2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

山歩き

2020/05/24

「ヒメサユリの小径」は…「密」?

新潟県の緊急事態宣言解除後の日曜日です。

カミさんと見頃を迎えたらしい三条市下田地区の「ヒメサユリの小径」から高城城址までの山歩きです。

Dsc_05331

駐車場は、例年通り満車でしたし、登山道は場所によってはかなり混んでいる場所がありました。

Horizon_0002_burst202005241118201891

まだ満開、見頃までには数日ほど早かったらしいです。

かなり気温も上がり28度ほど。カミさんはこの暑さにかなり参っているようなので無理はせず高城城址まではあきらめて近くの日帰り温泉でまったりすることにしました。

温泉、これも楽しみの一つですがね~^^

Dsc_05351

コロナ対策もしっかり対応された印象でした。

2020/05/04

さわやか!灯台コース

久しぶりに角田山「灯台コース」です。

20分ほど登り振り返ると海にに浮かぶ白亜の角田灯台は絶景ですね。

気温も25度ほどになりますが汗を爽やかな風が拭ってくれます。

Dsc_04191

Dsc_04211

Dsc_04251

Dsc_04261

Dsc_04271

Dsc_04371

絶景を望みながら岩場あり、急登あり、ブナの回廊あり変化を楽しみながら歩けます。

ただ、行き交う人たちとは挨拶を控えていますね…。

2020/04/04

越冬したヒオドシチョウ

 温かい春陽に誘われ角田・浦浜コース山歩き。

ここは、懸念される3密空間とは無縁です。潮騒を聞きながら冬枯れの木々の間から日本海。

息が切れ、汗もかけばストレスもも飛ぶ。だから山歩きは好きです。

Dsc_02931_20200404205001

頂上から観音堂への木道で何やら蝶の写真を撮っていた。(右のジャージ姿の人)

聞くと越冬したヒオドシチョウだという。(木道の手前付近の小さな茶色の物体)

「蝶が越冬?」

それを聞いた時、信じられなかったが調べてみると…。なるほど…。

Horizon_0002_burst202004041333072511

拡大すると、風雪に耐えたようで羽がかなり傷んでいました。

         健気~

Dsc_03031

 

2020/03/29

春は足踏み?~角田山

午後から天気は回復傾向。所用をすませ角田山山歩き。

しかし、気温は4℃ほどで寒い。薄手のダウンを羽織って五ケ峠コースでした。

全体的にかなりぬかるんでグチャグチャで滑りやすく注意が必要です。

Dsc_02671

昨夜からの雪が咲き始めたカタクリを凍えさせていました。すこし珍しい光景でした。

Horizon_0002_burst202003291305555521

頂上も一か月ほど戻ったって感じです。

Dsc_02711

しかし、木々は確実に春に向かって準備をしていました。

Dsc_02771

2020/03/08

ここが一番安全な場所?

 

Dsc_02111

ここは、換気よく人通りも少ない。濃厚接触とはまったくの無縁です。

何より空気がきれいで精神衛生上最高だ。

国上山で雪割草を求めて歩きます。しかし、国上寺脇から登るも咲いてるのが見つからない。

Dsc_02011_20200311212701

「現在地」の剣が峰分岐辺り周辺にようやく咲いてるのが見つけますが、まだ早いのかそれほど多くは咲いていません。

Dsc_02031

見慣れない花がひっそりと…調べてみるとコシノコバイモだろうか?

Dsc_02101

一番安全な場所は、山歩き?

2020/03/01

まだ寝ぼけ眼です~雪割草

陽の当たる柔らかな枯葉の布団から目を覚ましたばかりの雪割草です。

なんか、まだボ~っとしてるように…。

Dsc_01681

角田山五ケ峠駐車場向かいの小高い山を10分ほど登ると隠れて咲き始めています。

見頃は来週末ほどでしょうか?

Dsc_01691

3月の陽を浴びる山道はどこかワクワクしますね~

花の山…もうすぐです。

Dsc_01701 Dsc_01771_20200301220701

2020/01/18

いきなりッ!弥彦山!

今年初の山歩きは、「弥彦山」と決めていましたがこんなに早くなるとは想像していませんでした。

記録的な暖冬の影響で積雪が無いようなのでお昼から「いきなりッ!」登りました。

登山口には、いきなりッ!「自己責任」の大きな看板。一昨年、大雪による倒木で死亡事故がありましたからね。

Dsc_04591

四合目付近にも全く雪はありませんが、歳のせいか運動不足のせいか、いや、どっちもか?少し難儀です。(長い階段を前にやっぱり、やめておけばよかった?)

