2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

うまいラーメン店

2018/04/08

クリーミーな辛さがクセになります!

当地、燕市吉田地区東栄町の住宅街の一角にある「逑来(クォライ)」さんは、広東麺が人気のようですが「担々麺」もどうしてどうしてお気に入りの一杯です。

Dsc_0334_4

サッと煎った白胡麻とクリーミーな辛さのスープが意外と相性抜群だ。青梗菜の緑も映えますね。

コシのある細麺がそれを絡めて喉越しもいい。

Dsc_0335

Dsc_0333

カミさんの「中華そば」。鶏がらスープのあっさり醤油で何杯でも行けそうだ。

自店特製「担々麺」は、クセになる一杯。ご馳走様でした!!

2018/04/07

野菜不足はこの一杯で解消しませんか?

当地、燕市大保町。県立吉田病院近くのこのお店は、白味噌の甘いやさしさい旨みと柔らかい野菜が美味しい。
Dsc_0326_2

しんなりと柔らかめに煮られたたっぷりの野菜が白味噌スープとこれが会うんだなぁ~

Dsc_0329

背脂だけじゃない…。時には、こんな一杯に出会うと「ホッと」するのは何故だろう。

Dsc_0332_2

2018/03/21

今は、この一杯にぞっこんです。

今日のお昼は、どこにしょうか…。

そんな事考えながら、カミさんと自分のクルマのタイヤ交換です。

やっぱり夏タイヤはいいよなぁ~。身も心も軽くなる感じがしますね。

燕もんに愛された本当にうんめぇ~名店だッ!

Dsc_0378_4

「大むら食堂」中華そば670円也~

しょっぱさの中にしっかりとした煮干し出汁の輪郭、まろやかな背脂が絹肌のようなコシの太麺によく絡むなぁ~

わたくし、はっきり言って燕市で一番気に入ってます。

2018/01/03

今年、最初の一杯はここ…^^

Dsc_0258

正月3日。

カミさんと映画「鎌倉物語」を観たあとは、燕市では「何を食っても間違いない」と自分に言わしめた「まつや食堂」。

たまたま座ったカウンター席で、大先輩のOさん夫婦と隣席になり話が弾む。なんとも正月早々うれしいです。

定番の「中華そば」は、煮干しの輪郭はっきりした甘口の醤油スープが日常の自分にもどしてくれる。

「やっぱり、うんめぇ~」

Dsc_0257

2017/06/25

「流した汗は、この一杯で補給しろ!」

県央社会人バドミントンリーグ戦も今日が前半戦最終日。

我がチームも、若手を中心に戦力を一致団結して初優勝目指して今日に臨みました。

時期的に蒸し暑く暑さとの戦いでもありますが、流した汗と腰やひざの潤滑油を補給しなければなりません。

Dsc_1680

加茂市の会場近くの「ラーメン しん」での中華そばで流した塩分と膝、腰の潤滑油を補給ッ!

Dsc_1674


Dsc_1679

この一杯は、速攻で効きました。

ここまで全勝のまま秋へのいい足固めができました。

今年は、悲願の初優勝できるかな!?

2017/06/06

「そうだ、八珍亭があるじゃないかッ!」

角田山から下山すると2時少し前。かなり腹ペコ状態で「こまどり」の味噌ラーメン目当てに直行しました。

      「がッ!!」

2時近くにもかかわらず20、いや30人ほどの待ち客で行列ができています。

「こりゃぁ、死にそうで無理だ…。そうだッ!八珍亭にすっかッ!?」

Dsc_1499

満席に近かったが、奥の小上りに上がり5分ほどで「特製味噌ラーメン」です。

Dsc_1494_3

Dsc_1496

フワ~っと味噌のいい香りと炒めたキャベツとモヤシの甘い香りが、鼻を衝く。

もっちり極太麺は味噌スープとの相性抜群です。

超腹減ってたんで、お互いほとんど会話もなく、無心で平らげましたね~。

「ご馳走様でした!」


2017/05/26

「中華そばと炒飯が相性抜群のラーメン店なら…」

休日の夕方5時から当地、燕市の「大むら」の夕方の営業がはじまります。

 

