2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

山歩き

2018/12/02

初冬の角田山もいい…

Dsc_23831

五ケ峠コースからの途中、日本海と佐渡がスッキリと見えます。うっすらと汗が気持ちいい。

まだ2時過ぎというのに陽は傾きかけ、葉をすっかり落とした木々を造形美に引き立てるようです。

これもまたこの時期ならで美しいです。

Dsc_23861

観音堂から新潟市方面。県境の山々は新雪を、広大な越後平野は斜陽に映えこれもまたこの時期ならではの美しさだと思う。

海沿いを走り帰ることにした…。海に沈む夕日を見るのは久しぶりで明日からの元気をもらえたようです。

Dsc_23901_2

2018/11/11

落ち葉とともに…角田山

日曜日、一番気楽で散歩的山歩きな五ケ峠からカミさんと歩きました。

昨日の雨で頂上付近は、所々ぬかるんでいましたがそれ以外はカサカサと落ち葉の声を聴きながらのんびり歩けました。

Dsc_22481_5

すっかり落ち葉が敷き詰められた角田山。

わずかに紅葉の名残りがこれまた趣がありいい雰囲気でよかったです。

Dsc_22571_8


Dsc_2251_5

Dsc_22561_2

さて、今年はあと何回かは歩きたいです。

2018/10/21

快晴でした…上高地

Dsc_2067

大正池から初冠雪の穂高連峰です。スッキリと湖面にもその雄姿を映す姿は、いつ訪れても感動します。

田代湿原です。草紅葉はすっかり終わり、初冬の様相です。

Dsc_2069

中の瀬園地から梓川左岸からは展望もよくたくさんのベンチもありお気に入りのスポットです。

画像右手のカラマツの黄葉の下を河童橋まで歩きます。

Dsc_2077

河童橋、落ちるんじゃないの?って思うくらいの観光客。

Dsc_2078_2

河童橋からの穂高連峰は、やはり素晴らしい。

Dsc_2079_2

振り返り、焼岳方面。

Dsc_2082

その雄姿を眺めながらベンチで昼食です。

宿からのおにぎり弁当とお湯を沸かしコーヒー、即席味噌汁は最高の贅沢ですね~。

今回もいい思い出になる小さな旅でした。

Dsc_2095

2018/07/16

「八方尾根」でプチアルペン気分!

八方駅ゴンドラリフトと4人乗りリフト2本を乗り継ぎ、八方池山荘から1時間30分の八方池までの山歩きでした。

このコースは、「八方尾根 自然研究路」という一般観光コースです。

黒菱平 鎌池湿原では、ニッコウキスゲが今を盛りに咲き誇り素晴らしい白馬三山が望めす。

Dsc_14851_2

Dsc_14911_2

標高1900m、岩場コースの手前で、一呼吸と給水タイム。空気は涼しいが木陰が無く日差しが強い。

おまけに、登山者も多く所々で大渋滞でした。

Dsc_14961_2

帰りの木道コースからは、鹿島槍ヶ岳や五竜岳の稜線もはっきりと見えました。

Dsc_1529_2

ガスもすっかり取れて八方池までもう少しです。

Dsc_15041_2

残雪の向こうに八方池。唐松岳・不帰の嶮・白馬槍ヶ岳・杓子岳・白馬岳が迫ってくるような大迫力に圧倒されました。

Dsc06228_3

標高2060m、大パノラマを堪能しながらの熱いコーヒー…。何とも贅沢なプチアルペン気分でした!

Dsc_15211_2



2018/06/24

静かな尾瀬沼~ワタスゲの頃

桧枝岐村の温泉民宿に泊まり、翌日は御池駐車場からからバスで沼山峠バス停へ。そこから大江湿原~尾瀬沼ビジターセンター~沼尻~尾瀬沼南岸を経ての尾瀬沼をぐるっと一周してきました。

