2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

うまいラーメン店

2020/03/15

「ぽんぽ子」でお昼でした。

日曜日、久~しぶりに新潟市イオン南ショッピングセンターや近くの大型店でカミさんとショッピングでした。

あの影響で、駐車場も店内も人通りはかなり少ない印象です。店内のフードコートもいいけど、お昼はどこで?

調べると、「ぽんぽ子」がヒット!

徒歩10分ほどで昭和の定食屋さんをイメージする店内は好感!!

Dsc_02331

案内された掘り炬燵の小上り。おススメのメニューで「ラーメン2」と「五目あんかけチャーハン」。

Dsc_02351

燕もんのオイラモ納得の煮干し出汁バッチリ!スープに背脂コッテリ!の「ラーメン2」(ラーメンツー)と、言うようです。

Dsc_02361 Dsc_02371

極めつけは、これで普通盛り!?の「五目あんかけチャーハン」。熱々のチャーハンに野菜や海老、豚肉たっぷりの餡が絡んで食べ応え十分。

この価格でボリュームにありがたや~ありがたや~

ここは絶対おススメの定食屋さんです!ご馳走様でした。

2020/03/07

ひさしぶりに、大むら支店

土曜日のお昼。

ひさしぶりの「大むら支店」。禁断症状が出て無性に食べたくなる。

あのうんまいスープ。背脂。もっちり極太麺…。

Tripart_0002_burst202003071235247331 

カウンター席だけの店内は地元らしい客でほぼ満席。なんとか詰めてもらいます。

中華そば・背脂多め。暖冬とは無縁の積もる背脂にニンマリです。

Dsc_01861

割り箸の二倍ほどの太さの超極太麺に背脂カラミマス。

もうタマリマセンネ~

Dsc_01921

最高の一杯に、ご馳走様でした。

2019/12/30

令和・〆の一杯は、あの「カレーラーメン」

カレーラーメンと言えば隣町、三条市が有名ですがここ燕市灰方地区に秋に開店した「TUBAME RAMEN YUKI」のそれが美味いとのウワさです。

きのう、大掃除終わってのカミさんと突撃です。

背脂醤油とカレーラーメンの二本立てという戦略は、燕市ではなかなか聞きません。

Dsc_03931

白髭ネギ・万能ねぎの上に糸唐辛子が立体的に盛り付けれれるさまは美的感覚にも通ずる。

Dsc_03941_20191231175701

「うまいッ!」

こんな甘さと旨みを抱きかかえた奥深い辛さ。それが絹のような喉越し・極太麺に絡む、絡む、絡む。^^

令和元年・すごい美味い店が彗星のごとく…来たね。

カミさんの背脂醤油ラーメン。カミさん曰く、私も次はカレーにしっか!

Dsc_03911

ご馳走様でした。

 

 

 

 

2019/12/29

「麵屋 はる」・美味さ凝縮された一杯。

年末休みの29日。

先週に続き「麵屋 はる」さんでお昼です。

店前の駐車場が満車だったので裏の第二駐車場に止めます。

Dsc_03831

一人の時は、カウンター席に通されるのが多いです。

「背脂ラーメン 醤油」。これで税込み699円!のルックスです。

Dsc_03861

ああ、背脂中華に求めるすべての要素、美味さがこの器に凝縮されています。

それほどに今日・感じた一杯でした。

Dsc_03891

ご馳走様でした。

2019/12/22

素材にこだわる「麺屋 はる」

あの日の日曜日。

久しぶりに「麺屋 はる」さんでお昼です。それも、「しお」が無性に欲しくなりました。

Dsc_03511

実は、背脂醤油もいいけど燕市では少ない塩系も美味いんですよね。

ちょっぴり豪華版の「塩・特」です。

先ずは、「塩ダレ」笹川流れのモンゴル産岩塩に昆布や干しエビの出汁をブレンドして香りと旨みをプラス。

「極太メンマ」一週間、毎日煮ては冷まし、煮ては冷ましを繰り返し、手間暇かけて作っています。

「チャーシュー」は、肩ロースを低温熟成調理でじっくり過熱して旨みを閉じ込めた燕市ではなかなか味わえない逸品。

 Dsc_03431

それをすべて受け入れたあっさりした塩味に、マイルドな背脂のコラボ。だったら美味いわけないだろう!?