待ちかねた客はどっと押し寄せほぼ満席です。

 

小上りに上がり、ほどなくして、ラーメンスープと共に炒飯です。パラパラの少し焦げた香りが食欲そそるなぁ~

Dsc_1393_2

お待ちかねの「大むら」中華そば。炒飯との相性は、「食った者しかわからない」とでも言っておこうか。

Dsc_1395_2

Dsc_1402

  私の、最高のディナーです。

2017/02/26

麻婆麵の美味い店見つけたぞ~!

Dsc_0885_6

当地、燕市吉田東栄町の住宅街に、地元客に圧倒的な支持を受ける逑来(クォライ)さんでお昼です。

多くの客は、一番人気の「広東麺」を注文しますが、今日は今まで食べたことのない「麻婆麺」にしました。店員さんは「辛いですけど、いいですか?」

Dsc_0875

きれいな器に大きめに乱切りされた豆腐にたっぷりととろみの餡と豆板醤や挽肉、細かい唐辛子が…。かなり辛そう…。

Dsc_0883

細いちぢれ麺は、喉越しいいが、額から流れる汗が器に滴り落ちるのに気が付く。それほど「辛~いッ!」のだ!

Dsc_0877

帰りの車のヒーターは、OFFのまま…。

極上の美味いクセになりそうな「麻婆麵」にご馳走様でしたッ!


2017/01/04

「KING of 中華そば」

正月休みも今日まで。午前中は、家の所用を済ませて今年初の「一杯」へ…。

天気も回復したので歩いて10分ほどの「あの、超有名店へ…」

Dsc_0688

「やっぱり、行列だ~」5分ほど並ぶと私を含めて、30人ほど。当地燕市では行列も「KING」だ!

もう、この店お分かりですね。

Dsc_0691_3

ご存知、今や全国区にのし上がった「杭州飯店」の餃子&中華そばです。

餃子は、4個と2個が選べますが、中高年にうれしい2個(400円)と中華そば(800円)です。

かなりのセレブ価格ですが、明日からまた頑張れば、まあ良しとしますかね~

Dsc_0694

Dsc_0696_2

どんぶりギリギリに注がれたスープがたまんないッ!お約束の超極太麺に煮干し出汁バッチリ!たっぷりの背脂は、どこにもない、ここしかな類い希なその麺面にこれからの一年間のエネチャージ!

まさに、「KING of 中華そば」にふさわしい~

これで明日から、がんばれそうです!ご馳走様でしたッ!^^

2016/12/18

孤高の一杯~らあめん福楽

三条市須頃地区の隠れた名店「らあめん福楽」さんが年内で閉店する…

そんな噂を聞いたもんでカミさんとのお昼でした。開店11時半には店内は満席。待ちながら店内に張り出された感謝のメッセージに目をやる。

Dsc_0596_9

なるほど、地元に愛され育てていただいた感謝のメッセージ。

カウンターからは、店主とおかみさん、その後継者らしき人など5人ほどが忙しくまさに戦場だ。待つこと10分ほどで看板メニューの「メンマラーメン」に背脂トッピング。

歯ざわり抜群の味付けされた極太メンマ。赤身と脂身の絶妙バランスのチャーシューは、他にはないここだけだろう。

Dsc_0600

魚介醤油ベースのあっさりスープに細麺縮れ麺がよく絡む。

「燕三条なら極太麺だろう…?」そんな自分勝手な常識が非常識になる瞬間。

Dsc_0605

サイドメニューには、ニラがたっぷりの餃子も相性抜群!

Dsc_0603

来年からは「らあめん福丸」の船出。その時には、また孤高の一杯になるための歴史のはじまり。

ご馳走様でした。

Dsc_0607_2

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ

お気に入り

最近のトラックバック