2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

うまいラーメン店

2018/05/13

「絆」という名のラーメン!

Dsc_0663

当地、燕市の寿町(市内でもかなり狭い路地が入り組んでます)にシャレた外観の「食事処 絆」さんでお昼です。

「絆」の由来は↓へクリック

noodlehttps://tsubamesanjo.365web.jp/gourmet/3102/noodle

店内は、ごく普通のラーメン店ですが、どこからともなく流れて来る昭和のフォークソング、とりわけ「かぐや姫」なんかに懐かしく耳を傾けます。

名物?ハイボール風な「お冷」です。

Dsc_0656_2

チャーハンや唐揚げなどが美味くて大盛りなのが人気のようですが「絆 ラーメン」700円也~

当地、燕市では王道の煮干し醤油の「背脂ラーメン」そのものですが、太めの平打ち麺のキメ細かい肌がとてつもなく喉越しがいい。

Dsc_0660

Dsc_0662

初めての来店ですが、これで燕のラーメンのレベルがまた上がりましたね!

2018/05/12

燕市にはすべて?のラーメンが揃ってます。厳選5杯ッ!

燕らったらやっぱし「背脂ラーメン」だろが~。それも器を覆いつくすほどの背脂だけど後味引かない煮干し出汁のちょっとしょっぱい一杯ありますか?

はいはい、燕市小高の「大むら」さんはどんがらろうね?他にも「杭州飯店」や「まつや」さんもうんめいね~

Dsc_0378_4

背脂ラーメンもいいろも、具だくさんのトロ~っとした餡の広東麺ならどこがいいかね~

はいはい、燕市東栄町の「逑来(クォライ)」さんはどんがらろうね?他には「麻婆麵」や「担々麺」もうんめいね

Dsc_0152

「広東麺」もいいろも、うんめぇ~「塩ラーメン」は燕には無えろ~

いやいや、あるれね~。燕市大曲の「麺屋 はる」さんの「塩特背脂ラーメン」はどんがらろうね?

まろやかな塩スープや低温熟成チャーシュー、メンマ、岩海苔まで載った豪華版られね~

Dsc_0494

「塩ラーメン」もいいろも、チョッと辛みがあってそれでいてコッテリしていてネギの触感が楽しめるプチガッツリ系ってあるろかね~

はいはい、燕市下粟生津の「王風珍」の「王風麺 赤」はなじらろね~

辛み白髭ネギたっぷりで食べ応えたっぷりらいね。

「王風麺 白」もおススメら!他には、燕市小牧の「酒麺亭 潤」もいいれぇ~

Dsc_2035

最後に、「路地裏の名店」なら「大むら支店」の右に出る店は無い。

Dscf6610

さて、次回はどこの一杯を…楽しみますかね?

2018/04/28

呑んだ後は、やっぱり「潤」だった!

Dsc_0799

いわゆる燕三条界隈の居酒屋へ。40年近くの深くもないが腐れ縁の長い付き合いの仲間の飲み会。

2時間飲み放題5500円だから話題も尽きず料理も良かったし、たっぷり飲めましたが…。

Dsc_0801

すっかり慣例?それとも習性?代行呼んで、「酒麺亭 潤」へ…。

Dsc_0810_2

明日の「天皇賞(春)」の飲んだくれ予想は、全員が玉砕ッ~だったが気の置けない仲間だから許してやるかなッ!?

でも何で飲んだ後のラーメンってこんなにうんめぇ~んだろうね!

Dsc_0813

Dsc_0814

でも、翌朝はさすがに胃がモタレタナぁ~

ちっとは、歳を考げれってんだいやぁ~┐(´д`)┌ヤレヤレ





2018/04/08

クリーミーな辛さがクセになります!

当地、燕市吉田地区東栄町の住宅街の一角にある「逑来(クォライ)」さんは、広東麺が人気のようですが「担々麺」もどうしてどうしてお気に入りの一杯です。

Dsc_0334_4

サッと煎った白胡麻とクリーミーな辛さのスープが意外と相性抜群だ。青梗菜の緑も映えますね。

コシのある細麺がそれを絡めて喉越しもいい。

Dsc_0335

Dsc_0333

カミさんの「中華そば」。鶏がらスープのあっさり醤油で何杯でも行けそうだ。

自店特製「担々麺」は、クセになる一杯。ご馳走様でした!!

