2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

つぶやき

2019/04/27

平成、最後のお勤めでした。

 明日から、皇位継承に伴う連休です。私は明日から5月6日までの9連休です。

おそらく前にも後にも有史以来初めての9連休。どう過ごす?

今日は、新規の仕事内容でしたが、何とか無事にこなす少しいつもより緊張した一日でした。

Dsc_28851

日没前の田んぼに水が引かれます。そんな風景を横目に帰宅です。

天気にもよるけど、この休みに、裏の小さな畑を耕そうとか思います。

そうそう、やっぱり東北の秘湯宿も楽しみだ。

ウッドデッキの塗装もしなきゃ。

少し離れた日帰り温泉もいいね。

そんな事してる間に「あっと」いうまに5月6日の夕方になるんだろう…。

皆さんは、どんなご予定があるんだろう。

 

2019/03/31

今日は「だいろの湯」でした。

 今日は、晴れたと思ったら雨や霰が降ったりと荒れた一日。

午前中、家の所用をすませカミさんと「だいろの湯」へ。

お互い日帰り温泉、ことのほかここの湯は硫黄臭がして好きな施設だ。

一階の大広間は、満席だったが二階は意外と大の字でくつろげる。

子供の走り音や泣き声もなく静かです。

Dsc_27681

好きな旅行誌のバックナンバーを持ち込み今年の温泉旅にお互い想いを巡らします。

そのうち睡魔が…。今年もいい湯に浸かれる夢みたようです。

 

2019/02/02

これも同窓会です。

まだセガレたちが小中学生の頃、地元のサッカークラブで遊んで?いました。

また、保護者達も連携良く和気藹藹とした雰囲気の中、子供たちの応援に余念がありませんでした。

私は、今までも付き合いさせてもらっていますが、あれから20年近く…。久しぶりの再会です。懐かしい顔が「同窓会」

Dsc_26041

Dsc_26051_2

うまい肴と上手い話題に事欠くことがありませんでした。

Dsc_26061

Dsc_26071_2

こんな、仲間との付き合いも大切ですね~

2019/01/01

穏やかな元旦。

Dsc04159

明けましておめでとうございます。

平成31年のスタートです。

雪も少なく、穏やかな新年です。

今年も、楽しく元気よくッ!!

Dsc00907

2018/12/31

また陽は昇るんだよ。

そう、同じ時空ではあるが、また新しい年が来る。

また新しい陽が昇る。

少しワクワクする2019年。

Dsc_2067

今年一番のショットです。

ご存知、秋の大正池に映る新雪の穂高連峰。

息のむ光景は長く忘れられない一枚。次は、百名山にも挑戦したいと思います。

次の日本を見てみたい。新しい景色を見てみたい。

 

よいお年を迎えてください。

2018/12/30

弥彦神社はまだ静か…

12月30日。

越後一の宮「弥彦神社」へ一年の感謝です。杉並木と石畳の凛とした空気に背筋が伸びます。

Dsc_24621_6

カミさんとはもう何年もこの日です。

Dsc_24601_2

 感謝です。

2018/12/28

小さな旅・2018年振り返ります

今年一年、休日になれば自分たちなりに小さな旅で楽しむことができました。

そんな事、思い出しながら2018年を振り返りたいと思います。

1月~カミさんに誘われ群馬県の足利フラワーパーク・イルミネーションです。日本一の藤をイメージしたLEDや大規模なイルミネーションに感動します。

なんか、付き合った若いころをチョッピリ想い出しました。

Dsc_02791_3

Dsc_02961_2

他には、夜の佐野アウトレットパークのショッピング、足利学校見学、ご当地佐野ラーメン「万里」では感動の一杯!

 

3月~本来、2月に予定していましたが、、当時、福井県の豪雪等で見送り、3月に福井県若狭湾の民宿「竹中」さんでご当地活蟹フルコースを堪能してきました。

Dsc_0428_3

初めて、上を向いて食べました!

