2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

うまいラーメン店

2020/10/18

「冬に備えて…」^^

今年の冬は、平年並みの寒さと降雪量らしいですね。

また新型ウイルスとインフルエンザの同時流行に備えてきのう、かかりつけの医院でインフルエンザ予防接種

を受けました。

そして、忘れてならないのが寒さに対して脂肪分の補給をかかりつけの食堂で処方してもらいました。

Dsc_01171

かかりつけの食堂は「まつや食堂」。

どれも安定した旨さの中華そばに大粒粗切りの背脂を多めにトッピング補給。

まさに初雪が麺が見えないくらいに覆いつくします。

Dsc_01151_20201018171201

シルクのような肌理の細かいストレート麺は茹で具合バッチリ自分好みだ。

Dsc_01161_20201018171401

これで今冬の備えはバッチリだッ!!

うんめかったいね!!

2020/10/03

「燕っぽさ」を感じる一杯~大むら支店

当地、燕市秋葉町の入り組んだ住宅街、まさに路地裏の名店があります。

私は、ここの店構えやドンブリに込めた一杯にどこか頑固なまでの「燕っぽさ」を感じます。

もちろん、「うん、うんめぇ」と唸らせる。

Dsc_00021_20201003222201

Dsc_00061

中華そば(背油普通)はいつものオーダー。

この麺面にはとことん惚れますぜ。

Dsc_00041_20201003222401 Dsc_00051_20201003222601 

シンプルで飾らないところがどっか消えそうな燕っぽさを感じるんだよなぁ。

だからまた行きたくなる。

「うまッ」

2020/09/22

至高の味噌は西会津にあった! 

すっかり涼しくなった休日。カミさんと知人、3人でドライブがてら福島県西会津町、野沢地区へ。

目指すは至高の味噌ラーメンが食える「えちご屋」さん。

お昼前、店内密を避けるため相席ができずご覧のような列ができてました。

Dsc_10661

15分ほどで店内の壁に大きく張り出されたメニューがインパクト大。

味噌系・醤油系・塩系やソースカツ丼などボリュームメニュー豊富だがここはやっぱり味噌系で攻めてみますかね。

Dsc_10681

私は「味噌チャーシュー麺」厚めにスライスされたホントに旨いチャーシュー5枚。白い器に見た目にも美しい。

Dsc_10721

少し軟らかめに茹でられた麺は、のど越し最高。

Horizon_0001_burst20200922121335420_cove  

定番メニューの「味噌ラーメン」

濃厚味噌スープに野菜の旨味やニンニク、唐辛子が見事に調和して何とも言えない奥深い一杯に完成されています。

Dsc_10701

「ねぎ味噌ラーメン」は細ねぎをトッピングして辛さを増してねぎの触感がいい。

Dsc_10711

お供に、見ただけでうんまそうな「半チャーハン」をシェアすれば大満足のお昼でした。

Dsc_10781

この店、絶対わざわざ行く価値あります。

   うんめかったいね!

 

 

 

2020/09/12

無性に身体が欲しくなる「塩」です。麵屋はる

巷では、やれ創作ラーメンだの高級食材をふんだんに使っただの、一杯1000円超すラーメンが注目をあびているようですね。

まあ、それはそれでいいのでしょうが私はラーメン一杯に1000円は給料日直後でも無理ですね…。

Dsc_10311

燕市の「麵屋はる」さんの背油 塩ラーメンです。

スープがこりゃまたうんまい。

昆布と干し海老の出汁と魚介系のうま味が溶け合う塩だれが背油の甘みと出会ったら…。

      これだよッ!

Dsc_10491

当地燕市で本当に旨い「塩ラーメン」になかなか出会えないけどこの一杯で納得です。この旨さで700円で「おつり」が来ますぜ~(税込ッ!!)

      うんめかったいねッ!

2020/09/05

「大むら支店」でテイクアウト

こう毎日暑いと家族のリクエストでお昼は大むら支店でテイクアウトにしました。

おかもち開ければ、うんまそうな匂いが部屋中に立ち込める。

Dsc_09581

中華そばの並みとチャーシュー大盛をカミさん、母と3人でシェアしました。

燕市内では極太さはここ大むら支店が一番だろう。

甘めに仕上げた煮干しスープとチャーシューがこの上なくうまいッ!!

