2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

山歩き

2021/05/09

国上山麓で謎の基地発見!

風も収まり、午後から国上山麓の「良寛こもれびの道」コースを歩いて偶然出くわした場所です。

Dsc_11491

30分ほど歩くと良寛ゆかりの乙子神社草庵近く、視界が開け、何やら不思議な建物がいくつかあります。ブランコがあり、見慣れない建物?

焚き火跡がありここで野営した後のようです。

Dsc_11501

不似合いな朽ちたボート。なんとも独特な雰囲気、空気感、誰もいなくて…。

ここは、いったい何?秘密基地?

Dsc_11531

帰宅後、いくつかのワードで調べてみました。「国上山の秘密基地」で検索すると…。https://things-niigata.jp/other/free-art-field/

昨今のアウトドアブームとキャンプブームで少しは納得しましたね。

すぐ近くには国上焼の「穂生窯」(ほなりがま)があります。今度、覗いてみようと思います。

Dsc_11541  

2021/04/24

楽しめますね、灯台コース

これからの時期、晴れれば気軽に体を動かし汗をかきストレスも発散でき、しかも「ただ」ってことになればもう界隈の山歩きです。

(私の場合です)

角田山、灯台コースです。海抜0メートルからの登りは全国的にもめずらしいとか。駐車場には県外ナンバーも目に付くほど人気のようです。

Dsc_10581

最初は、ほとんど登り一辺倒で標高を上げます。振り返ればう~ん。好きな景色です。

少し緊張する岩場を過ぎると、こりゃまた雰囲気ガラッと変わって芽吹いたばかりの中の尾根歩き。

Dsc_10541

低山ながら変化に富んだ片道3kmの頂上はまだ桜が残っています。

Dsc_10381 Dsc_10311_20210424213801

ニリンソウとシラネアオイは特にきれいでした。

Horizon_0001_burst20210424125613386_cove

2021/04/16

里山は新緑

先週の晴れた休日、当地燕市にある「国上山」です。麓ではあちこちで農作業が始まりました。

Dsc_09071

近くの「てまりの湯」脇の登山道から反時計回りに麓を歩いてきました。約2時間ほどの明るい雰囲気の山歩きです。(赤いコースです)

Dsc_09131

新緑が芽生え、明るくホント気持ちいいです。

Dsc_09251

良寛さんゆかりの「五合庵」や枝垂れ桜がきれいな古刹「国上寺」など地元の見どころを再認識できました。

Dsc_09171 Dsc_09221

2021/03/27

角田山は「密」寸前!?

朝、9時半頃の五ケ峠駐車場です。

運よく一台分の空きがありましたが次から次へと来ます。

Dsc_08191 Dsc_08201 Dsc_08251 Dsc_08241

角田山駐車場は朝から超満車。(五ケ峠・9時30分ころ)

見ごろのカタクリも雪割草も密集して咲いてます。

頂上では登山者がにぎやかに記念撮影。

どこもかしこも…。「密」??

多人数でお弁当広げたり、飲酒の光景。だいじょうぶかよ~

今シーズン最高の人出だったようです。

2021/03/20

国上山で雪割草

当初、角田山五ケ峠コースへ向かったが駐車場は超満車。

少し待って空きを期待したが無理と判断して思案。あまり負荷をかけたく無く、国上山を歩くことにしました。

しかし、ここもほぼ満車だったが、何とか止められました。

Dsc_07861

ほぼ満車の国上山駐車場です。

Horizon_0001_burst20210320121357034_cove

枯葉の布団から目覚めた「雪割草」が咲き始めるといよいよ春の到来です。

Dsc_07891 Dsc_07921

群生しているほどではないですが、枯葉のモノトーンの中に咲く可憐な姿にほっこりします。

 

