2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

旅行・地域

2019/05/05

旅の仕上げは、黒湯温泉と「究極の親子丼」で決まりッ!

2泊3日の最終日も朝から雲一つない。ちょっと今までに経験ないな。

今日の予定は、日帰りで黒湯温泉と角館で散策後、お昼は「究極の親子丼」で締めくくろうと思います。

休暇村乳頭温泉の無料駐車場にクルマを止め両脇にまだ残雪たっぷりある道路を20分ほど歩いて

日帰りで「黒湯温泉」http://www.kuroyu.com/です。

Dsc_31211

Dsc_31141

この打たせ湯に打たれると、「無」の境地に辿り着くようです。

角館に向かう道は、今が桜満開には感動。東北の春はやっぱり遅いんだな。

Dsc_31221

枝垂れ桜と武家屋敷通りで有名な「角館」を散策後、「究極の親子丼」をお昼に指名です。

もう枝垂れ桜は葉桜…残念だが親子丼で有名な「桜の里」さん「「十兵衛」さんは長い行列だがメインストリートから一本外れた「さくら小路」さんをゲットッ!意外と空いてた!(実はこの3件さんは同グループ店らしいので味は折り紙付きです)

Dsc_31301

「さくら小路」さんの比内地鶏の親子丼&稲庭うどんのセットです。古民家を改装した趣のあるお店ですが、天気もいいので外のガーデン風のテーブル席でした。

Dsc_31331

もう、言葉はいらない。これ食わないで秋田うんめもんを語るな!って旅の最終の締めくくりに相応しいお昼でした。

ここ、秋田県国道7号線、山形県境近くの「道の駅 象潟ねむの丘」内の日帰り温泉休憩室からは鳥海山を遠望できます。

Dsc_31461

往復950km.天候に恵まれ、何よりも無事に無事故で東北の温泉と景観、うんめ~もんを堪能できた3日間でした。

 

 

2019/05/04

東北の温泉旅~「日本一の強酸性の泉質」にヒリヒリ・ピリピリ・ジンジン~カイカンでっす^^♪

雫石の宿から秋田県に入り田沢湖付近から国道341号線の細い国道を北へ、八幡平方面に向かいます。

途中、水芭蕉の群落地があります。まだこの付近は春まだ浅いのでしょう。

Dsc_30461

出発してから1時間半ほどで目的地新玉川温http://www.shintamagawa.jp/です。元祖玉川温泉とはクルマで数分しか離れていません。

玉川温泉と言えば「湯治」がイメージされますが日帰り入浴できますし近代的な建物、設備に山岳温泉リゾートと言われるにふさわしく立派な施設です。

世界でも珍しい塩酸を主成分とした強酸性の泉質でラジウムを含有しているという。

源泉100%や50%の浴槽はじめ様々な浴槽があります。特に源泉100%の浴槽に浸かると肌がヒリヒリ・ピリピリ・ジンジンとかなりの刺激を感じその後カイカンに変わります。一肌むけてつるつる肌に?(個人差があります)

玉川温泉の自然研究路を散策。ここでは大自然の息吹、地球の鼓動みたいなものを感じます。

ぜひ、一見の価値十分です。

Dsc_30321

 

 

 

 

 

 

 

 

Dsc_30411

Dsc_30421

 

 

 

 

 

 

 

 

玉川温泉名物?岩盤浴を楽しむ高齢の方々です。私もリタイヤしたら先ずは一週間位湯治に来るかな!?

さて、初めて酸性湯を体験したし、地球の息吹も感じたら今回3年ぶりリピートした極上の秘湯湯宿に向かいました。

 

 

2019/05/03

東北の温泉旅~岩手 雫石南網張ありね温泉へ(1)

GWも後半に入った5月3日~5日、2泊3日で岩手県雫石市と秋田県仙北市の温泉三昧の旅行でした。

混雑しそうな東北道を避け日本海東北道をひたすら北に向かいます。

まだ全線開通しておらずほとんどが対面通行ですが無料区間が多くて予算的に助かります。

正面に見えるのが山形・秋田の県堺の鳥海山です。

Dsc_29391

まあ、急ぐ旅でもないので国道沿いの道の駅で道草しながらです。

お昼過ぎに、「抱き返り渓谷」で往復一時間ほどの散策です。先ずは抱き返り神社で旅の無事を祈願しました。

Dsc_29801

新緑に映える赤い「神の岩橋」からはコバルトブルーの玉川の中流が素晴らしくきれいです。

Dsc_29471

Dsc_29481

Dsc_29781

萌え色の新緑と奇岩がコバルトブルーとのコントラストが素晴らしく美しい。

いくつかの橋や真っ暗な洞窟があり食後の散策にちょうどいいですね。

Dsc_29541

回顧の滝(みかえりのたき)まで片道30分少々です。残念ながらここから先は土砂崩れ等で通行禁止です。

Dsc_29621

桜が終わった角館からほど近く「穴場スポット」でした。

次回は、岩手県県境に近い今宵の宿に向かいます。

 

