2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

つぶやき

2017/01/03

「産業カレンダー」

当地のほとんどの事業所が採用している「燕三条産業カレンダー」です。拡大は→http://www.tsubame-cci.or.jp/calendar.html

年間休日は、105日ではありますが、個々の事業所が決めたカレンダーもありますし、サービス業ともなればまったく違うと思われます。

やはり、多くの製造業に取り入れられているかと思われます。

明日が、(4日)が仕事始めですが、当社は仕事量の都合?で7日(仕事)と入れ替えて5日が仕事始めです。

 何とも、柔軟なんだか何なんだか…?

2017/01/01

穏やかな年明け

新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

当地新潟県燕市は、時折小雨のぱらつく空模様ですが、日も差し雪もなくこの時期にしては、穏やかな元旦です。

今年は、私とカミさんが前厄ということで市内の神社でお祓いをしてきました。

Dsc_0674_2

そういうことは、あまり気にしない方ですが歳を重ねることにどこか「神頼み」が気になるお年頃?なのかもしれません。

さ~て、気分はスッキリしたし、(気分の問題ッ!?)新しい2017年を楽しみましょう!!

2016/12/30

静かな弥彦神社

Dsc_0666_2

ここ例年は、12月30日にカミさんと一年間祀っていたしめ縄やお札を弥彦神社に持っていきます。

二年参りや初詣は、大変な混雑ですから…。

参拝者もそれほど多くなく、静かで厳かな参道を歩けば身が引き締まります。

Dsc_0663

一年間の無事と新年へのお願いことの後は、新しいお札をいただきます。

やっぱり「越後一の宮」のお社は、パワーをいただけそうですね。

Dsc_0668

帰りに参道沿いの「やよい」さんで気に入りの日本酒を2本買い求めました。

2016/12/25

年末恒例 ~鴨会議

燕市某所の集会場ですっかり年末恒例になったバドミントン仲間での「鴨会議」。

 

冬になると猟師に変身するW氏。津南産の野生の鴨は野性味溢れる旨みだ。

 

先ずは、フライパンで火が通ると乱切りの太目のネギ投入ッ!

Dsc_0632

塩コショウで味付け、鴨の脂をネギが吸いネギの甘みと鴨の旨みが最高に「うんめぇ~」

Dsc_0637

さて、会議の本題はというと、新年度から加入者も増えて、新しいチーム編成やら、話題豊富なバドミントン談義に盛り上がります。

 

そんな事話してると、鴨鍋がグツグツと煮えてきて部屋中いいにおい~♪

Dsc_0635

Dsc_0639_2

5時間ほどの鴨会議は無事に終わり、一本〆にて「いい年を迎えろよぉ~」






2016/11/13

須坂市でお昼…なに食う?

小春日和の日曜日、紅葉見ながらリンゴのサンふじを買い求めに長野県の高山村へ。特にここまで行かなくてもいいんですが、須坂市でお昼です。

 信州須坂といえば味噌が有名らしい。その味噌の割り下を使ったご当地グルメ「みそすき丼」がいまチョットしたブームらしい。

 そんなわけで、ご当地老舗の「松葉屋そば店」にしました。

Dsc00528

雰囲気ある蔵造りの外観に期待がふくらみます。

 牛肉と豚肉を使い、須坂の伝統野菜の村山早生ゴボウなどを味噌の割り下で煮込んだもの。

Dsc00533

 甘めの味付けで素材の旨みが引き立つ「みそすき丼」はお昼にぴったり。

 胡麻豆腐もいい。濃いめの味噌汁もいかにも信州らしい。

 たいへんご馳走様でした!

2016/10/17

今週末の天気が気になります…

今週末、奥日光の(湯の湖~中禅寺湖方面)の天気が気になります。

サイトにより若干の違いはありますが、10月22日(土)は、

10月23日(日)は、| 予報。…まあまあかな?

紅葉は、見頃を向かえて関東方面からどっか~んと観光客が押し寄せるのは覚悟の上。そのためにいくつか渋滞回避の秘策?を練ってはるが、天候だけはどうしょうもないね~

     「せめて、降らねぇ~でくれ~」

2016/10/08

「経過を見ましょう…」

もう6年ほど続けている人間ドックでした。

ここ1.2年「経過を見ましょう。毎年続けてくださいね」といわれる。差し当たってどうのこうのではないのだがやはり気になる。

まあ、年齢的に見てもよくあるパターンだろう。

生活習慣からくる塩分摂りすぎ、食事内容(特に野菜不足)、血圧が懸念される。今までストレスが無く生きてこれたのがせめての救いか?( ̄○ ̄;)sweat01

「今なら、十分間に合いますから是非実践して改善ください」

「は、はいsweat02」←すごく素直ッ~

Dsc_0323

お昼に出た「すこやか弁当」。栄養バランス最高だがやっぱり薄口だ。

2016/10/02

道の駅でひとっ風呂!

