2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

« 東北の温泉旅~岩手 雫石南網張ありね温泉へ(2) | トップページ | 東北の温泉旅~駒ケ岳温泉の湯宿は、「やっぱりここ、いいね~…」 »

2019/05/04

東北の温泉旅~「日本一の強酸性の泉質」にヒリヒリ・ピリピリ・ジンジン~カイカンでっす^^♪

雫石の宿から秋田県に入り田沢湖付近から国道341号線の細い国道を北へ、八幡平方面に向かいます。

途中、水芭蕉の群落地があります。まだこの付近は春まだ浅いのでしょう。

Dsc_30461

出発してから1時間半ほどで目的地新玉川温http://www.shintamagawa.jp/です。元祖玉川温泉とはクルマで数分しか離れていません。

玉川温泉と言えば「湯治」がイメージされますが日帰り入浴できますし近代的な建物、設備に山岳温泉リゾートと言われるにふさわしく立派な施設です。

世界でも珍しい塩酸を主成分とした強酸性の泉質でラジウムを含有しているという。

源泉100%や50%の浴槽はじめ様々な浴槽があります。特に源泉100%の浴槽に浸かると肌がヒリヒリ・ピリピリ・ジンジンとかなりの刺激を感じその後カイカンに変わります。一肌むけてつるつる肌に?(個人差があります)

玉川温泉の自然研究路を散策。ここでは大自然の息吹、地球の鼓動みたいなものを感じます。

ぜひ、一見の価値十分です。

Dsc_30321

 

 

 

 

 

 

 

 

Dsc_30411

Dsc_30421

 

 

 

 

 

 

 

 

玉川温泉名物?岩盤浴を楽しむ高齢の方々です。私もリタイヤしたら先ずは一週間位湯治に来るかな!?

さて、初めて酸性湯を体験したし、地球の息吹も感じたら今回3年ぶりリピートした極上の秘湯湯宿に向かいました。

 

 

« 東北の温泉旅~岩手 雫石南網張ありね温泉へ(2) | トップページ | 東北の温泉旅~駒ケ岳温泉の湯宿は、「やっぱりここ、いいね~…」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東北の温泉旅~岩手 雫石南網張ありね温泉へ(2) | トップページ | 東北の温泉旅~駒ケ岳温泉の湯宿は、「やっぱりここ、いいね~…」 »

無料ブログはココログ

お気に入り

最近のトラックバック