2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

2019/06/09

奥日光・千手ヶ浜のクリンソウは3分咲きでした。

6月9日、朝から冷たい雨。竜頭の滝、菖蒲ヶ浜から湖畔を徒歩で千手ヶ浜まで行こうと思いましたが赤沼から低公害バスを利用しました。もう、混みこみで立ち席です。

Dsc_34381

小雨に煙る奥日光中禅寺湖畔の千手が浜。晴れれば男体山が望め、素晴らしい景観が期待できますが生憎の雨で風も冷たいです。

Dsc_34391

それでも2日目の目的は、これから見頃の「クリンソウ」。新緑とせせらぎの畔を流れる美しい花にはここまで訪れる価値は十分にあります。

Dsc_34421

帰り途中に立ち寄った「奥日光源泉」です。どこか鄙びた源泉小屋が並びますが硫黄の匂いがビンビン来て本物の湯に浸かったんだなぁ~

Dsc_34601

これもいい思い出、小さい記憶に残る温泉旅でした。

 

 

 

今宵は中禅寺湖畔の湯宿

奥日光・湯の湖~竜頭の滝ルートを満喫した後、今日の宿に向かいます。

宿に着く前に時間が早かったのでイタリア大使館別荘記念公園、併せて隣接する英国大使館記念公園も見学。

歌が浜駐車行から新緑の中を15分ほど歩きます。この時期、湖畔からの風がとっても気持ちいいです

Dsc_34061

Dsc_34041

素晴らしいロケーションにうっとり。傾きかけた陽が湖面を輝かせ爽やかです。

さて、今宵の宿は3年ほど前の紅葉の時期にお世話になった日光中禅寺温泉「湖上苑」さんを再訪です。

Dsc_34181

何といっても部屋からベランダに出ての缶ビール。最高っす!

Dsc_34251

ロケーション抜群!料理は私たち好み!!源泉硫黄の露天風呂からの眺めの最高!!!

Dsc_34211

明日は、徒歩でクリンソウ咲く千住が浜へ行きます。では…。

 

2019/06/08

奥日光は雨のち晴れました。

 群馬県沼田市から国道120号線を群馬・栃木県境の金精峠を経て奥日光へ。

湯の湖に着くころは生憎の雨。時折激しく降る道を湯滝へ。

カミさんに「さて、どうする?引き返すか、このまま竜頭の滝までの4キロほど2時間ほど歩くかい?」

「自分は大丈夫だから行きたいという」「分かったけど、無理しないで」

雨の中、森を歩き続けるといつしか雨は止み、陽がさし青空が顔をのぞかせた。山の天気は変わりやすいんだね。

「ラッキー・ありがたい」その一言だ。

Dsc_33771

Dsc_33751

泉門池(いずみやどいけ)でお昼にする。紫色の東国ミツバツツジはまだ見ごろだ。

木道が整備されたズミのトンネル。この時期ならではの爽快な気分で歩けます。

Dsc_33811

視界がパッと開け戦場ヶ原と男体山とその雄姿に圧倒されます。

Dsc_33861

竜頭の滝上部に咲くレンゲツツジが今見ごろ。

Dsc_34541

竜頭茶屋からの「竜頭の滝」何回か見慣れた滝だが新緑の時期もきれいだね。

Dsc_34551 

このコースは平坦ですが、変化に富み爽やかな気分で歩ける「奥日光」王道コースでしょう。

 

 

 

 

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

無料ブログはココログ

お気に入り

最近のトラックバック