

Dsc_24621_6

カミさんとはもう何年もこの日です。

Dsc_24601_2

 感謝です。

2018/12/28

小さな旅・2018年振り返ります

今年一年、休日になれば自分たちなりに小さな旅で楽しむことができました。

そんな事、思い出しながら2018年を振り返りたいと思います。

1月~カミさんに誘われ群馬県の足利フラワーパーク・イルミネーションです。日本一の藤をイメージしたLEDや大規模なイルミネーションに感動します。

なんか、付き合った若いころをチョッピリ想い出しました。

Dsc_02791_3

Dsc_02961_2

他には、夜の佐野アウトレットパークのショッピング、足利学校見学、ご当地佐野ラーメン「万里」では感動の一杯!

 

3月~本来、2月に予定していましたが、、当時、福井県の豪雪等で見送り、3月に福井県若狭湾の民宿「竹中」さんでご当地活蟹フルコースを堪能してきました。

Dsc_0428_3

初めて、上を向いて食べました!

Dsc_04341_2

4月~当地新潟県の阿賀町・麒麟山温泉「古澤屋」さんに母を連れ久しぶりの親孝行。老舗のしつらえ、心遣い、いい湯、いい味を楽しみました。

Dsc_0894

家族で入る貸し切り露天風呂からは雄大な阿賀野川、新緑の山並みがとても、何故か、疲れを癒し「家族なんだなぁ~」になる歓びを感じる。

Dsc_0846_3

6月~福島県桧枝岐村から入る初夏の「尾瀬沼」を歩きました。沼山峠を越えると広大な湿原に向かう木道。

Dsc_1340_3

ワタスゲが見頃を向かえ赤いレンゲツツジが映えます。少し疲れますが尾瀬沼を一周できた感動は忘れられません。

Dsc_1323

また、「あした天気」さんでの昼食や、お宿「郷」さんでの夕食、桧枝岐温泉の「燧の湯」は硫黄香るいい湯。いい思い出です。

7月~下界は30℃を超える真夏日が続きますが標高1400m付近の黒部ダムは爽快・豪快でした。

Dsc_14601

今宵の宿は、白馬村の歴史ある「しろうま荘」。

翌日の八方尾根アクセスよし、お湯よし、料理よしでとてもリーズナブルでここに決まり!

Dsc_14701

ゴンドラとリフトを2本乗り継ぎ、1時間少しの山歩きはアルペン気分を味わえる人気のコースです。まだ少し残る雪渓を超えれば八方池と北アルプスが迫る迫力は記憶に焼き付きました。

Dsc06228_3

10月~一日目は昼から残念ながら雨。紅葉終盤のこれぞ名湯「白骨温泉・かつらの湯 丸永旅館」は、他の宿よりも料金は安いが館内はとても清潔に保たれている。

内湯の浴槽は長年の硫黄成分が蓄積する秘湯の雰囲気がいいです。

Dsc_2030

夕食は名物の鯉の甘露煮。甘しょっぱい味付けは意外に地酒にも合う。

Dsc_2035

翌朝、嘘のように雲一つない上高地散策。大正池から梓川沿いに河童橋~明神池付近までの散策は忘れえぬ最高のハイライトでした。

Dsc_2079

さ~て、来年はどこへ出かけますかね~

健康こそ、最高の幸せです。

2018/12/23

バドミントン仲間の年末恒例!

もうすっかり年末恒例になった「鴨汁&有馬記念」をダブルに楽しむバドミントン仲間の忘年会!

冬になると猟師になるW氏が仕留めた「津南産の鴨」は野性味溢れる旨みと歯応えがたまらない。

メンバー皆、心待ちにこの時期を楽しみにしています。

Dsc_24481

ガラからしっかり出した極上の旨みと冬野菜の甘みが大鍋に溶け合う。

ほどなく酔いがまわり始めるころ「有馬記念」の発走が近づくと盛り上がりもピークに達する。

Dsc_24521_3

うっそぉ~!?

4年連続・N氏三連複当たりましたねぇ~「凄すぎぃ~」

Dsc_24541_5

2018/12/16

二日酔いのお昼はあっさり広東麺!

昨夜は、飲み放題コースですこし度が過ぎたようだ。すこしは、自分の歳を考えないといけないと思いながらついつい…。

Dsc_24261

それでもお昼になれば、すこしあっさりしたラーメン、それも「広東麺」にすっか!らば、燕市吉田の「クォライ」の右に出る店を私は知りません。

いつも思うのは美しい器。胡麻油でサッと炒めた野菜とこくある醤油ベースの餡がコシのある中細麺によく絡みます。

隠しられた香辛料がスープに微かに感じられるのもいい。

Dsc_24271_2

Dsc_24291_3

うんめぇ~、うんめぇ~、こころの中で叫びます。

ご馳走様でした。

2018/12/02

初冬の角田山もいい…

Dsc_23831

五ケ峠コースからの途中、日本海と佐渡がスッキリと見えます。うっすらと汗が気持ちいい。

まだ2時過ぎというのに陽は傾きかけ、葉をすっかり落とした木々を造形美に引き立てるようです。

これもまたこの時期ならで美しいです。

Dsc_23861

観音堂から新潟市方面。県境の山々は新雪を、広大な越後平野は斜陽に映えこれもまたこの時期ならではの美しさだと思う。

海沿いを走り帰ることにした…。海に沈む夕日を見るのは久しぶりで明日からの元気をもらえたようです。

Dsc_23901_2

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

無料ブログはココログ

お気に入り

最近のトラックバック