2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

2020年11月

2020/11/15

「もみじ園の後は手打ち新蕎麦ッ!」

この日は、朝からスッキリ晴れ絶好の紅葉狩り日和。

テレビでいつかやっていた長岡市(旧越路町)のもみじ園へ。県外からの団体バス等で混むらしいのでほぼ開園の9時過ぎになんとか着きました。

ここも見事な紅葉です。

Dsc_03021 Dsc_03031_20201121215501

意外と知られていないのが数々の新潟銘酒を生んだ朝日酒造さんの会社工場があります。

さすが、腰抜かすほどのでっかい建物が何棟も連なっています。予約をすれば子場内を見学できるますが、今回はパス。

     残念~~ッ!

Dsc_02921

お昼は、やっぱりこれからの時期は「新蕎麦」らね。

いろいろ思案したら同じ市内の(旧山古志)の多菜田さんを思い出す。クルマで30分ほどの集落にある。

Dsc_03111

手打ちの新蕎麦と熱々の天ぷらはこの上ないごっつおだ。

Dsc_03071_20201121220001

んん~ん…。

この歯応え、こののど腰、この香りは手打ち新蕎麦ならではだ。

Dsc_03081

今年最高の新蕎麦です。

ごちそうさまでした。

2020/11/14

「トンネルくぐればもみじ谷」

弥彦村のもみじ谷が今、最高潮の見頃なので数年ぶりに観賞しました。

朝、8時前でも観光客が訪れています。

Center_0002_burst202011140758045131

やはり見事ですね~

Dsc_02651_20201115171201 Dsc_02671_20201115171601

2020/11/03

今日は、湯ったりまったり

ほぼ開館と同時に入館。時々浸かりたくなる西蒲区の日帰り温泉施設です。

旅行誌や新聞読みながら気が向くとぶらっと湯につかる…。

Dsc_02291

特に1号源泉は私の好きな緑色の硫黄泉だ。しかし時に白濁したり透明な緑色の湯になる。

それも午前と午後に変わるときもあります。

なんにも考えない、湯ったりまったりしたした休日でした。

2020/11/01

賑わう角田山

久しぶりにカミさんと角田山へ。

色づきも進み、深まる秋を楽しみました。

Dsc_02211

山頂は賑わい、観音堂からも展望が効き多くの登山者で賑わっていました。

私たちもバーナーでお湯を沸かしコーヒーやスープ、おにぎりのお供にカップラーメンはすっかり定番だ。

Dsc_02201

朝9時半の五ケ峠駐車場。満車寸前でギリギリ止められました。

Dsc_02081

中腹当たりからい~い感じで色づいていました。

Dsc_02241_20201101191301

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

無料ブログはココログ

お気に入り

最近のトラックバック