2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

山歩き

2019/07/28

これも暑熱順化?

7月も終わる28日。午前中の雨も止みこれといった予定もないので汗を掻きに行きました。

身体への負荷も少なく、自然の中の森で汗をたっぷりかける場所…。

時折、海からの疲れをホッとさせてくれる風が吹く。

おなじみ、角田山です。

Dsc_35811

低山と言いながらでも五ヵ峠駐車場の日陰ではでは3℃ほど低い28度。

歩きはじめるとすぐに大汗が出る。ムッとした湿気の中をどこからか芳醇な香りが漂う。

おおッ!夏の女王、山百合が誇らしげに咲いていました。

Kakuda1

猛暑に迫る暑さの中、冷たいスポーツドリンクを持参しながら汗をたっぷりかき、暑さに順応することも大切ですね。

 

 

2019/07/06

梅雨の晴れ間に…

このところ、週末になると梅雨の時期らしい雨模様が多いです。

週間予報が外れ傘マークが消えて久しぶりに角田山へ。思い立ったら手軽に気軽に楽しめます。

五ケ峠駐車場に向かう林道では伸びた雑草を刈っての整備をされていました。ありがたいです。

Dsc_35001

紫陽花の仲間だろうか?緑の中の紫がなんとも涼し気です。風も海方向から吹き体感温度はあまり暑く感じなく爽やかです。

Dsc_35021

山頂小屋では、何やら材木で作っています。聞くと小屋で暖をとるための薪を乾燥させるための台(ラック?)だそうです。

今から準備するとはね~

Dsc_35071

観音堂から新潟市方面。すこし蒸し暑いですが、やっぱり山の風は気持ちいい!

Dsc_35061

 

2019/06/09

奥日光・千手ヶ浜のクリンソウは3分咲きでした。

6月9日、朝から冷たい雨。竜頭の滝、菖蒲ヶ浜から湖畔を徒歩で千手ヶ浜まで行こうと思いましたが赤沼から低公害バスを利用しました。もう、混みこみで立ち席です。

Dsc_34381

小雨に煙る奥日光中禅寺湖畔の千手が浜。晴れれば男体山が望め、素晴らしい景観が期待できますが生憎の雨で風も冷たいです。

Dsc_34391

それでも2日目の目的は、これから見頃の「クリンソウ」。新緑とせせらぎの畔を流れる美しい花にはここまで訪れる価値は十分にあります。

Dsc_34421

帰り途中に立ち寄った「奥日光源泉」です。どこか鄙びた源泉小屋が並びますが硫黄の匂いがビンビン来て本物の湯に浸かったんだなぁ~

Dsc_34601

これもいい思い出、小さい記憶に残る温泉旅でした。

 

 

 

2019/06/08

奥日光は雨のち晴れました。

 群馬県沼田市から国道120号線を群馬・栃木県境の金精峠を経て奥日光へ。

湯の湖に着くころは生憎の雨。時折激しく降る道を湯滝へ。

カミさんに「さて、どうする?引き返すか、このまま竜頭の滝までの4キロほど2時間ほど歩くかい?」

「自分は大丈夫だから行きたいという」「分かったけど、無理しないで」

雨の中、森を歩き続けるといつしか雨は止み、陽がさし青空が顔をのぞかせた。山の天気は変わりやすいんだね。

「ラッキー・ありがたい」その一言だ。

Dsc_33771

Dsc_33751

泉門池(いずみやどいけ)でお昼にする。紫色の東国ミツバツツジはまだ見ごろだ。

木道が整備されたズミのトンネル。この時期ならではの爽快な気分で歩けます。

Dsc_33811

視界がパッと開け戦場ヶ原と男体山とその雄姿に圧倒されます。

Dsc_33861

竜頭の滝上部に咲くレンゲツツジが今見ごろ。

Dsc_34541

竜頭茶屋からの「竜頭の滝」何回か見慣れた滝だが新緑の時期もきれいだね。

Dsc_34551 

このコースは平坦ですが、変化に富み爽やかな気分で歩ける「奥日光」王道コースでしょう。

 

 

 

 

2019/05/12

「こんにちわ」率は96.8%です。

Dsc_31861

Dsc_31771

気持ちのいい日曜。時間があったので10時過ぎから角田山へ。

空は青く、なでる風は清々しい。新緑の若葉はキラキラとまぶしい。

行き交う人々とすれ違う時山歩きで「こんにちは」の挨拶も気持ちのいいものですね。

お互い「こんにちは」の挨拶をほとんどの方々と交わすことができた確率は「96.8%」!!

