2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

うまいラーメン店

2019/05/01

令和・最初の一杯はどこだッ!?

新しい時代・令和の幕開け…それは、誰もが生きがいを感じれる人生を送れることが一番大切と思う。

とは言っても普通に目覚め、いつもの休日。わずかな畑を耕し、買い物をすれば腹が減る。

記念すべき令和時代最初のラーメンはどこだ!?

「大むら」らろが~。しかし、今日は「お休み」。

ならば、…???

 

 

 

 

Dsc_29321

平成の時代、一番たくさんの美味しさをいただいた当地燕市南町の「まつや」です。

定番の「中華そば」。大脂。これで650円は私が一番安く、美味く、最高の一杯です。

Dsc_29261

Dsc_29281

煮干し香る醤油スープに絹のような肌理細かい中太麺と背脂のコラボは一度食ったら脳裏に焼き付きますぜ~

2019/02/27

こんな味噌ラーメン初めてだ!

Dsc_25531

2月の日曜日。ここ、燕橋近くの細い路地に隠れ家的な「らーめん 流れ星」で遅めのお昼です。去年の10月以来からの再訪です。

あの日は、すごく寒かったので「味噌ラーメン」です。

Dsc_25501

ガツンと来る合わせ味噌。極厚の背脂スープにニンニクの粉末がこれでもかッ!ってくらい降っています!

チャーシューも肉の触感はジューシーというより「ワイルド」が似合う。

極太縮れ麺との相性も抜群だッ!

こんなインパクトある「味噌ラーメン」は、後にも先にも食えね~かもしれねぇ~

Dsc_25521_2

これからも、若い発想でインパクトある一杯を創造してくださいね!

ご馳走様でした。

2019/02/05

燕市のランドマークはどこだ!?

Dsc_25912

燕市の象徴たるそのタワーは、地上3階の屋上にそびえ立つ「杭州飯店」の看板だろう。(個人的見解です)

夜にはライトアップされ全国からの飢えるラーメン通を出迎えます。

サイドメニューは、一個200円の特大餃子。パリパリの羽付きにモッちり具沢山だ。

Dsc_25851_2

Dsc_25861_2

燕の頑固な物づくり職人気質を不揃いな極太麺がそれを表すようだ。

背脂浮く煮干しスープも燕の絶対的ランドマーク。

Dsc_25881

Dsc_25901

最高の一杯にご馳走様でした。

2018/12/30

これぞ〆の一杯「王風珍」

Dsc_24681_2

弥彦神社参拝の帰り、時折陽が差す穏やかな年の瀬。

今年の〆の一杯に指名したのは、当地燕市の背脂ラーメン御三家と肩を並べ日々切磋琢磨に余念がない「王風珍」

店外で20分待って、席に着いて25分。かなり待ち、腹の虫が鳴く。

私は、当店人気を分ける「王風麺・白」

厚いトロットロのチャーシュー3枚、白髭ネギたっぷり盛られ、背脂もたっぷりと浮かぶ。

見てるだけでも幸せになれた気がする。

Dsc_24661_2

やっぱり少し縮れた極太麺にコク深い背脂スープが絡む、絡む。

Dsc_24671

カミさんは、「王風ラーメン」

負けず劣らずの煮干し背脂スープはカミさんも大好きだ。

Dsc_23712_2

ご馳走様でした!

2018/12/16

二日酔いのお昼はあっさり広東麺!

昨夜は、飲み放題コースですこし度が過ぎたようだ。すこしは、自分の歳を考えないといけないと思いながらついつい…。

Dsc_24261

それでもお昼になれば、すこしあっさりしたラーメン、それも「広東麺」にすっか!らば、燕市吉田の「クォライ」の右に出る店を私は知りません。

いつも思うのは美しい器。胡麻油でサッと炒めた野菜とこくある醤油ベースの餡がコシのある中細麺によく絡みます。

隠しられた香辛料がスープに微かに感じられるのもいい。

Dsc_24271_2

Dsc_24291_3

うんめぇ~、うんめぇ~、こころの中で叫びます。

ご馳走様でした。

2018/11/23

煮干しの旨みがガッツリッ! 「八」

燕市吉田地区、国道116号線沿い。たまたまお昼時に通りかかった「手仕事らぁめん 八」

 

なんか、個性バッチリハマったって感じの店構えは好みです。

Dsc_23091_4

看板メニューの「煮干し中華」は運ばれてて来た時から煮干しの香りが漂います。

煮卵のとろっと感が美味さを引き立てています。

Dsc_23071_4

ガッツリくる煮干し醤油スープは「しょっぺ~」と感じるくらい濃厚です。

ストレートな中太麺はコシは抜群、喉越し最高ッ!

