2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

2019/12/31

いつもの大晦日。

大晦日。

例年のようにカミさんと昼から弥彦神社へお札等のお焚き上げに行きます。

鳥居をくぐると凛とした空気。

冷たい雨、時折、雪もちらつくが穏やかな方でしょう。

Dsc_03971 Dsc_04001 Dsc_04061

お炊き上げの準備も進んでいます。

Dsc_04021

参道脇に以前はトイレだけだった場所に、新たに無料休憩所が新設されました。

暖房が効き、きれいなトイレや自動販売機まであればこれから混むでしょうね。

Dsc_04121

御朱印帳忘れもんで…。

帰り、一年の疲れを癒しに「だいろの湯」へ。

今日は、俺が運転。カミさん、飲みます。

Dsc_04101

そんないつもの大晦日。

いつもの大晦日こそが幸せなんだろう。

みなさん、よいお年をお迎えください。

 

2019/12/30

令和・〆の一杯は、あの「カレーラーメン」

カレーラーメンと言えば隣町、三条市が有名ですがここ燕市灰方地区に秋に開店した「TUBAME RAMEN YUKI」のそれが美味いとのウワさです。

きのう、大掃除終わってのカミさんと突撃です。

背脂醤油とカレーラーメンの二本立てという戦略は、燕市ではなかなか聞きません。

Dsc_03931

白髭ネギ・万能ねぎの上に糸唐辛子が立体的に盛り付けれれるさまは美的感覚にも通ずる。

Dsc_03941_20191231175701

「うまいッ!」

こんな甘さと旨みを抱きかかえた奥深い辛さ。それが絹のような喉越し・極太麺に絡む、絡む、絡む。^^

令和元年・すごい美味い店が彗星のごとく…来たね。

カミさんの背脂醤油ラーメン。カミさん曰く、私も次はカレーにしっか!

Dsc_03911

ご馳走様でした。

 

 

 

 

2019/12/29

「麵屋 はる」・美味さ凝縮された一杯。

年末休みの29日。

先週に続き「麵屋 はる」さんでお昼です。

店前の駐車場が満車だったので裏の第二駐車場に止めます。

Dsc_03831

一人の時は、カウンター席に通されるのが多いです。

「背脂ラーメン 醤油」。これで税込み699円!のルックスです。

Dsc_03861

ああ、背脂中華に求めるすべての要素、美味さがこの器に凝縮されています。

それほどに今日・感じた一杯でした。

Dsc_03891

ご馳走様でした。

2019/12/22

素材にこだわる「麺屋 はる」

あの日の日曜日。

久しぶりに「麺屋 はる」さんでお昼です。それも、「しお」が無性に欲しくなりました。

Dsc_03511

実は、背脂醤油もいいけど燕市では少ない塩系も美味いんですよね。

ちょっぴり豪華版の「塩・特」です。

先ずは、「塩ダレ」笹川流れのモンゴル産岩塩に昆布や干しエビの出汁をブレンドして香りと旨みをプラス。

「極太メンマ」一週間、毎日煮ては冷まし、煮ては冷ましを繰り返し、手間暇かけて作っています。

「チャーシュー」は、肩ロースを低温熟成調理でじっくり過熱して旨みを閉じ込めた燕市ではなかなか味わえない逸品。

 Dsc_03431

それをすべて受け入れたあっさりした塩味に、マイルドな背脂のコラボ。だったら美味いわけないだろう!?

岩海苔と絡めてすすれば…。

もう、言うことはない…。

Dsc_03481

ご馳走様でした。

 

2019/12/16

内湯が○○で露天が○○なんですてぇ~

きのうの角田山歩きの後、日帰り温泉に立ち寄りました。

いつもなら新潟市西蒲区の「だいろの湯」に行きますが、今回はそのすぐ近くの「よりなれ」にしました。

Dsc_03611

内湯は、無色透明の無味無臭の少し熱めのお湯。隣の露天風呂は、少し白濁したほのかに油臭がします。

もしや、二つの源泉を引いてるならうれしくなりますね~

館内の従業員さんらしき方に「二つの源泉ですか?」って聞くと…。

「内湯は、沸かし湯で露天風呂は岩室の源泉(加水)なんですて~」

早速、もう一度しっかりと露天風呂に浸かりましたとさ。

 

2019/12/15

ポツンと…

曇りながら雨の心配がなさそうなので午後から角田山歩きでした。

ほたるの里コース駐車場は20数台止まってましたが、五ケ峠駐車場はガラ~んと私のクルマだけ。

その様子見て、ある人気テレビ番組を思い出しましたね。

「ポツンと…」一台だけ。プププ…って一人で笑いました。

Dsc_03521

それもそのはず、今は12月から3月の下旬まで通行止めの看板が設置してありますが、自己責任で通行してますからほとんど誰も来ません。

Dsc_03601

時折、陽がさすとこの時期ならではの景観ですが、あまりキレイだとは思えません。静かで枯葉を歩くともう「春待ち遠しい」…。

観音堂です。遠く山々は望めませんが、越後平野の雪はまったくない。

ここでも、若い男性が一人ポツンとカップラーメンを美味そうにすすってました。

どこか「ポツン」が絵になる角田山です。

Dsc_03591

余談ですが、観音堂脇には今が盛りに「桃色の山茶花」が満開です。

Dsc_03571

そんな日曜日でした。

 

2019/12/08

オーダーNo.1は「中華そば」です。

当地燕市で老舗の「まつや食堂」です。

ここでは、ほとんどのオーダーは「中華そば」が私のお気に入り。

最近少し値上がったけれど他店より低い価格です。(たぶん…)

Dsc_02981

あっさりした煮干し出汁の醤油味は甘みがあり、大きめの背脂、細切りネギ、メンマに脂身絶妙のばら肉チャーシューが大好物です。

Dsc_02961

ストレート中太麺も少し柔らかめに茹でてあり喉越しバッツグン~

ホンと、この「中華そば」うまいんだなぁ~

Dsc_02971

2019/12/07

バドミントンチームの忘年会でした。

先週末、バドミントン我がチームの忘年会でした。

県央社会人バドミントンリーグ戦や各大会も怪我無く無事に今年の予定を終了できました。

それにしても、これだけ集まると総勢二十数名の大所帯になりました。

Dsc_03181

来年度に加入予定の20代の現役バリバリの自己紹介です。

近年、どのチームも高齢化というのか中年が主体になってきたチームが多い中、ありがたいことです。

Dsc_03071

さ~て、来年は、我がチームが台風の目になって劇的優勝だぁ~^^

2019/12/01

肉味噌を絡めるとうんめ~だて~。逑来(クォライ)

当地燕市吉田・東栄町の住宅街の一角にごく普通にある「味の店 逑来(クォライ)」さんは広東麺で人気ですが
どうしてどうして担々麺も極旨です。

Dsc_00641

美しい器にクリーミーな辛さのスープに青梗菜・煎った白胡麻と甘辛い肉味噌。

喉越しいい細麺にそのスープと肉味噌を絡めると…

Dsc_00651

一口で一生忘れられない最高の担々麺です。

ご馳走様でした

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

無料ブログはココログ

お気に入り

最近のトラックバック