 

 

 

2019/01/12

思い立ったら北陸へ!

週間天気によればこの三連休、天気もよさそうだし…。のんびりと北陸へ美味いもんでも食いに行くか!?

カミさんの許しが出たんで即実行!(v^ー゜)ヤッタネ!!

1月12日(土)、北陸道・有磯海SAでは富山県名物、白エビかき揚げと氷見うどんのセットに郷土銘菓のサービス。さすが富山県民は、気が利くね~

Dsc_25021_2

てんこ盛りサクッサクの白エビかき揚げ&喉越し抜群の氷見うどん。仕上げはふわっとした生地に甘さ控えめのクリーム「甘金丹」最高の昼食コースでした。

小矢部市では北陸唯一の「三井アウトレットパーク」で30%offのバッグやウエアーをゲット!

能登半島付け根の自動車専用道路「能登里山海道」を日本海を左手に眺めながら千里浜方面を向かい今宵の宿「休暇村・能登千里浜」です。

近年リニューアルされ、カニや能登牛、新鮮な魚介類が比較的リーズナブル価格で楽しめ、天然温泉も楽しめるので以前から気になっていた旅館です。

Dsc_25161

予約が急だったので石川県のブランド蟹「加能カニ」コースは売り切れで
「ずわい蟹」コースでしたが、実入りバッチリで蟹味噌も結構入っていてお得感があります。

姿茹で・蟹刺し・焼蟹・蟹すき・〆は蟹ぞうすいのコースに+のど黒塩焼きを追加でした。

ライブキッチンでは白エビかき揚げの各種天婦羅、デザートは食べ放題で( ̄ー ̄)ニヤリ

Dsc_25071

Dsc_25101

Dsc_25081


たっぷりと2時間。スタッフとの会話も弾み、美味い蟹と地酒に酔いしれます。

部屋に戻り、テレビを見ているうちに…(-.-)zZ

翌日、金沢市の兼六園と隣接する金沢城公園を散策しました。

Dsc_25171_2

Dsc_25211_2

ボランティアガイドさんの案内で兼六園・金沢城・五十軒長屋、石垣等はなかなか見ごたえがあります。

Dsc_2526

Dsc_25271_2

とても充実した2日間でした。

2018/07/13

豪快ッ!爽快ッ!「黒部ダム」

午前10時前、長野県大町市の扇沢駐車場入り口手前で空き待ちで一時間ほど待たされましたが、あの山の真下を潜って「黒部ダムデビュー」すると思うとワクワクしてきます。http://www.kurobe-dam.com/kankou/index.html

Dsc_14351_2

11時30分発のトローリーバスで案内を聞きながら15分ほどで標高1500mの「黒部ダム」到着~♪
Dsc_14401_2

早速、地中階段を220段登って展望台へ…

「おおおォ~!す、すげぇ~~!」Σ( ゜Д゜)ハッ!

Dsc_14481

ダムえん堤を歩き、反対側からの観光放水の景色は虹が架かる圧倒的な迫力に足が震えました~

Dsc_14601

多くの先人たちの犠牲があったからこそなのですね…。

Dsc_14641_2

黒部発祥の名物「ダムグリーンカレー」はクリーミーとスパイシーさが溶け合ったルーが揚げたてサックサクのカツに合いますね。

Dsc_14531

Dsc_14621_3

ダム湖畔の遊歩道を30分ほど散策してから4時前のトローリーバスに乗り、白馬村の温泉宿に向かいました。

2018/06/23

何も知らなかった桧枝岐村にて…

一か月ぶりの更新ですが、ブログをさぼるほどの公私とも忙しい日々を送っています。

23.24日の休日に初めて福島県桧枝岐村の温泉民宿に泊まり、翌日は尾瀬沼方面を歩く初心者向きのコースを歩いてきました。

23日の土曜日は午後からあいにくの雨だったので桧枝岐村のチョットした歴史(これがまたまた奥が深い!)や人気の洋食屋さん、意外と豊富な温泉なんかも書きたいと思います。(あまり期待はしないでくださいね…)

Dsc_12491_2

画像は、中土合公園展望台からの桧枝岐村の全景です。雨の中、深い山間の懐に寄り添うように息づく民家の赤い屋根が印象的でした。

2018/04/29

会津ころり三観音巡礼。ご利益はあるかッ!?