2018/04/07

野菜不足はこの一杯で解消しませんか?

当地、燕市大保町。県立吉田病院近くのこのお店は、白味噌の甘いやさしさい旨みと柔らかい野菜が美味しい。
Dsc_0326_2

しんなりと柔らかめに煮られたたっぷりの野菜が白味噌スープとこれが会うんだなぁ~

Dsc_0329

背脂だけじゃない…。時には、こんな一杯に出会うと「ホッと」するのは何故だろう。

Dsc_0332_2

2018/03/21

今は、この一杯にぞっこんです。

今日のお昼は、どこにしょうか…。

そんな事考えながら、カミさんと自分のクルマのタイヤ交換です。

やっぱり夏タイヤはいいよなぁ~。身も心も軽くなる感じがしますね。

燕もんに愛された本当にうんめぇ~名店だッ!

Dsc_0378_4

「大むら食堂」中華そば670円也~

しょっぱさの中にしっかりとした煮干し出汁の輪郭、まろやかな背脂が絹肌のようなコシの太麺によく絡むなぁ~

わたくし、はっきり言って燕市で一番気に入ってます。

2018/01/03

今年、最初の一杯はここ…^^

Dsc_0258

正月3日。

カミさんと映画「鎌倉物語」を観たあとは、燕市では「何を食っても間違いない」と自分に言わしめた「まつや食堂」。

たまたま座ったカウンター席で、大先輩のOさん夫婦と隣席になり話が弾む。なんとも正月早々うれしいです。

定番の「中華そば」は、煮干しの輪郭はっきりした甘口の醤油スープが日常の自分にもどしてくれる。

「やっぱり、うんめぇ~」

Dsc_0257

2017/06/25

「流した汗は、この一杯で補給しろ!」

県央社会人バドミントンリーグ戦も今日が前半戦最終日。

我がチームも、若手を中心に戦力を一致団結して初優勝目指して今日に臨みました。

時期的に蒸し暑く暑さとの戦いでもありますが、流した汗と腰やひざの潤滑油を補給しなければなりません。

Dsc_1680

加茂市の会場近くの「ラーメン しん」での中華そばで流した塩分と膝、腰の潤滑油を補給ッ!

Dsc_1674


Dsc_1679

この一杯は、速攻で効きました。

ここまで全勝のまま秋へのいい足固めができました。

今年は、悲願の初優勝できるかな!?

2017/06/06

「そうだ、八珍亭があるじゃないかッ!」

角田山から下山すると2時少し前。かなり腹ペコ状態で「こまどり」の味噌ラーメン目当てに直行しました。

      「がッ!!」

2時近くにもかかわらず20、いや30人ほどの待ち客で行列ができています。

「こりゃぁ、死にそうで無理だ…。そうだッ!八珍亭にすっかッ!?」

Dsc_1499

満席に近かったが、奥の小上りに上がり5分ほどで「特製味噌ラーメン」です。

Dsc_1494_3

Dsc_1496

フワ~っと味噌のいい香りと炒めたキャベツとモヤシの甘い香りが、鼻を衝く。

もっちり極太麺は味噌スープとの相性抜群です。

超腹減ってたんで、お互いほとんど会話もなく、無心で平らげましたね~。

「ご馳走様でした!」


2017/05/26

「中華そばと炒飯が相性抜群のラーメン店なら…」

休日の夕方5時から当地、燕市の「大むら」の夕方の営業がはじまります。

 

待ちかねた客はどっと押し寄せほぼ満席です。

 

小上りに上がり、ほどなくして、ラーメンスープと共に炒飯です。パラパラの少し焦げた香りが食欲そそるなぁ~

Dsc_1393_2

お待ちかねの「大むら」中華そば。炒飯との相性は、「食った者しかわからない」とでも言っておこうか。

Dsc_1395_2

Dsc_1402

  私の、最高のディナーです。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ

お気に入り

最近のトラックバック