「気んもちいいはずだぁ~」

以下は、この記事内容とは関係ありません…。

Dsc_31871

汗を流しに「だいろの湯」へ。メニューが一新された「うまに麺」。

ふわふわ玉子に胡麻油で炒ったなかなかうまい野菜と出汁香るスープは、「へ~なかなか、うんめ~ねっか!」

 

 

2019/03/10

もうすぐ見頃?雪割草

時間が取れて天気が良ければ、「角田山」です。

日曜日、五ケ峠駐車場の向かいの山道を行き来する方が結構います。

Dsc_27191_6

Dsc_27161_3

聞けば、その先に雪割草がそろっと見頃を向かえているそうです。

滑りやすい急登を登ること15分ほど。杉林を過ぎるとちらほらと咲き始めています。場所によっては密集して咲いていました。。

Dsc_27101_3

思わずしゃがみ込みますね。

Dsc_27111_4

Dsc_27141_2

いい場所を教えてもらいました。

寒い冬を越し、枯葉の暖かい布団をかき分けて目を覚ます姿にうっとり…。

その後、五ケ峠コースをのんびり歩きました。

春を感じる一日でした。

2019/03/05

勝手に「消雪宣言!」~角田山

3月3日(日)角田山山頂は、すっかり雪解けでぬかるみもありません。

 

勝手に「消雪宣言」させていただきます。

Dsc_26901_2

浦浜駐車場から登り、五ケ峠駐車場に下り舗装道を30分ほど歩くコースです。8Kmほどあり歩きがいがあります。

浦浜からの急登を登れば日本海の潮騒がこの時期ならではです。

Dsc_26831

浦浜コースにようやく見つけた芽生えたばかりの「カタクリ」です。それでも昨年より2週間は早いようです。

確実に、「花の山・角田」へと装いを準備していますね。

Dsc_26841




2019/02/24

雪解け超!すすむ角田山

今年初めての角田山です。五ケ峠駐車場への道路は3月いっぱい通行止めですが「自己責任」で通ります。

なので、

 

五ケ峠駐車場は10時過ぎというのにまだ4台ほど…

Dsc_26571_2

まだ2月下旬ですが、残雪もほとんど無くぬかるみも苦になりません。

 

今冬は、異常なほどの小雪ですが(今のところ)雪割草やカタクリの開花も早まるのでしょうか?

Dsc_26611

Dsc_26621_2

頂上や観音堂は大勢の人で賑わっています。いよいよ角田山のシーズン開幕ですね~

 

帰路は、日本海を眺めながら潮風受けながらのドライブでスカッとしました。さて、今週も頑張るかなッ!

Dsc_26661_2

穏やかな海もどことなく春っぽい…。

2019/02/06

長靴はやはり疲れます。

先日の日曜日。天気も良かったですね。

標高240mの田上町・護摩堂山山頂は、積雪20㎝ほど。越後平野越に、うっすらと弥彦山・角田山が望めます。

Dsc_26111

カミさんと母を、日帰り温泉「湯ったり館」に残して長靴履いて歩いてきました。

気温も10度ほどでぬかるむ山道は、長靴ほか私には手がありません。

歩きなれない坂道を40分。下りは雪で横滑りながら30分。

慣れない長靴での山歩きは疲れました…。

Dsc_26121_3

「湯ったり館」でのお昼は「味噌ラーメン」。赤白合わせ出汁のあっさりしたスープ、チャーシューは美味しかったです。

ルックスはなかなかいいのですが、麺が…市販されているようで…。(゚ー゚;

Dsc_26141

いい汗かいたし、いい湯浸かったし、さて、今週も頑張るかなッ!!

2018/12/02

初冬の角田山もいい…

Dsc_23831

五ケ峠コースからの途中、日本海と佐渡がスッキリと見えます。うっすらと汗が気持ちいい。

まだ2時過ぎというのに陽は傾きかけ、葉をすっかり落とした木々を造形美に引き立てるようです。

これもまたこの時期ならで美しいです。

Dsc_23861

観音堂から新潟市方面。県境の山々は新雪を、広大な越後平野は斜陽に映えこれもまたこの時期ならではの美しさだと思う。

海沿いを走り帰ることにした…。海に沈む夕日を見るのは久しぶりで明日からの元気をもらえたようです。

Dsc_23901_2

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ

お気に入り

最近のトラックバック