2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年10月

2020/10/31

「麵屋はる」は美味い塩です。

今日のお昼は、「麵屋はる」に数日前から決めていた。

それも、「塩」。

無性に食いたくなるね。

Dsc_02031_20201031211901

その美しさと塩の旨さを最大限に引き出された一杯に感謝です。

Dsc_02051

岩海苔を絡めてごらん?
きっと虜になるから…。^^

2020/10/30

「米沢ステーキ丼」は、やっぱりうんめかったッ!

あの日、山形市観光物産館「ぐっと山形」でお昼です。

県内随一の4000点以上のお土産品揃えの県内屈指No1の規模だ。そのフードコートに「琥珀堂」さんが超人気店。

やっぱり山形の〆はここだッ!

Dsc_00961

さて、どの丼にするか迷う…どれもいい値をしている…

ふと、店の脇にあるボードを見ると、「やっぱり、これだッ!」

Dsc_00971

私、こーゆーの弱いんです。

大奮発で「米沢牛ステーキ丼」をチョイス。

見た目から、その美味さとよだれがにじみ出て来ます。

肉汁をたっぷり含んだタレが山形県が誇る「つや姫」に染みる染みる…。

その柔らかさと、口の中でとろける瞬間に肉の旨味がじゅわ~っと…それ以上の言葉が見つかりません。

Dsc_00951

今まで食ってきた牛肉はいったい何だったんだ!?

アメリカ産・カナダ産・オーストラリア産が束になってもかないませんなぁ~

まあ、これも思い出か!?^^

2020/10/18

冬に備えて…「まつや食堂」^^

今年の冬は、平年並みの寒さと降雪量らしいですね。

また新型ウイルスとインフルエンザの同時流行に備えてきのう、かかりつけの医院でインフルエンザ予防接種

を受けました。

そして、忘れてならないのが寒さに対して脂肪分の補給をかかりつけの食堂で処方してもらいました。

Dsc_01171

かかりつけの食堂は「まつや食堂」。

どれも安定した旨さの中華そばに大粒粗切りの背脂を多めにトッピング補給。

まさに初雪が麺が見えないくらいに覆いつくします。

Dsc_01151_20201018171201

シルクのような肌理の細かいストレート麺は茹で具合バッチリ自分好みだ。

Dsc_01161_20201018171401

これで今冬の備えはバッチリだッ!!

うんめかったいね!!

2020/10/15

GoToで蔵王温泉

今宵の宿は、山形県蔵王温泉の源泉と山形うまいもの満載の温泉ホテル。

今までの宿でも全てにおいてたいへんよくできました!

感染対策はこれでもかッ!?って言うくらい徹底して安心安全を実感。

気持ちのいい対応と気遣いが素晴らしい。

公式ホームページ→🍺こちらです♨

Dsc_00671

カラコロ下駄を引きずりながら外湯「離れ湯 百八歩」の源泉に癒されます。

Dsc_00701

彩が豊かな夕食は山形牛と海鮮洋皿&芋煮鍋がメインのちょっぴり豪華な和食膳に会話も弾むね。

Dsc_00741

このお酒、とても飲みやすくスッキリとした飲み口。

素材の味を引き立てる控えめなお酒はスイスイ入るんだよね~

Dsc_00791

デザートは、ラフランスケーキにシャインマスカット添え。

    ぬかりなしッ!

Center_0001_burst20201010193019929_cover

翌朝6時、5階の客室からの眺め。中央の白い建物が外湯「離れ湯 百八歩」

    目覚めに硫黄泉に浸かれるありがたさ…

Dsc_00851

2020/10/14

蔵王高原 錦秋のどっこ沼

10月10日(土)、台風14号の影響もほとんどなかったが秋雨前線がなかなか取れなくスッキリとしない。

蔵王の御釜までロープウエイと思ったが、穴場的な「どっこ沼」に車で行くことにしました。

蔵王温泉街から県道53号線から30分ほど走りますが途中から非常に道幅が狭くなりガードレールのないカーブが続きます。

もちろん、対向車とすれ違い困難です。

霧が深くなると視界が真っ白になり立ち止まることもあります。十分に注意してください。

Dsc_00441 Dsc_00461 Dsc_00501

ベンチに座って飲む熱いコーヒー、贅沢だね。

Dsc_00591

気温10度。これからが色づきのピークだろう。エメラルドグリーンの湖畔に紅葉が映えます。

いつかまた、新緑や盛夏の避暑にもいいだろう。

2020/10/10

蕎麦屋でスイーツ 山形市「そば 琳」

山寺参拝の後、やっぱり蕎麦が食べたく検索すると山形市内の「そば 琳」さんが妙に気になる。

山寺周辺にもたくさんあるのだが…。

昭和初期のたたずまいの蕎麦屋さんがスイーツも人気だという。

こうなったら、甘党のカミさんはもうほって置く訳がない。

Dsc_00431

なかなか気合の入った佇まいです。

それだけ期待も高ぶるってもんですね!

Dsc_00411

まさに昭和ッ!!それも初期ッ!

でも店員さんの対応は、なかなか気持ちいい。

にしん蕎麦です。

上品な二八蕎麦からやさしい香り。薄味のニシンの甘露煮がそっと名わき役。

こんな絶妙のバランスな蕎麦はいまだかつて無いだろう。

Dsc_00391

お目当てのスーイーツ「蕎麦のわらび餅にきな粉と黒蜜がけ」は至福の仕上げでした。

Center_0001_burst20201010123742773_cover

さて、雲行きは怪しいが蔵王の紅葉でも探しに行くかね~

霧雨の山寺…

山形市の宝珠山立石寺 「山寺」の名で親しまれていますね。

晴れた山寺もいいですが、しっとりした霧雨の日もいいものです。

奥の院までの1015段の石段を登ることで煩悩が消え去ると言われています。

Horizon_0002_burst202010100950025881 Horizon_0001_burst20201010100244828_cove Dsc_00301_20201012214601

雨に濡れる色付き始めた山郷もいいものです。

Dsc_00271_20201012214401

さて、腹も減ったしどこで何食うかな?

2020/10/03

「燕っぽさ」を感じる一杯~大むら支店

当地、燕市秋葉町の入り組んだ住宅街、まさに路地裏の名店があります。

私は、ここの店構えやドンブリに込めた一杯にどこか頑固なまでの「燕っぽさ」を感じます。

もちろん、「うん、うんめぇ」と唸らせる。

Dsc_00021_20201003222201

Dsc_00061

中華そば(背油普通)はいつものオーダー。

この麺面にはとことん惚れますぜ。

Dsc_00041_20201003222401 Dsc_00051_20201003222601 

シンプルで飾らないところがどっか消えそうな燕っぽさを感じるんだよなぁ。

だからまた行きたくなる。

「うまッ」

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

無料ブログはココログ

お気に入り

最近のトラックバック