岩海苔と絡めてすすれば…。

もう、言うことはない…。

Dsc_03481

ご馳走様でした。

 

2019/12/08

オーダーNo.1は「中華そば」です。

当地燕市で老舗の「まつや食堂」です。

ここでは、ほとんどのオーダーは「中華そば」が私のお気に入り。

最近少し値上がったけれど他店より低い価格です。(たぶん…)

Dsc_02981

あっさりした煮干し出汁の醤油味は甘みがあり、大きめの背脂、細切りネギ、メンマに脂身絶妙のばら肉チャーシューが大好物です。

Dsc_02961

ストレート中太麺も少し柔らかめに茹でてあり喉越しバッツグン~

ホンと、この「中華そば」うまいんだなぁ~

Dsc_02971

2019/12/01

肉味噌を絡めるとうんめ~だて~。逑来(クォライ)

当地燕市吉田・東栄町の住宅街の一角にごく普通にある「味の店 逑来(クォライ)」さんは広東麺で人気ですが
どうしてどうして担々麺も極旨です。

Dsc_00641

美しい器にクリーミーな辛さのスープに青梗菜・煎った白胡麻と甘辛い肉味噌。

喉越しいい細麺にそのスープと肉味噌を絡めると…

Dsc_00651

一口で一生忘れられない最高の担々麺です。

ご馳走様でした

2019/11/11

令和元年・最高の一杯!かも?

Dsc_01131

10月初めころに開店した「TUBAME RAMENN YUKI」(燕ラーメン ユウキ)です。

燕市灰方地区、以前は「燕宿」だった店内を改装したって感じです。隣がS金型製作所さんです。

あの酒麺亭 潤さんで腕を磨いて独立した若きオーナーの名を店名にしたらしい。いい根性してんねっかッ!^^

Dsc_01091

やっぱりその店のベースとなる「中華そば」です。

丼は白いテーパーを効かせた比較的背が高い器。見た目も盛り付けも今までにない「美」さえ感じます。

Dsc_01101_20191113222301

煮干しと動物系の出汁が出会いがしっかりした輪郭。

星の数ほどある燕背脂系と思いきや…。その違いは食したものしか分かりませんね。

是非ッ!この一杯を!ご馳走様でした。

 

 

2019/09/22

久しぶりに胃袋ぶったまげた一杯。

新潟市江南区下早通、イオン新潟南ショッピングモール近くの「麺屋 一本気」さんでお昼です。

昨年に西区の青山から移転したらしいですが相変わらず「味噌ラーメン」が好評のようです。

Dsc_00241

並んでます…。店内にも十人近くの待ちらしいですが私は一人客だったので優先的にカウンター席へ。

Dsc_00261

味噌チャーシュー麺です。かなりガッツリした麺構えに期待も膨らみますね~

どちらかというと甘み感を感じる味噌ですが後から煮干し系の旨みが追ってきます。

Dsc_00271

インパクトある厚みのチャーシューが3枚は私にはちょっと多いかな?普通の味噌ラーメンなら一枚だからそっちがいいかも。

それにしてもインパクトある一杯にご馳走様でした。

2019/09/15

「大むら支店」はまさに奥深い一杯です。

Dsc_37011

当地、燕市秋葉町の住宅密集地の一角の奥深~~い昭和の匂いプンプンさせる「大むら支店」があります。

最近外壁を新しくしたようですが、店内は今までのままのカウンター席十数席だけの店内です。

Dsc_36971

「とおちゃん。中華!」これが一番コスパ最高!うまさ超うんめぇ~!

Dsc_36991

豚骨と煮干し系の併せ醤油スープがもっちんもっちんの極太麺にほどよく染み込む…。

甘いとろ~り背脂が絡む絡む…。

Dsc_37001

店も奥深けりゃ、それにもまして極みの奥深い一杯でした!ご馳走様でした。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ

お気に入り

最近のトラックバック