2021/02/28

里山から始めます。

2月も今日で終わり。

寒暖差が激しく積雪も多かった冬もようやく終わろうとしています。

当地燕市の313mの国上山頂上少し手前からの里の眺め。こうして見ると結構雄大だ。

Dsc_06881 Dsc_06911

今年初めての山歩きには丁度いい負荷の登りだ。暖かな春の温もりを感じながらの山歩きは気持ちいい。

頂上から下りの「ちご道」方面は積雪もあり滑りやすいとのことで引き返して汗を流すことにした。

Dsc_06901

すぐ近くの「てまりの湯」はタオルも付いて500円とリーズナブルだ。持ち込みもOKで食堂のメニューも良心的です。

味噌ラーメン620円。よくある味噌ラーメンの味ですが、麺がコシがあってツルツシコシコしてまあ納得できますね。

Dsc_06921

さてようやく春。

お出掛けの計画も立ててはいますがこのご時世、なかなか実現できる可能性は微妙ですね~

2020/11/01

賑わう角田山

久しぶりにカミさんと角田山へ。

色づきも進み、深まる秋を楽しみました。

Dsc_02211

山頂は賑わい、観音堂からも展望が効き多くの登山者で賑わっていました。

私たちもバーナーでお湯を沸かしコーヒーやスープ、おにぎりのお供にカップラーメンはすっかり定番だ。

Dsc_02201

朝9時半の五ケ峠駐車場。満車寸前でギリギリ止められました。

Dsc_02081

中腹当たりからい~い感じで色づいていました。

Dsc_02241_20201101191301

2020/10/14

蔵王高原 錦秋のどっこ沼

10月10日(土)、台風14号の影響もほとんどなかったが秋雨前線がなかなか取れなくスッキリとしない。

蔵王の御釜までロープウエイと思ったが、穴場的な「どっこ沼」に車で行くことにしました。

蔵王温泉街から県道53号線から30分ほど走りますが途中から非常に道幅が狭くなりガードレールのないカーブが続きます。

もちろん、対向車とすれ違い困難です。

霧が深くなると視界が真っ白になり立ち止まることもあります。十分に注意してください。

Dsc_00441 Dsc_00461 Dsc_00501

ベンチに座って飲む熱いコーヒー、贅沢だね。

Dsc_00591

気温10度。これからが色づきのピークだろう。エメラルドグリーンの湖畔に紅葉が映えます。

いつかまた、新緑や盛夏の避暑にもいいだろう。

2020/09/06

鳥海山まで見えたようです。

スッキリ晴れた日曜の朝。

猛暑日予報でしたが、こんな日は負荷の少ないコースですね。

10時ころの五ケ峠駐車場はまだ27度ほど。けっこうクルマも止まっています。

Dsc_10421

日陰の多い平坦な山歩きは風も通り汗もそれほどかかないが、いつもより10分ほど多くかかりました。

頂上付近、観音堂から新潟市方面と日本海がスッキリ見えます。

ある方が、「おお~鳥海が見えるねっかッ!」目を凝らしてず~っと見ると確かにすそ野の広い高い山がうっすらと…。

山形・秋田県境の鳥海山です。その少し手前が山形県の月山か?

Dsc_10451

(この画像からは確認できません)

佐渡島も海もきれいです。

Dsc_10471

2020/08/02

「低山」とはいえ…

新潟県もようやく梅雨明けしたようです。

さっさと所用を済ませて角田山へ。低山とはいえ森に入れば外気温は3℃は下がる。

汗はもちろん掻きますが海側からの風が心地いい。これがなぜかクセになる。

Horizon_0001_burst20200802114142966_cove

どこからか芳醇な香りが誘う。見事なユリがいくつも咲いていました。

頂上に着いたのが12時少し過ぎ。何やらいつもと違って人々がざわついています。

何やら登山道で事故が発生したらいしいとの会話。しばらくすると救援のヘリコプターが…。

Dsc_09721

ヘリから隊員がワイヤーで下降して森の中へ救援して行きましたが詳細はまったくわかりません。

しかし、低山とはいえ「山」であることを忘れてはいけませんね。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ

お気に入り

最近のトラックバック