2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

うまい蕎麦の店

2016/09/20

「ぼっち盛り蕎麦」ってなんだ!?

Dsc_0220

今月初めの暑い日、加茂市にある「ぼっち蕎麦」の人気店、越水さんで早めのお昼です。11時開店ですが、11時半頃にはほぼ満席です。

店主は、信州戸隠で修業された筋金入りの本物を提供されている。

店内は、木の香漂いそうなほど天然木を多用した落ち着きのある造り。店員さんの対応もいい。

Dsc_0211

桜エビのかき揚げも名物。熱々でサクッとした歯触り、海老の旨みと磯の香りが口の中に広がる。

ビールbeerがあればなおさらいい( ´艸`)プププ

天ぼっち蕎麦の独特の盛り付けは、5つに分かれてあり一説では戸隠神社ゆかりの五神に通ずるらしい。

Dsc_0214

Dsc_0215

「挽き立て、打ち立て、茹でたて」の戸隠蕎麦を味わうなら迷わず「越水」に決まりッ!



2015/10/24

漬物の里 福湊庵

Dsc03669

山形県鶴岡市羽黒町川代字川代山406  ℡0235-62-4192

出羽三山三神合祭殿の参拝後、15分ほどで蔵王温泉へ向かう途中のお昼に伺いました。

全く調べなくて偶然見つけたお店は、地元山形県の漬物専門店と蕎麦・うどんのお店でした。

Dsc03668

季節限定の肉蕎麦にそそられたので即ッ!肉蕎麦(800円)です。太麺と細麺が選ばれますが、太麺を注文です。

Dsc03665

鰹だしの効いた甘しょっぱいスープと力強い食感の十割蕎麦。

なかなかいい味を出しています。また、漬物の無料バイキングは、なかなかいいアイディアで満足感も高いですね。

近くに立ち寄った時は、通り過ぎることはできない一杯でしょう。

Dsc03667

2014/10/12

一心うどん 七ヶ巻食堂

Dsc00485

国道117号線沿い、野沢温泉村に入ると左手にあります。

野沢温泉に行く途中で気になったお店です。食堂というより作業小屋か?そんな独特の雰囲気が頭から離れません。

帰りに小腹が空いたので寄りました。

店内は、まあこんな感じの山小屋風です。

「ここのおススメはなんですか?」と、尋ねると白鬚の仙人風の店主は「この爺いい以外はみなおススメだれ~」

「ふふ、おもしれぇ~爺さんだ…」

Dsc00481

まだ火の入らない薪ストーブ、空っぽの冷蔵庫。誰もいない店内の年季の入ったテーブルに座ります。

その日はすこし暑かったので「ざるうどん」(750円)にしました。

Dsc00483

薬味に辛い大根おろしとネギ。かぶと茄子の漬物が付きました。

店主曰く、手打ちのうどんは腰も強くのど越しさっぱりの一品でした。

美味さが、どうのこうのと言うよりなぜか印象に残る雰囲気でしたね~

2014/09/15

八海山生蕎麦 宮野屋

Dsc00296

南魚沼市にある「宮野屋」さんでお昼にしました。八海山尊神社のすぐ裏、八海山登山口近くです。

八海山の麓に昔から伝わるつなぎに山ごぼうとフノリを使う独特な風味を楽しめます。

靴を脱いで広い板の間に上がれば、山小屋風の店内です。

手打ちそばと山菜天ぷらのセットにしました。

「お通しです^^」と出された漬物は、茄子、きゅうり、かぶとポテトサラダでした。これがサービスと知ってうれしくなりました!

薬味は、ネギ、茗荷、ワサビと画像にはないですがクルミが添えられる本格派です。

Dsc00286

素朴ながら揚げたてがやっぱりうれしいですね。赤い生姜と、アンニンゴの天ぷらが印象に残っています。

Dsc00290

Dsc00293_2

山ごぼうと布海苔が繋ぎのようです。肌のきめとそのコシと喉腰。

鼻に抜けるその余韻…。

「うう、うんめぇ~」

2014/08/10

石挽蕎麦 越水

Photo

新潟県加茂市加茂新田10020-1の「石挽蕎麦 越水」さんです。

台風11号の影響か、すこし蒸し暑いのでさっぱりとした蕎麦が食べたくなりました。夕方の5時半ころは、まだまばらな入りでした。

 

店内は、天然木を多用した落ち着いた中、中高年が落ち着ける雰囲気です。

 

静かなピアノのBGMも好感がもてます。

 

大きな窓からは、緑豊かな田んぼと粟ヶ岳が望めました。

 

「天ぼっち蕎麦」です。

Photo_2

「ぼっち盛り」とは、店主が修業した信州戸隠で伝わる独特の盛り付けという。

 