Dsc_04341_2

4月~当地新潟県の阿賀町・麒麟山温泉「古澤屋」さんに母を連れ久しぶりの親孝行。老舗のしつらえ、心遣い、いい湯、いい味を楽しみました。

Dsc_0894

家族で入る貸し切り露天風呂からは雄大な阿賀野川、新緑の山並みがとても、何故か、疲れを癒し「家族なんだなぁ~」になる歓びを感じる。

Dsc_0846_3

6月~福島県桧枝岐村から入る初夏の「尾瀬沼」を歩きました。沼山峠を越えると広大な湿原に向かう木道。

Dsc_1340_3

ワタスゲが見頃を向かえ赤いレンゲツツジが映えます。少し疲れますが尾瀬沼を一周できた感動は忘れられません。

Dsc_1323

また、「あした天気」さんでの昼食や、お宿「郷」さんでの夕食、桧枝岐温泉の「燧の湯」は硫黄香るいい湯。いい思い出です。

7月~下界は30℃を超える真夏日が続きますが標高1400m付近の黒部ダムは爽快・豪快でした。

Dsc_14601

今宵の宿は、白馬村の歴史ある「しろうま荘」。

翌日の八方尾根アクセスよし、お湯よし、料理よしでとてもリーズナブルでここに決まり!

Dsc_14701

ゴンドラとリフトを2本乗り継ぎ、1時間少しの山歩きはアルペン気分を味わえる人気のコースです。まだ少し残る雪渓を超えれば八方池と北アルプスが迫る迫力は記憶に焼き付きました。

Dsc06228_3

10月~一日目は昼から残念ながら雨。紅葉終盤のこれぞ名湯「白骨温泉・かつらの湯 丸永旅館」は、他の宿よりも料金は安いが館内はとても清潔に保たれている。

内湯の浴槽は長年の硫黄成分が蓄積する秘湯の雰囲気がいいです。

Dsc_2030

夕食は名物の鯉の甘露煮。甘しょっぱい味付けは意外に地酒にも合う。

Dsc_2035

翌朝、嘘のように雲一つない上高地散策。大正池から梓川沿いに河童橋~明神池付近までの散策は忘れえぬ最高のハイライトでした。

Dsc_2079

さ~て、来年はどこへ出かけますかね~

健康こそ、最高の幸せです。

2018/12/23

バドミントン仲間の年末恒例!

もうすっかり年末恒例になった「鴨汁&有馬記念」をダブルに楽しむバドミントン仲間の忘年会!

冬になると猟師になるW氏が仕留めた「津南産の鴨」は野性味溢れる旨みと歯応えがたまらない。

メンバー皆、心待ちにこの時期を楽しみにしています。

Dsc_24481

ガラからしっかり出した極上の旨みと冬野菜の甘みが大鍋に溶け合う。

ほどなく酔いがまわり始めるころ「有馬記念」の発走が近づくと盛り上がりもピークに達する。

Dsc_24521_3

うっそぉ~!?

4年連続・N氏三連複当たりましたねぇ~「凄すぎぃ~」

Dsc_24541_5

2018/11/14

画面タッチよりこっちが好きらな…

Dsc_1839_1_3

ある日の休日。

カミさんと久しぶりに新潟市内の回転すしでお昼です。

巷では「回転しない寿司」が広がっているようですが県都に来ればまだまだ「回転寿司」は頑張っているようです。

新潟市中央区紫竹山の函館「函太郎」です。

Dsc_1849_1

私たちの年代ならば、回っている方が「何となくしっくり」きますし、新幹線もなければ画面タッチもなく、口頭でネタを注文することがかえって新鮮です。

Dsc_1840_1

Dsc_1842_1_3

Dsc_1844_1

Dsc_1845_1

Dsc_1846_1

Dsc_1847_1_3

Dsc_1848_1

生まれも育ちも新潟県人なら回転寿司でも美味い寿司にゃうるさいぜッ!

 

価格は他店とはチョイと高めだがシャリとネタの美味さは別世界でしたね!

ご馳走様でした。

2018/10/30

新型Nボックス 到着~♪

9月初めに試乗してその運転のしやすさ、乗り心地と静かさ、安全装備の充実にすっかりほれ込んで、契約までそれほど時間はかかりませんでした。

しかし、値引きや下取り買取価格に対しては納得の価格を得たと思います。

今日、知人のガソリンスタンド作業場に保管して明日にでも納車の予定です。

Dsc_21491

Dsc_21481

Dsc_21561

いつもの日常の生活がグンと便利に、週末の休日がグンと楽しくなるかもしれない。

今年はもう無理かもしれないけど、春になり隣県なら車中泊もおもしろいだろう。

次から次へと楽しみ方が浮かんでくる。そんな可能性をたっぷり秘めたNボックス…。にしたいです。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ

お気に入り

最近のトラックバック