2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

山歩き

2017/10/09

「秋の尾瀬ヶ原・デビュー」

初めての尾瀬ヶ原です。

翌朝8時。「ふきあげ旅館」前までの乗り合いタクシーに乗り込み25分ほどで尾瀬ヶ原の玄関口、標高1590mの鳩待峠です。

Dsc_2160_5

そこから1400mの山の鼻まで下り、牛首分岐→竜宮十字路までの片道7.7km、往復15.4kmの日帰り王道ルートです。

万歩計では26,000歩ッ!!

天気快晴。周囲の木々は紅葉真っ盛りの様相。尾瀬ヶ原デビューには最高のお膳立てだに期待も膨らむ。

支度を整え、軽いストレッチも忘れずに。

Dsc_2118_2

Dsc_2156_2

鳩待峠から下ること1時間で山の鼻休憩所。そこから尾瀬ヶ原の草紅葉と本州最大の広大な湿原が始まります。

Dsc_2123_2

目の前にパッと広がる湿原と燧岳。そこへと真っ直ぐにつづく木道。

その初めて出会う光景に私たちは、「おおぉ~、すげえ~」と、しばし釘付けだ。

Dsc_2125_4

振り返れば、紅葉の至仏山。抜群のロケーションにやっぱり「おおぉ~、すげえ~」しか出ない。

Dsc06139

立ち止まって景色を眺めたり、写真撮ったりしながら牛首分岐で少し早目のお昼です。

Dsc_2133

バーナーでコーヒー沸かし、宿のおにぎりパクつきながら缶詰突っついたり。最高のご馳走だ。

Dsc_2139_2

竜宮十字路へ向かうと人影もまばらになる。ここでトイレ休憩をして今来た道を戻りました。

ポスターなどで見慣れた景色ですが、私たちにとって特別な景色「尾瀬デビュー」な景色でした。

Dsc_2134_4


2017/10/08

「天空の足湯」~丸沼高原

Dsc_2095_2

群馬県片品村、標高1400mから一気に標高2000mまで上るロープウエイからは、紅葉真っ盛りの山々の中に丸沼や菅沼がきれいです。

Dsc_2098_3

山頂駅近くの二荒山神社(分社)に旅の無事を祈願して6km、2時間30分ほどの遊歩道の山歩き。シラビソ林の中を平坦あり急登あり変化のありの道のりは私たちにはぴったりだ。

Dsc_2077_5

さて、お次の目当ては、疲れを癒しに「天空の足湯」だ!

 

名だたる日本百名山(浅間山・四阿山・草津白根山・苗場山・谷川岳・至仏山等)を遥かに望み、間近に日光白根山を仰ぎながらの足湯は、贅沢だ!

Dsc_2068_2

Dsc_2087

ビール飲めないから…これでカンパ~い!!

Dsc_2094

2017/06/12

「上高地で出会った花たち」

Dsc_1613

上高地散策の折り返し地点の明神橋を渡り梓川左岸の河原でお昼にしました。

「そういえば、花って何が咲いてたっけ?」今まで森の緑や穂高連峰ばかりを見上げていて足元の花々にはすっかり気が付かなかった。

ここから帰路は展望が少ない森の中を歩くので足元の季節の花たちを探してみようか。

ニリンソウ。群生の盛りは過ぎたが、上高地と言えばこの花だろうか。

Dsc_1622_2

バニバナイチヤクソウ。高原の林の中に生える常緑の多年草。

Dsc_1547

ラショウモンカズラ。この花、先月角田山でいっぱい咲いてたな。

Dsc01713

小梨平キャンプ場手前では、イワカガミの小さな群生。新緑の中でうつむきかげんに揺れていました。

Dsc06122_4

さて、この紫の花、たった一輪だけ。クリンソウだと思うのですが…。

Dsc06127

どの花たちも陽のあたらない木陰にひっそりと、しかし力強く。

自分も、そうありたいと思います。






2017/06/11

「爽やかな上高地でした。」

きのう(10日)の雨も止んで朝から真っ青の空が私たちを誘っていました。

「アルピニスト」が名だたる名峰に憧れ、その頂を目指すように、私たち「アルキニスト」は上高地、それに懐かれるような地に憧れるものなのでしょう。

乗鞍高原温泉の小さな宿から20分ほどで沢渡バス駐車場からバスに揺られること30分で大正池の畔です。

気温10度ほど、快晴。

ここから、大正池湖畔から梓川沿いに森をぬけ、木橋を渡り、川べりを歩きながら河童橋から明神橋へ。

約12km、普通なら3時間半の行程を休憩、昼食を含めて5時間近くをのんびり歩きました。

そこにはいつ訪れても訪れる人々を魅了する風景が広がっていました。

Dsc_1577_3

Dsc_1578

大正池から焼岳、右手に屏風のようにそびえる残雪の穂高連峰です。

Dsc_1583

歩き始めて20分ほどで田代湿原からの穂高連峰。

Dsc_1594_2

田代橋を過ぎ梓川左岸を歩くと、広い梓川河原越の木陰のベンチで小休止。

この眺めは、たぶん初めてだろう。

Dsc_1598_5

河童橋が見えてきました。やはりここは人気スポットだ。ここから明神橋まで戻ってくるまで8kmほどある。

Dsc_1602

また、いつか…。次は、秋頃にもうちょっと足を延ばして。

2017/05/07

GW最終日は灯台コース

5連休の休みも今日まで。昨夜の雨も上がり朝から青空です。

 