ご馳走様でした。

Dsc_23081

2018/11/12

中華そば&チャーハンなら…燕市 「大むら」らろ?

Dsc_22241

平日の夕食、たまには外食にすっか!?

(我が家では、多くの場合外食とは「ラーメン屋」を指します。)

 

「杭州飯店」「まつや」「大むら」。言わずと知れた大御所御三家です。

激論の末?、やっぱり「大むら」です。

Dsc_22261

「中華そば」大盛りと「炒飯」をカミさんと分け合いながらが丁度いい量です。

煮干しのガッツリ効いた醤油スープにパラっとした旨みをたっぷり含んだチャーハンを注文。

本来なら、主役を張る両者は、この時ばかりはお互いを引き立たせる最高のパートナーだ。

Dsc_22281

「ご馳走様でした」    コレやっぱりやめらんねぇ~

2018/10/08

路地裏の名店の予感

Dsc_19311_3

10月の初めに新装開店した「ら~めん 流れ星」さんで新聞折込の割引チラシを握りしめて遅めのお昼です。

長年、燕市で生まれ育っても「こんな狭い路地あったけぇ~」

割引チラシ持参で中華そばは、500円。煮たまごサービスです。

Dsc_19391_2

Dsc_19431_2

燕市独特の背脂煮干しスープは、かなり「しょっぺ」度は高いですね。

極太麺も、茹で具合が固めですがそれが売りなのでしょうか?

まだ若い店主は、燕市吉田の国道沿いの超繁盛店から独立されたらしいが、ご自分の夢を叶えるには紆余曲折・試行錯誤、これからが本当の挑戦なのでしょうね。

 ガンバレね。

Dsc_19361_2




2018/08/12

並ばなくても、しっかり本物背脂ラーメンなら!?

お盆休みに入り、猛暑も落ち着て平年並みの暑さに戻った燕市に帰省した皆さんに朗報!?です。

 

お昼に「背脂ラーメン」なら…有名店が何店も浮かぶが、どこの店も炎天下の下、長い行列に耐えなけばなりません。

 

だったら、意外と知られてないけれど本物の一杯に出会える店なら。

Dsc_16761

当地、燕もんもうなずく路地裏の名店「大むら支店」が絶対おススメです!

チャーシュー麺です。麺を覆いつくす豚バラは脂身とのバランスが肉の旨みが最高な一杯!

Dsc_16721

極太麺の茹で具合はバッチリ。背脂を絡めて一気にススルのが燕流~♪

Dsc_16741

ただし、重要な注意点があります。

先ず、駐車場は5台ほど、説明が不可能なほどの狭い路地を通るためコスル危険がありますので細心の注意が必要です。

次に、カウンター席が10席ほどしかないのですぐに満席になります。

では、最高の一杯をどうぞ!

 

 

2018/08/10

猛暑撃退するならこの一杯だッ!

久しぶりに我が家から歩いて3分 さんぽう亭です。

7時を過ぎてもまだ気温は32℃。

Dsc_16101

カウンターで先ずは、新潟県限定のグラスビールで一息…

Dsc_16051

メニューのパンフを見ていると衝撃的な一杯を発見だ。

2016年11月に満を持して東京中目黒に進出して今や一番人気にのし上がった「全とろ麻婆麵」が燕市に登場したからには絶対食うべき一杯だろう。

Dsc_16071_5

完璧に仕上がった餡が、極太麺に絡む。

Dsc_16091

ラーメンの上から麻婆豆腐をかけるのではなく、スープ全体がトロットロの麻婆なっている。

ミンチされた豚肉や煮だしされた鶏ガラスープは餡と融合され辛さの後に旨みやコクが奥行きのある味が楽しめます。

今まで、こんな爽やか溶岩噴出ラーメン食ったことねぇ~

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ

お気に入り

最近のトラックバック