Dsc_04601

九合目から日本海、その向こうに佐渡島が霞む。積雪はほんの数センチほどだが凍てつく風が吹きすさぶ。

いきなりッ!(しつこい!てば!)充実感ッ!が湧きます。

Dsc_04671

山頂の弥彦神社奥ノ院。鳥居と電波塔が何とも異様な感覚。

しかし、ここからの景色はなかなかいい。

Dsc_04701

Dsc_04711

北風に向かうように立つと厳冬の日本海に浮かぶ佐渡島。

寺泊・野積方面の海岸線。その向こうに米山。

大きくうねるような大河津の河川。

寒いとなおさら脳裏に刻まれるようです。

Dsc_04721

Dsc_04731

ここでも積雪は数センチほどだが凍結もしているため下りは特に注意が必要です。

下山は、少し疲れたのでまだ乗ったことのない弥彦山ロープウェー。ちなみに往復1500円、片道800円。(高けぇ~)

登りは1時間40分ほど。下りは7分ほど。

Dsc_04761

2019/12/15

ポツンと…

曇りながら雨の心配がなさそうなので午後から角田山歩きでした。

ほたるの里コース駐車場は20数台止まってましたが、五ケ峠駐車場はガラ~んと私のクルマだけ。

その様子見て、ある人気テレビ番組を思い出しましたね。

「ポツンと…」一台だけ。プププ…って一人で笑いました。

Dsc_03521

それもそのはず、今は12月から3月の下旬まで通行止めの看板が設置してありますが、自己責任で通行してますからほとんど誰も来ません。

Dsc_03601

時折、陽がさすとこの時期ならではの景観ですが、あまりキレイだとは思えません。静かで枯葉を歩くともう「春待ち遠しい」…。

観音堂です。遠く山々は望めませんが、越後平野の雪はまったくない。

ここでも、若い男性が一人ポツンとカップラーメンを美味そうにすすってました。

どこか「ポツン」が絵になる角田山です。

Dsc_03591

余談ですが、観音堂脇には今が盛りに「桃色の山茶花」が満開です。

Dsc_03571

そんな日曜日でした。

 

2019/11/10

まだ名残りの紅葉…

久しぶりの角田山です。

いつの間にか、落葉進む角田山です。

足元に乾いた枯葉が心地よく足裏に伝わります。

Dsc_02411

見上げれば、青空に名残りの紅葉です。

Dsc_02451

Dsc_02471

Dsc_02481

3時半頃の観音堂から新潟市方面です。もう日没まで1時間ほど。

季節の流れを感じました。

Dsc_02611

 

2019/11/03

錦秋の裏磐梯高原を歩いてきました。

先ずは、王道の「五色沼自然探勝路」片道4kmをゆっくり歩いて90分です。

スタートの毘沙門沼湖畔ではモミジの紅葉がピークをむかえていて大勢の観光客です。

Dsc_01751

磐梯山を望みながらの湖畔遊びも楽しそう。

Dsc_01771

散策路は、ゆく秋を惜しむかのような紅葉。

カサカサと落ち葉の感触が足裏に心地よく伝わります。

Dsc_01471

Dsc_01501

Dsc_01482

Dsc_01511

あらためて紅葉と五色沼の美しさに感激しました。

終着点の「柳沼」です。

Dsc_01521

桧原湖を望むレストハウスで昼食・休憩を取り「桧原湖畔探勝路」に向かいました。

裏磐梯で一番大きな湖、桧原湖畔を吊り橋の架かるところまで片道40分ほどですが

けっこうアップダウンがあり歩きごたえがあります。

Dsc_01531

五色沼探勝路とは違い桧原湖畔は人も少なくとても静かな山歩きを楽しめました。

湖越しに裏磐梯を望みながらモミジやカエデの鮮やかな赤が湖面に映えます。

Dsc_01711

小さな大小の浮島も噴火して堰き止められた湖ならではの光景です。

素晴らしい…。

Dsc_01571

Dsc_01611

Dsc_01641 Dsc_01641

この吊り橋は、裏磐梯では唯一の吊り橋。今月半ばには撤去され翌春に吊り替えられるという。今年最後の渡り納になったのかな?

さて、かなり歩き疲れましたが、がんばって徒歩30分ほどかけて五色沼ビジターセンター駐車場まで戻ることにして今宵の宿に向かいました。

歩いた距離は、10kmほど22000歩でした。温泉浸かって生ビールらぁ~

「今宵の宿」は、次回ってことで^^

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ

お気に入り

最近のトラックバック