こんな日は、なまった身体を目覚めさせるには角田灯台コースがいいようです。

 

8時過ぎ、海抜0mの海岸から一気に登りがつづきます。

Dsc06096_3

15分ほど登れば、紺碧の日本海に浮かぶ白亜の角田灯台。藤の花とのコラボはこの時期ならではでしょう。

「いい。絶景だ。」

Dsc06097

岩場を過ぎ、長い登りの後には、ブナの回廊…。ここがまた別世界でいい…。

 

昨夜の雨で、朝陽に照らされた新緑がしっとりまぶしい。

Dsc06098_10

1時間20分ほどで頂上。そこから観音堂へ。黄砂の影響か?どんよりしてすっきりしない。

 

いい汗かいたし、さあ、今週も気合入れて頑張るかなッ!

2016/11/06

この道、何度歩いたろうか…角田山

五ケ峠コースと浦浜コースの合流点をすこし過ぎたところです。

角田山の中腹過ぎあたりだろう。色づく木々も晩秋の様相だ。

Dsc06038_12

この道、今年15回ほど歩いたようです。

時に想いを馳せながら、また時にはいいアイディアが浮かぶこともあり気分転換にも、四季折々に自分を受け入れてくれて好きな道です。

Dsc06047

頂上園地のカエデだろうか、いい色合いに染まっていました。

Dsc06054

観音堂の気温は、9℃。熱いコーヒーが何よりホッとします。

今年は、降雪前にもう2回ほど歩く予定です。

2016/10/23

奥日光・二日目も晴れッ!^^

10月23日(日)、☁予報に反して晴れてます。9時にチエックアウト。

最初の予定は、「イタリア大使館別荘記念公園」です。

ホテル湖上苑からクルマで5分ほどの歌が浜駐車場に止め湖岸沿いの紅葉の遊歩道を15分ほど歩きます。

Dsc_0435_2

男体山のすばらしい雄姿と清らかな中禅寺湖。

Dsc_0464

外観は、地元の杉の皮が使われて意外と質素だが、屋内の造り、調度品は当時を復元したもので当時をしのばせます。

Dsc_0453_2

Dsc_0441

Dsc_0451_3

歌が浜駐車場に戻り、中禅寺湖スカイラインで半月山展望台からの展望が今回の旅のクライマックスです

半月山駐車場から25分ほどの山歩きです。ほとんどが登りですが少し頑張れば、最高の展望が待っていますよ!

Dsc_0468

よくポスターやカレンダーで見るダイナミックなパノラマが広がりました。

Dsc06013

手前から伸びるのが八丁出島。

左手にはきのう、湯の湖から歩きはじめて戦場ヶ原までの道のり、昨夜の湯宿のある中善寺湖の温泉街が見渡せます。いい、実にいい眺めです。

Dsc06026

帰路の金精峠からの遠望も忘れがたい。

いや~、いかった!いかった!























2016/10/22

すばらしい錦秋の奥日光

10月22日、23日に紅葉見ごろの奥日光へ向かいました。この時期、テレビ等で奥日光の、特に竜頭の滝付近の紅葉中継で渋滞混雑必至ですが…

 

関越道・沼田ICから国道120号線を群馬・栃木県境の金精峠まで渋滞もなく思ったよりスムーズです。天気もバッチリです。

Dsc_0354

9時前に日光湯元・湯の湖駐車場は、もうかなり満車状態でしたが、広めの路側帯に止めることができましたが、さすが関東屈指の紅葉名所です。

 

支度を整え、トイレを済ませて湯の湖~湯滝~戦場ヶ原~竜頭の滝までの約7km、休憩と昼食含めて4時間半ほどのほぼ平坦な山歩きです。

 

湯の湖です。静かな湖面に映る終わりかけの紅葉も、いいもんです。

Dsc05901_4

Dsc05890_3

クルマやバイクで突っ走るのもいいけど、季節の風を感じ、足底で枯葉の感触を味わう。

 

40分ほどで湯滝の観爆台。静かだった湖面とは想像もつかない豪快な滝です。紅葉も超ピーク!

Dsc05917_2_8

小腹が減ったので湯滝レストハウスで名物、鮎の塩焼きと焼だんごでプチ休憩!

