2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

山歩き

2020/11/01

賑わう角田山

久しぶりにカミさんと角田山へ。

色づきも進み、深まる秋を楽しみました。

Dsc_02211

山頂は賑わい、観音堂からも展望が効き多くの登山者で賑わっていました。

私たちもバーナーでお湯を沸かしコーヒーやスープ、おにぎりのお供にカップラーメンはすっかり定番だ。

Dsc_02201

朝9時半の五ケ峠駐車場。満車寸前でギリギリ止められました。

Dsc_02081

中腹当たりからい~い感じで色づいていました。

Dsc_02241_20201101191301

2020/10/14

蔵王高原 錦秋のどっこ沼

10月10日(土)、台風14号の影響もほとんどなかったが秋雨前線がなかなか取れなくスッキリとしない。

蔵王の御釜までロープウエイと思ったが、穴場的な「どっこ沼」に車で行くことにしました。

蔵王温泉街から県道53号線から30分ほど走りますが途中から非常に道幅が狭くなりガードレールのないカーブが続きます。

もちろん、対向車とすれ違い困難です。

霧が深くなると視界が真っ白になり立ち止まることもあります。十分に注意してください。

Dsc_00441 Dsc_00461 Dsc_00501

ベンチに座って飲む熱いコーヒー、贅沢だね。

Dsc_00591

気温10度。これからが色づきのピークだろう。エメラルドグリーンの湖畔に紅葉が映えます。

いつかまた、新緑や盛夏の避暑にもいいだろう。

2020/09/06

鳥海山まで見えたようです。

スッキリ晴れた日曜の朝。

猛暑日予報でしたが、こんな日は負荷の少ないコースですね。

10時ころの五ケ峠駐車場はまだ27度ほど。けっこうクルマも止まっています。

Dsc_10421

日陰の多い平坦な山歩きは風も通り汗もそれほどかかないが、いつもより10分ほど多くかかりました。

頂上付近、観音堂から新潟市方面と日本海がスッキリ見えます。

ある方が、「おお~鳥海が見えるねっかッ!」目を凝らしてず~っと見ると確かにすそ野の広い高い山がうっすらと…。

山形・秋田県境の鳥海山です。その少し手前が山形県の月山か?

Dsc_10451

(この画像からは確認できません)

佐渡島も海もきれいです。

Dsc_10471

2020/08/02

「低山」とはいえ…

新潟県もようやく梅雨明けしたようです。

さっさと所用を済ませて角田山へ。低山とはいえ森に入れば外気温は3℃は下がる。

汗はもちろん掻きますが海側からの風が心地いい。これがなぜかクセになる。

Horizon_0001_burst20200802114142966_cove

どこからか芳醇な香りが誘う。見事なユリがいくつも咲いていました。

頂上に着いたのが12時少し過ぎ。何やらいつもと違って人々がざわついています。

何やら登山道で事故が発生したらいしいとの会話。しばらくすると救援のヘリコプターが…。

Dsc_09721

ヘリから隊員がワイヤーで下降して森の中へ救援して行きましたが詳細はまったくわかりません。

しかし、低山とはいえ「山」であることを忘れてはいけませんね。

2020/05/24

「ヒメサユリの小径」は…「密」?

新潟県の緊急事態宣言解除後の日曜日です。

カミさんと見頃を迎えたらしい三条市下田地区の「ヒメサユリの小径」から高城城址までの山歩きです。

Dsc_05331

駐車場は、例年通り満車でしたし、登山道は場所によってはかなり混んでいる場所がありました。

Horizon_0002_burst202005241118201891

まだ満開、見頃までには数日ほど早かったらしいです。

かなり気温も上がり28度ほど。カミさんはこの暑さにかなり参っているようなので無理はせず高城城址まではあきらめて近くの日帰り温泉でまったりすることにしました。

温泉、これも楽しみの一つですがね~^^

Dsc_05351

コロナ対策もしっかり対応された印象でした。

2020/05/04

さわやか!灯台コース

久しぶりに角田山「灯台コース」です。

20分ほど登り振り返ると海にに浮かぶ白亜の角田灯台は絶景ですね。

気温も25度ほどになりますが汗を爽やかな風が拭ってくれます。

Dsc_04191

Dsc_04211

Dsc_04251

Dsc_04261

Dsc_04271

Dsc_04371

絶景を望みながら岩場あり、急登あり、ブナの回廊あり変化を楽しみながら歩けます。

ただ、行き交う人たちとは挨拶を控えていますね…。

2020/04/04

越冬したヒオドシチョウ

 温かい春陽に誘われ角田・浦浜コース山歩き。

ここは、懸念される3密空間とは無縁です。潮騒を聞きながら冬枯れの木々の間から日本海。

息が切れ、汗もかけばストレスもも飛ぶ。だから山歩きは好きです。

Dsc_02931_20200404205001

頂上から観音堂への木道で何やら蝶の写真を撮っていた。(右のジャージ姿の人)

聞くと越冬したヒオドシチョウだという。(木道の手前付近の小さな茶色の物体)

「蝶が越冬?」

それを聞いた時、信じられなかったが調べてみると…。なるほど…。

Horizon_0002_burst202004041333072511

拡大すると、風雪に耐えたようで羽がかなり傷んでいました。

         健気~

Dsc_03031

 

2020/03/29

春は足踏み?~角田山

午後から天気は回復傾向。所用をすませ角田山山歩き。

しかし、気温は4℃ほどで寒い。薄手のダウンを羽織って五ケ峠コースでした。

全体的にかなりぬかるんでグチャグチャで滑りやすく注意が必要です。

Dsc_02671

昨夜からの雪が咲き始めたカタクリを凍えさせていました。すこし珍しい光景でした。

Horizon_0002_burst202003291305555521

頂上も一か月ほど戻ったって感じです。

Dsc_02711

しかし、木々は確実に春に向かって準備をしていました。

Dsc_02771

2020/03/08

ここが一番安全な場所?

 

Dsc_02111

ここは、換気よく人通りも少ない。濃厚接触とはまったくの無縁です。

何より空気がきれいで精神衛生上最高だ。

国上山で雪割草を求めて歩きます。しかし、国上寺脇から登るも咲いてるのが見つからない。

Dsc_02011_20200311212701

「現在地」の剣が峰分岐辺り周辺にようやく咲いてるのが見つけますが、まだ早いのかそれほど多くは咲いていません。

Dsc_02031

見慣れない花がひっそりと…調べてみるとコシノコバイモだろうか?

Dsc_02101

一番安全な場所は、山歩き?

2020/03/01

まだ寝ぼけ眼です~雪割草

陽の当たる柔らかな枯葉の布団から目を覚ましたばかりの雪割草です。

なんか、まだボ~っとしてるように…。

Dsc_01681

角田山五ケ峠駐車場向かいの小高い山を10分ほど登ると隠れて咲き始めています。

見頃は来週末ほどでしょうか?

Dsc_01691

3月の陽を浴びる山道はどこかワクワクしますね~

花の山…もうすぐです。

Dsc_01701 Dsc_01771_20200301220701

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ

お気に入り

最近のトラックバック