Dsc_09631

サイドメニューに野菜炒めを選べば完璧でっす^^

うんめかったいね~

Dsc_09641

2020/08/23

風格の一杯~王風珍

Dsc_09851

燕市粟生津地区、国道116号線沿いの「王風珍」です。大きな三角屋根と風格の看板がその自信を物語っていますね。

手指の消毒をして店内へ。カウンター席は個々に仕切りがあり感染対策はバッチリ◎

 Dsc_06951

の店の王道一杯といえば「王風麺」の赤or白だろ!?

今回は「赤」。夏は「赤」にかぎる!ピリ辛赤ねぎとたれで漬け込んだチャーシューが猛暑を吹き飛ばしてくれるってもんです。

Dsc_06981

背油どぼどぼ浮いて、しよっぱさOK!

極太麺、モッチリで塩分・オイルの補給完了でっす!

Dsc_07001

     うんめかったいね。

2020/03/15

「ぽんぽ子」でお昼でした。

日曜日、久~しぶりに新潟市イオン南ショッピングセンターや近くの大型店でカミさんとショッピングでした。

あの影響で、駐車場も店内も人通りはかなり少ない印象です。店内のフードコートもいいけど、お昼はどこで?

調べると、「ぽんぽ子」がヒット!

徒歩10分ほどで昭和の定食屋さんをイメージする店内は好感!!

Dsc_02331

案内された掘り炬燵の小上り。おススメのメニューで「ラーメン2」と「五目あんかけチャーハン」。

Dsc_02351

燕もんのオイラモ納得の煮干し出汁バッチリ!スープに背脂コッテリ!の「ラーメン2」(ラーメンツー)と、言うようです。

Dsc_02361 Dsc_02371

極めつけは、これで普通盛り!?の「五目あんかけチャーハン」。熱々のチャーハンに野菜や海老、豚肉たっぷりの餡が絡んで食べ応え十分。

この価格でボリュームにありがたや~ありがたや~

ここは絶対おススメの定食屋さんです!ご馳走様でした。

2020/03/07

ひさしぶりに、大むら支店

土曜日のお昼。

ひさしぶりの「大むら支店」。禁断症状が出て無性に食べたくなる。

あのうんまいスープ。背脂。もっちり極太麺…。

Tripart_0002_burst202003071235247331 

カウンター席だけの店内は地元らしい客でほぼ満席。なんとか詰めてもらいます。

中華そば・背脂多め。暖冬とは無縁の積もる背脂にニンマリです。

Dsc_01861

割り箸の二倍ほどの太さの超極太麺に背脂カラミマス。

もうタマリマセンネ~

Dsc_01921

最高の一杯に、ご馳走様でした。

2019/12/30

令和・〆の一杯は、あの「カレーラーメン」

カレーラーメンと言えば隣町、三条市が有名ですがここ燕市灰方地区に秋に開店した「TUBAME RAMEN YUKI」のそれが美味いとのウワさです。

きのう、大掃除終わってのカミさんと突撃です。

背脂醤油とカレーラーメンの二本立てという戦略は、燕市ではなかなか聞きません。

Dsc_03931

白髭ネギ・万能ねぎの上に糸唐辛子が立体的に盛り付けれれるさまは美的感覚にも通ずる。

Dsc_03941_20191231175701

「うまいッ!」

こんな甘さと旨みを抱きかかえた奥深い辛さ。それが絹のような喉越し・極太麺に絡む、絡む、絡む。^^

令和元年・すごい美味い店が彗星のごとく…来たね。

カミさんの背脂醤油ラーメン。カミさん曰く、私も次はカレーにしっか!

Dsc_03911

ご馳走様でした。

 

 

 

 

2019/12/29

「麵屋 はる」・美味さ凝縮された一杯。

年末休みの29日。

先週に続き「麵屋 はる」さんでお昼です。

店前の駐車場が満車だったので裏の第二駐車場に止めます。

Dsc_03831

一人の時は、カウンター席に通されるのが多いです。

「背脂ラーメン 醤油」。これで税込み699円!のルックスです。

Dsc_03861

ああ、背脂中華に求めるすべての要素、美味さがこの器に凝縮されています。

それほどに今日・感じた一杯でした。

Dsc_03891

ご馳走様でした。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ

お気に入り

最近のトラックバック