Dsc05912

湯滝から変わる湯川沿いの紅葉の木道を戦場ヶ原へ向かいます。

 

小田代橋~泉門池~青木橋~を過ぎると、遮るものがない戦場ヶ原です。

Dsc05925_3

草紅葉は終盤でしたが、カラマツの黄葉がきれいです。広葉樹の紅葉とはまた違いますね。

Dsc05934_2

所々にベンチがあり、そこでお昼です。カミさんがクルマにコーヒーを忘れて、コーンスープ、おにぎり、サンマの缶詰、カレーヌードル等々…

 

自然の中で食べる食事ってなんでこんなにうんめ~んだろう!

 

石楠花橋を渡ると湯川の流れは激しくなる。いよいよ今日のメインイベント竜頭の滝まで30分ほどだ。

Dsc05953_4

竜頭の滝上も見事です!本当に見事です!

Dsc05971_3

Dsc_0370_3

「竜頭の滝」周辺の道路は飽和状態になった駐車場に入るためのクルマで大渋滞です。やはり徒歩での山歩きが大正解だったようです。

滝正面の茶屋でご当地グルメ揚げたて「ゆばキャン」と「ちまき」をゲット。

Dsc_0486

「竜頭の滝」、本日のメインイベントに相応しい。

もう、言葉を失うほどの自然が造る鮮やかな彩と造形美…

Dsc05976_3

「竜頭の滝上」バス停から光徳牧場経由で湯の湖駐車場に戻りました。そこからクルマで今宵の宿がる中禅寺湖畔に向かいました。

つづきは、次回ってことで…

2016/10/10

「秋深まる角田山」

イマイチの腰の具合もいい感じだったので曇りがちでしたが気温も18度前後、福井ホタルの里コースからの山歩きでした。

 

巻地区の日帰り温泉施設「じょんのび館」裏手からの2,8kmは、前半は緩い道のりですが後半に急坂が待つコースです。

Dsc_0326

頂上まで500m辺りから長く続く別名「心臓屋破りの坂」。ここが少々息が切れる。

Dsc_0332

Dsc_0345_2

足元の色づいた落ち葉が進みゆく秋を感じる。

 

ゆっくり歩いて1時間20分ほどで頂上。そこから5分ほどで観音堂前から新潟市方面。気温14℃ほどで風は冷たい。

早速、コーヒーを沸かす。

それにしても、秋の一日を楽しんでますね~

Dsc_0335_2

Dsc_0337

2016/10/02

栂池自然園は、雲の中?

長野県小谷村の栂池自然園は、標高1900mから2000mに広がる日本有数の高層湿原。その標高ゆえに一足お先に今が紅葉のピークを迎えてるというので出かけてきました。

雨予報は無かったが、ゴンドラとロープウェイを乗り継いでも濃い雲の中。

さすがに、テンションは下がる…ね。わずかな期待を胸に標高1829mの終点駅・栂池自然駅に着く。

Dsc05807

以外にも雲は薄くなり、周囲の山々の姿が感じ取れました。

気温は18℃ほどで寒くは感じません。栂池ヒュッテ前から園内を一周約5,5㎞、約3時間半ほどの山歩きです。赤い屋根の栂池ヒュッテ(今は資料館)と朽ちそうな外壁が年月を感じさせます。

のんびり写真撮ったり昼食を取って4時間半ほどの行程でした。

Dsc05875

Dsc05865

15分ほど歩くと徐々に雲が切れて青空が広がってきました。

紅葉のピークは過ぎたが、葉を落としたダケカンバの白い幹と紅葉、緑の草木を足元に従えた白馬乗鞍岳(2434m)や小蓮華山(2766m)がまじかに迫ってきました。

その雄大な景色に「おおぉ~~。きれいらねぇ~」「空気がうんめぇ~」の連発!!

Dsc05816

Dsc05817_4

Dsc05857_3

1時間ほどで今まで歩いてきた木道を見渡せる小高い場所へ。そして終点の展望湿原までもう一登り。

Dsc05827

雲の切れ間から、白馬岳の岩肌が時折見えたりするともう少しです。

歩き始めて1時間半ほどで標高2,010mの展望湿原で昼食にしました。

バーナーでお湯を沸かしてコーヒー、カップラーメン、おにぎり、サンマの缶詰が最高のご馳走。

しかし、一時間ほど経ってもなかなか雲が取れずに白馬岳を望むことは叶わなかった。

Dsc_0318

次回は、来年の宿題ってことで…。

 帰路は、狭い急階段の続く「ヤセ尾根」からの紅葉を楽しみながら下りました。ここも素晴らしい。

Dsc05844_3

Dsc05850

帰りのゴンドラ。「日帰り温泉、どこがいい?早めの夕飯、どこがいい?」そんな他愛もない会話でした。

Dsc05878

 

より以前の記事一覧

お気に入り

無料ブログはココログ

最近のトラックバック