標高1600mの風はハンパなく爽やか~。

約14kmの山歩きでしたが木道は、しっかりしたほぼ平坦な山歩きでしたが、尾瀬沼南岸は、木道が朽ちて少し歩きずらかったです。

大江湿原は、人気の春の水芭蕉と夏のニッコウキスゲの端境期で「ワタスゲ」と「レンゲツツジ」が見頃を向かえたのころで比較的人も少なくて静かな尾瀬沼でした。

Dsc_1340_3

Dsc06204_5

尾瀬沼と3本カラマツ。初めて見ますが「絵」になります。

Dsc_1301


Dsc_1306_2

沼尻の休憩所は、改装中でしたが、そこに上がり込んでお昼にします。

Dsc_1313

尾瀬沼南岸からは沼越しに燧ケ岳の雄姿を左手に見ながら一周できます。

休憩を含んで約6時間、歩数は約25000歩でした。いやぁ~やっぱり「山歩き」は気持ちがいいもんですね~

Dsc_1323

「おまけ」です。そういえば大江湿原でドローンを飛ばして辺りを撮影している人たちや撮影機材らしいのを運んでいる人たちに会いました。

Dsc_1304_2

気になったので他の通行人伺うと…NHKのBS「百名山」の取材らしいとのこと。さて、いつ放送なんでしょうかね~

2018/05/26

「姫」は適齢期を過ぎました!?

この時期、数年ぶりに「姫」に会いに行きました。

しかしながら、今年は春から平年以上の高温気味で例年より一週間以上も見頃の盛り(適齢期?)を過ぎていました。

 

もうお分かりですね。三条市高城山城址の「ヒメサユリの小径」をカミさんとの山歩きでした。

Dsc_1084_2

この画像、唯一の新鮮「姫」られぇ~

全体的に「適齢期」を過ぎて色褪せて…。あらら~残念ッ!!

気を取り直して1時間ほどで高城山城址からは、残雪の守門岳と涼しい風をおかずに軽いお昼です。

Dsc_1089

爽やかな汗を流しに「いい湯らてい」で生ビールッ!らなッ!!^^

Dsc_1091_2

2018/05/20

爽やかな日曜日でした。

少し早起きして午前中は角田山へ。すっかり目映い新緑に染まっています。

中間点あたりからは日本海とクッキリと佐渡島。

Dsc_10601

昨日の雨で空気が澄み、観音堂からは蒲原平野の田植えが終わりまるで鏡ようだ。この時期ならではの美しさです。

Dsc_10571_3

山頂付近では、「タニウツギ」が満開です。新緑の緑に淡い桃色が印象的でした。

Dsc_10561_2

2018/05/06

さて、どっちから下ろうか?

Dsc_0979_2

「さて、どっちから下ろうか?」

角田山、浦浜コースと五ケ峠コースの分岐点ですが、私がどこから登って来たか分からなくなり迷っているわけではありません。

ましてや「認知〇」になったわけでもありません( ̄Д ̄sweat02

Dsc_0964

9時過ぎに浦浜コースから登ったのですが、いつもなら同じコースを往復しますが今回は違う五ケ峠コースから下りることにしました。

新緑がとってもまぶしい爽やかな季節になりましたね。

Dsc_0972

赤い浦浜橋を潜ればもうすぐです。比較的平坦な山歩きですが、往復8kmは歩きがいがありました。

Dsc_0985_2

新しい楽しみ方を知ってすこし得したようなGW最終日でした。

2018/04/14

やっぱりここからの展望です。

Dsc_0735

ご存知、角田山頂上から少し下った観音堂から新潟市と蒲原平野を望みます。

私は、午前中は天気が何とか持ったので五ケ峠から歩きました。四季折々に低山とは思えない展望が楽しめるここまで来ますね~。

Dsc_0715

因みに、五ケ峠駐車場へは春の時期に交通規制(一方通行)が布かれているので注意が必要です。

2018/04/02

まさに、「花の山」です。

きのうは、カミさんと角田山の雪割草桜尾根コースから登り、灯台コースを下山です。

どちらのコースも雪割草・カタクリ・キクザキイチゲ・ショウジョウバカマ等の山野草が今が盛りと咲き誇るすばらしい山歩きでした。

Dsc_0585

Dsc_0588

Dsc_0587_2

Dsc_0594

頂上は、足の踏み場もない?ほどのにぎやかさ。私たちも、この日を待ちわびたように「花の山」を謳歌できた一日でした。

Dsc_0601

Dsc_0604_2

尾根脇は、カタクリで埋め尽くされた「カタクリロード」
あらためて角田山が「花の山」と言われる所以を実感しましたね。

Dsc_0612

Dsc_0619_2

頑張ったけ、「だいろの湯」で生飲むかぁ~beersweat01

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ

お気に入り

最近のトラックバック