2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

« 2019年9月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月

2019/11/23

長野県へりんご狩りと新蕎麦

「りんご狩り」と言ってもコンテナ詰めのふじりんごを買い求めに長野県北部の信濃町・飯綱町方面に行きました。

もう、かれこれ5年ほど行ってます。

例年なら各選果場にはコンテナを積んだトラックやフォークリフトが縦横無尽に走っていますが、今年は午前中くらいで入荷が終了しているようです。

やはり台風で千曲川の氾濫の被害が甚大で収穫地域が山間に限られているのでしょうか?

Dsc_02901

山間の道路沿いのりんご畑の農家からようやく買い求めた3コンテナです。

価格はやはり高騰していましたがこの時期は蜜が入ってジューシーで大変美味しいです。

親戚に送ったりおすそ分けが喜んでもらえます。

Dsc_02951

信濃町の山間の道路わきで見つけた「そば処 仁の倉」さんで新蕎麦でお昼です。

Dsc_02931

待合室か、野菜の販売所らしき建物になつかしいだるまストーブ。季節の風情というか趣があっていい感じ。

店内は、山小屋風で雰囲気バツグンッ!

天ぷらざる蕎麦。どこか荒削りのコシと新蕎麦の風味はこの時期ならでは。

揚げたての野菜天ぷらには「りんごの天婦羅」もありましたね~^^

Dsc_02911

2019/11/17

今日も、タイヤ交換日和です。

今朝は冷えたが青空広がる日曜日。

そんな日は、そうだッ!カミさんの「タイヤ交換」しとかなきゃ!

毎年、グズグズしてるうちに寒さに耐えながら交換してたが今年は違います。

Dsc_02661

広くて使い勝手よくホ〇ダセンシングで長距離高速でも楽です。

金沢・田沢湖・奥日光方面と大活躍でした。

2019/11/16

今日はタイヤ交換日和。

朝から冷たい雨がシトシト降る休日。

そんな日は、そうだッ!今のうちに「タイヤ交換」だろ?

毎年、グズグズしてるうちに寒さに耐えながら交換してたが今年は違います。

Dsc_02651

B社の新しいモデルの第一印象は、すごく静かでした。

 

2019/11/11

令和元年・最高の一杯!かも?

Dsc_01131

10月初めころに開店した「TUBAME RAMENN YUKI」(燕ラーメン ユウキ)です。

燕市灰方地区、以前は「燕宿」だった店内を改装したって感じです。隣がS金型製作所さんです。

あの酒麺亭 潤さんで腕を磨いて独立した若きオーナーの名を店名にしたらしい。いい根性してんねっかッ!^^

Dsc_01091

やっぱりその店のベースとなる「中華そば」です。

丼は白いテーパーを効かせた比較的背が高い器。見た目も盛り付けも今までにない「美」さえ感じます。

Dsc_01101_20191113222301

煮干しと動物系の出汁が出会いがしっかりした輪郭。

星の数ほどある燕背脂系と思いきや…。その違いは食したものしか分かりませんね。

是非ッ!この一杯を!ご馳走様でした。

 

 

2019/11/10

まだ名残りの紅葉…

久しぶりの角田山です。

いつの間にか、落葉進む角田山です。

足元に乾いた枯葉が心地よく足裏に伝わります。

Dsc_02411

見上げれば、青空に名残りの紅葉です。

Dsc_02451

Dsc_02471

Dsc_02481

3時半頃の観音堂から新潟市方面です。もう日没まで1時間ほど。

季節の流れを感じました。

Dsc_02611

 

2019/11/03

今宵は、絶景湖畔の湯宿。

 裏磐梯の桧原湖畔西岸の小さな半島に佇む「磐梯桧原湖畔ホテル」が今宵の湯宿です。    

ここは、国により保護指定されている磐梯朝日国立公園内にあり桧原湖越しに裏磐梯のダイナミックな自然が望めます。

中庭には鮮やかな落ち葉がちりばめられロマンチックな雰囲気にも浸れます。

Dsc_01841

一階のツインの客室からはホームページそのままの絶景景色が広がる。この景色こそがこの宿に決めた第一の理由です。

そこに、かけ流しの温泉に会津地方の郷土料理と美味い酒があればもう言うことなしでしょう。

Dsc_01851

夕食は、福島牛のすき焼き、ローストビーフなど「肉肉しい」メニューと「こずゆ」や「いか人参」など会津郷土料理とのバランスがいい。

翌朝、霧に包まれた湖畔と桟橋です。朝のうちは曇っていましたが次第に晴れてきました。

Dsc_02011

Dsc_02021

新緑の頃は、また素晴らしい表情を見せてくれるのだろうね!

 

 

錦秋の裏磐梯高原を歩いてきました。

先ずは、王道の「五色沼自然探勝路」片道4kmをゆっくり歩いて90分です。

スタートの毘沙門沼湖畔ではモミジの紅葉がピークをむかえていて大勢の観光客です。

Dsc_01751

磐梯山を望みながらの湖畔遊びも楽しそう。

Dsc_01771

散策路は、ゆく秋を惜しむかのような紅葉。

カサカサと落ち葉の感触が足裏に心地よく伝わります。

Dsc_01471

Dsc_01501

Dsc_01482

Dsc_01511

あらためて紅葉と五色沼の美しさに感激しました。

終着点の「柳沼」です。

Dsc_01521

桧原湖を望むレストハウスで昼食・休憩を取り「桧原湖畔探勝路」に向かいました。

裏磐梯で一番大きな湖、桧原湖畔を吊り橋の架かるところまで片道40分ほどですが

けっこうアップダウンがあり歩きごたえがあります。

Dsc_01531

五色沼探勝路とは違い桧原湖畔は人も少なくとても静かな山歩きを楽しめました。

湖越しに裏磐梯を望みながらモミジやカエデの鮮やかな赤が湖面に映えます。

Dsc_01711

小さな大小の浮島も噴火して堰き止められた湖ならではの光景です。

素晴らしい…。

Dsc_01571

Dsc_01611

Dsc_01641 Dsc_01641

この吊り橋は、裏磐梯では唯一の吊り橋。今月半ばには撤去され翌春に吊り替えられるという。今年最後の渡り納になったのかな?

さて、かなり歩き疲れましたが、がんばって徒歩30分ほどかけて五色沼ビジターセンター駐車場まで戻ることにして今宵の宿に向かいました。

歩いた距離は、10kmほど22000歩でした。温泉浸かって生ビールらぁ~

「今宵の宿」は、次回ってことで^^

« 2019年9月 | トップページ | 2019年12月 »

無料ブログはココログ

お気に入り

最近のトラックバック