Dsc_0322

新潟県と長野県境の国道148号線沿いのrestaurant「道の駅 小谷」spaです。

栂池自然園の後、夕食と天然温泉「深山の湯」に浸かりました。

駐車場も広くて地物農産物や食事処「鬼の厨」と日帰り温泉施設を併設していてトイレ休憩だけじゃもったいないです。

それに、食事をすると入浴料620円が半額の310円のお得感!バッチリの道の駅でした。

日替わりかまど蕎麦定食だったかな?

Dsc_0320

2016/08/19

たまには、いっぺのもんねっか!

日付はすこし戻って16日(土)の夕方。

お盆休みも、今日が最終日。たっぷり飲んで語って明日も休み~?まさかッ!!

30年以上の付き合いの野郎5人での飲み会でした。もう、かれこれ一年近く会っていませんが、ようやくです。

もう、久しぶりなので最上コースの飲み放題をチョイス!^^

Dsc_0161

Dsc_0158

盛りだくさんの刺身、和牛もいいが、この岩牡蠣は人生最高のグルメランク・No,1でした。

Dsc_0163

宴も佳境に入り、「赤ワイン、そんがに飲んだらバカになんねっかッ!」

Dsc_0168

最後の〆は「ひつまぶし」。

Dsc_0169

お茶や出汁を入れていただくそうだが、これが〆にぴったりで5人衆は大満足だ。

歳を追うごとになかなか逢えなくなる仲間だがお互いの健康を気にしながら再会を約束しました。

Dsc_0176

ちなみに、私は「ひつまぶし」は初体験。

以下は、ウィキぺディアでの解説です。

蒲焼にしたウナギの身を切り分けた上で、お櫃などに入れたご飯に乗せ(まぶし)たものを、食べる側が茶碗などに取り分けて食べるのが基本的なスタイルであり、これが料理名の由来(由来には異説もあり。後述)となっている。そのまま通常の鰻飯として食べてしまうこともできるが、一般的にワサビや刻み海苔・刻みネギなどの薬味出汁お茶などが添えられて提供されるため、それらを食べる側の好みに合わせて取り分けた鰻飯に掛けたり、お茶漬けにすることにより、味の変化を楽しみながら食べることができるようになっている[3]

なんだってさぁ~( ̄▽ ̄)sweat01

2016/08/18

オリンピックの精神はもはや死語か?

リオの日本人選手のコメントに特に団体戦で先輩たちを「手ぶらで帰す訳にはいかないので…」

そんなインタビューをよく聞く。

やっぱり最低でも銅メダルを取るか、手ぶらで日本に帰るかでメディアや注目度は雲泥の差だろう。

もちろん、メダルを獲得すれば地元や日本中が湧くのは違いない。

四年後の東京オリンピックは、何がなんでもメダルだ!メダルだ!メダルだぁ~~!

しかし、以前「オリンピックは参加することに意義がある」と言われたことを思い出します。

ある意味、相反する言葉ですが、複雑な気持ち。

ネットで調べていたらこんなサイトがありましたので紹介します。

「第4回ロンドンオリンピック(1908)の陸上競技では、アメリカとイギリスとの対立が絶え間なく起こり、両国民の感情のもつれは収拾できないほどに悪化していました。

 その時に行われた教会のミサで、
「このオリンピックで重要なことは、勝利することより、むしろ参加することであろう」というメッセージが語られました。

このメッセージを、当時のIOC会長のクーベルタンがとりあげ、次のように述べました。

「勝つことではなく、参加することに意義があるとは、至言である。人生において重要なことは、成功することではなく、努力することである。根本的なことは、征服したかどうかにあるのではなく、よく戦ったかどうかにある。」

「近代オリンピック100年の歩み」(ベースボールマガジン社)より

* * * *

 オリンピックには、「より速く、より高く、より強く」という言葉もありますから、「参加することに意義がある」と言う言葉は、弱くてもいい、負けてもいいという意味ではないでしょう。

 しかし、ただ勝てばいいというわけではありません。参加し、そしてひたすらに、純粋に、勝つために正しく努力することに意義があると言えばよいでしょうか。」

もはや、死語か…な。(´;ω;`)ウウ・・・

より以前の記事一覧

お気に入り

無料ブログはココログ

最近のトラックバック