福島県西会津地方には、弘安寺(中田観音)、恵隆寺(立木観音)、如法寺(鳥追観音)の三観音をあわせて、会津ころり三観音があります。

高齢の母と私たち夫婦で巡ってきました。

この三観音に巡拝し、罪障消滅を祈願することにより、その苦しみが除かれ、現世においては子孫繁栄、万願成就、寿命安楽などがかなえられ、やがて大往生を遂げられるというありがた~い観音様があるという。

特に観音堂内にある抱きつき柱にすがれば、死の床に際しても苦しまずに成仏でき、家族に余計な負担をかけずにすむということで「ころり」三観音と呼ばれるようになったと言うから(今のうち?)お願いしたいものです。

Dsc_0818_4

Dsc_0823_2

Dsc_0831_2

上から、如法寺(鳥追観音)、恵隆寺(立木観音)、弘安寺(中田観音)です。どこもGWということで、賑わっていました。

もうかれこれ今まで3回ほど3人で巡礼してますからね~

どうか少しでもご利益がありますように…。

ギャハハハハッ~~(^Д^)プギャー

2017/05/04

ここは、奥能登「灯の宿」…

当地、新潟県燕市からは、かなり遠かったのが率直な印象です。一泊で往復800km超えは強行軍と言えるでしょう。

 

やはり目指したのは、「禄剛崎灯台」。奥能登の最先端です。青い日本海が、地球が、丸く見えます。

 

今宵の宿は、珠洲市の料理民宿「灯の宿 まつだ荘」。 (公式HPは一見の
価値あり)

Dsc_1360

気さくな女将、ご主人がもてなす希少な能登牛の炙り網焼きと海鮮料理自慢のわずか9部屋の宿。天然温泉ではないがヒバの麦飯石の人口温泉は、それに負けず劣らずの癒しの湯で疲れを癒した後、期待の夕食だ。

Dsc_1356

郷土食豊かで季節感のある滋味豊かな料理が並ぶ。同席した同年代夫婦との会話が楽しい。

Dsc_1357_2

ほどなく新鮮な刺身が運ばれる。ブリ、アジ、ヒラメなどたっぷりあり、メインの能登牛の炙り網焼きの美味さにはノックアウト寸前だ!

Dsc_1355_2

翌日、宿からすぐ、1分ほどの浜辺。忘れかけた潮騒の匂いに元気をもらうなぁ~

Dsc_1363_2

二日間で「見附島」「禄剛崎灯台」「輪島朝市」「総持寺祖院」などを見学した奥能登の小さな旅でした。



2016/04/17

上田市「柳町」にて

上田城跡公園から徒歩で城下町めぐりをしました。真田氏ゆかりの「芳泉寺」と「海禅寺」をめぐり1時間半ほどで柳町です。

Dsc04934

かつては北国街道の宿場町として栄え、今も蔵造りの家や昔ながらの店が連なる。規模はさほど長くはないが一見の価値はあります。

上田の地酒「亀齢」の酒蔵・岡崎酒造さんでは試飲ができるので「やっぱり」立ち寄りました。( ´艸`)プププ

Dsc04936

ほのかな香りとさっぱりした飲み口で5種類のお酒をスイスイいただきました。

今宵の夕食を兼ねた居酒屋さんの「いい呼び水」になりましたね~

2016/04/13

真田の里と五円玉

Dsc05035

上田市街から菅平方面へ向かう里山が真田家発祥の真田地区。

その山間には真田昌幸とその父母の墓所がある長谷寺(ちょうこくじ)がある。石門には六文銭が刻まれる。

枝垂れ桜の名所と親しまれるが、まだ一分咲きだった。

Dsc05031

本堂の奥には真田家の墓があり誰がはじめたか…

Dsc05029

やっぱり五円玉が似合うな~

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ

お気に入り

最近のトラックバック