2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

2020/01/26

祝い!初!「糸魚川 荒波あんこう祭り」

新潟の真冬とは思えない青空広がる日曜日。

カミさんと初めての糸魚川 荒波あんこう祭り・「道の駅マリンドーム能生」会場です。

午前9時半過ぎ、最後尾に並び整理券は480番ほど。予定では1000杯限定なのでほぼ真ん中の順番待ち。

一杯500円は高いのか安いのか食ってみなけりゃわからねぇ~

Dsc_05141

初めて見る大物あんこう。吊るし切りショーにされるという。

その姿を見ると哀れというか、かわいそうにも思える。

Dsc_05181_20200127211501

とか、何とか言ってる間にようやくあんこう大鍋に辿り着く。

初めてなのにいいにおい~

 Dsc_05201

味噌仕立てにアンコウの肝が大量に溶け込んでスープが半端なく濃厚だ。

身はプリップリというかかなり弾力があり、コラーゲンたっぷり繊細な白身です。

Dsc_05211_20200127212301

イカ焼き、牡蠣フライ、茹でカニなど海の美味いもんを堪能しました。

それにしても、すごい賑やかッ!また来年も来るかなッ!

Dsc_05231

その後、クルマで数分の「弁天岩」へ。赤い橋を渡り小高い岩(島?)の上には灯台がありそこまで登れます。

Dsc_05251_20200127215901

しかし、そこは何とッ「外国人の実効支配」がされていた!?

Dsc_05271 Dsc_05281 Dsc_05291

風は強く冷たいが、すんばらしい眺めに感動でした。

2020/01/19

「ガロニ」ってなんだ~?

家族のささやかなお祝いと、家族サービスなどを兼ねて岩室温泉で日帰り温泉ランチでした。

料理は美味いし自家源泉は硫黄泉で最高です。

繭玉飾りがまだ正月気分と新春を感じさせて「雰囲気なかなかいいねっかね~」

Dsc_05031_20200120215501

和室で少しくつろぎ、自家源泉温泉の後は、個室でお昼。

お品書き中ほどには「ガロニ」の見慣れない文字に家族一同???

「ガロ」なら♪学生街の喫茶店♬(この曲、知ってる方はいるかな?)

「マロニー」ちゃんなら春雨みたいなものらろが。ギャハハハハ~~

さすがに皆、凍り付くトコだった。

Dsc_04791

「新潟県産牛 ロースト ガロニ 笹川流れ藻塩」

仲居さんに聞いてみた。「付け合わせ」の意味らしい。へぇ~~。

エリンギ・パプリカが添えられ藻塩をパラっと振れば…ニヤリ…うまッ!

  Dsc_04961

Dsc_04941_20200120215701

デザートも手抜かりなし。皆、喜んでくれたのが何よりです。

Dsc_04991 

 

2020/01/18

いきなりッ!弥彦山!

今年初の山歩きは、「弥彦山」と決めていましたがこんなに早くなるとは想像していませんでした。

記録的な暖冬の影響で積雪が無いようなのでお昼から「いきなりッ!」登りました。

登山口には、いきなりッ!「自己責任」の大きな看板。一昨年、大雪による倒木で死亡事故がありましたからね。

Dsc_04591

四合目付近にも全く雪はありませんが、歳のせいか運動不足のせいか、いや、どっちもか?少し難儀です。(長い階段を前にやっぱり、やめておけばよかった?)

Dsc_04601

九合目から日本海、その向こうに佐渡島が霞む。積雪はほんの数センチほどだが凍てつく風が吹きすさぶ。

いきなりッ!(しつこい!てば!)充実感ッ!が湧きます。

Dsc_04671

山頂の弥彦神社奥ノ院。鳥居と電波塔が何とも異様な感覚。

しかし、ここからの景色はなかなかいい。

Dsc_04701

Dsc_04711

北風に向かうように立つと厳冬の日本海に浮かぶ佐渡島。

寺泊・野積方面の海岸線。その向こうに米山。

大きくうねるような大河津の河川。

寒いとなおさら脳裏に刻まれるようです。

Dsc_04721

Dsc_04731

ここでも積雪は数センチほどだが凍結もしているため下りは特に注意が必要です。

下山は、少し疲れたのでまだ乗ったことのない弥彦山ロープウェー。ちなみに往復1500円、片道800円。(高けぇ~)

登りは1時間40分ほど。下りは7分ほど。

Dsc_04761

2020/01/12

お祓い行って拝まれた?

正月三が日の弥彦神社ではありません。

今日(1月12日)の午前中です。穏やかな日和で参拝者も正月三が日並みに多いようです。

Dsc_04461

今年は「家内安全」「身体健全」など家族で拝殿でお祓いをしていただきました。

受付が遅かったので拝殿では最後尾。

振り向くと、私たちに向かって多くの参拝者が賽銭を投げ入れ、手を合わせ二礼四拍一礼しているように見えるんですよね。

初めて見る不思議な光景に「お祓い行って拝まれた」とは正月早々気持ちがいいもんだ!?^^

 

2020/01/11

初湯・松之山温泉にて。

カミさん、知人二人と私4人で松之山温泉日帰り施設で令和の初湯です。

日本三大薬湯の日帰り温泉施設「ナステビュー湯の山」は、独特の個性強い効能豊かな源泉が楽しめます。

例年なら道路わきに2メートル以上の積雪で空しか見えないのが当たり前なんですが…

Dsc_04441
「やっぱり、降るときにそこそこ降らね~と後がおっかねぇ~ろぉ~」

「だっけさぁ~」

そんなこと言いながら温泉の次に楽しみなお昼をシェアします。

Dsc_04341_20200112173701

Dsc_04361

3時から休憩大広間でビンゴゲーム大会。

豪華な景品は無いのだがやっぱり当選がきになるが…

Dsc_04421_20200112180201

誰もあと一歩のところでゲーム終了。ことしも、くじ運は無さそうだ。

やっぱり、健康で自分で汗水流して生きていくしかないんだよね~

 

 

 

2020/01/06

鴨と焼ネギ。

今冬、知人から仕入れた天然鴨。

適量を解凍した鴨胸肉と長ネギを焼けばこの上ない晩酌のつまみになります。

鴨の脂をネギが吸い照りが出て少し焦げ目がつけば出来上がり。

味付けは、粗びきコショウ、酒、醤油少々。あとは好みに応じて。

Dsc_24571

これ、手軽に野性味あふれる旨みを存分に楽しめます。

ついつい、飲み過ぎるのが困りものですがね~

2020/01/01

「しあわせ」ってどこにある?

新年明けましておめでとうございます。

外は穏やかに少しやさしく白くなっていました。

Dsc04158

      元旦に想うこと。

「しあわせ」って人それぞれに考えや環境や価値観が違うし一言では言えないでしょうね。

Dsc_04181

私が十数年前、県央のパソコン教室に通っていたころ人生の先輩の方から頂いた書です。

この時期、特に「やはり、そうだよな」と思います。

それには、やはり日頃の健康管理でしょうが、なかなか…。

今年も、元気に楽しく過ごしたいと思います。

 

 

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

無料ブログはココログ

お気に入り

最近のトラックバック