みずみずしい歯ごたえとのど腰のなかに力強い蕎麦の旨みが溢れます。

 

そういえば、戸隠奥社参道脇で食べた記憶がかすかによみがえります。

Photo_3

お盆休みまであと二日…忙しいけれど何とか乗り切れそうです!^^

2014/05/18

そば屋 長森

Dscf7708

南魚沼市にある八海醸造(株)さんの醸造蔵や大規模な雪室がある広大な敷地の「魚沼の里を見学しました。

 「魚沼の里」の記事は後ほどアップします。

お昼は、画像手前の「うどん屋 武火文火」さんにするか、奥の「そば屋 長森」さんにするか迷いましたがお蕎麦にしました。

雪国の旧家を移築した玄関引き戸は、すこし屈んで入り風情があります。

土間、囲炉裏の間も子供のころを思い出させます。

Dscf7709

Dscf7716

田舎そばです。繋ぎに「ふのり」を使い、太目の麺はコシがあり雪国に生きる人々の力強ささえ感じます。

ほかに、定番の二八そばや十割そば、温かいにしんそば、肉そばもおいしそうでした。

周囲を散策した後は、スイーツもおススメです~♪

Dscf7722

餡子と胡麻みその串団子、八海山吟醸酒がチョッピリ入ったアイスクリームはデッキでいただきました。

2014/02/22

石碾きそば 越水

Dscf6766

新潟県加茂市加茂新田10020-1の「越水」さんでお昼です。以前から地元メディアや雑誌などで取材されていて気になっていたお店です。

店内は、天然木を多用した落ち着いた中、中高年が落ち着ける雰囲気です。

大きな窓からは、早春の陽を浴びた田園風景が春の近さを教えてくれます。

「天ぼっち蕎麦」です。

Dscf6762

「ぼっち盛り」とは、店主が修業した信州戸隠で伝わる独特の盛り付けという。

みずみずしい歯ごたえとのど腰のなかに力強い蕎麦の旨みが溢れます。

Dscf6764

満足できる一店に巡り合えました!

2014/01/11

手打ちそば 「いちぶん」

Dscf6553

燕市井土巻2丁目に昨年10月5日に開店して気なっていた「手打ちそば いちぶん」さんでお昼でした。

井土巻2丁目交差点、カンパニョーラさんの裏手になり道路からはあまり目立ちません。

店内は、古民家風で木のぬくもりが感じられる品のいい店内です。詳しくは→http://www.kenoh.com/2013/12/09_ichibun.html

笑顔のステキな店員さんが、温かいお茶と柚子の香りの漬物を運んでくれ、手作りの温かみのあるお品書きがこりゃまた好印象です。

Dscf6545

お昼にしては少し高めでしたが、鴨南蛮そばにしました。

Dscf6548

天然木の重厚なトレーにこだわりの器。

すこしもっちりとした自家挽き蕎麦と甘しょっぱい出汁のいい香りがします。

すこし歯ごたえがあり旨み十分の鴨ロース2枚、薬味と刻んだネギが付きます。

炙ったネギは、香ばしさと甘みがあり、鰹出汁の甘しょっぱいスープと鴨の胸肉の相性もいいです。

「そばだんご」(100円)です。そばの粉を練ってさっと表面を揚げてあります。

この食感と美味しさは、あ・た・ら・し・い!!

Dscf6551

この界隈では背油ラーメンのお店が多いですが、たまには美味しい蕎麦もいいものです。

ご馳走様でした!

Dscf6555

(No.2,065)

2013/12/30

小島屋県央店

燕市井土巻イオン県央店の「小島屋 県央店」で早めの夕食です。店員さんのマナーもよく気持ちよく食べれるお店です。

熱いおしぼりと暖かく香り豊かなそば茶もうれしいです。

本格生わさびを使用したり、炒ごまも蕎麦のうまさを引き立ててくれそうです。

大海老天へぎ蕎麦です。

Dscf6462

蕎麦の繋ぎに「布乃利」(海藻)を使用した最高の食感とのど越しは、一度食べたら忘れられません。

師走のうまい蕎麦…。ご馳走様でした。

2013/08/06

「そば処 松苧」と美人林

Dscf5177_2

十日町市犬伏 3228番地 ℡025-597-3052 

国道253号線沿いのほくほく線まつだい駅から十日町方面へクルマで5分ほどの右側です。駐車場に10数台ありますが県外ナンバー、とくに関東方面が半分です。

お昼時でしたので店内はほぼ満席でしたが小さなちゃぶ台に座れましたが注文してから15分ほど待ちます。

隣りから「ズズ~」っと美味しそうに蕎麦をすする音を聞くたびに私のお腹は「ぐぐ~」と鳴ります…

中年の家族連れは、首都圏からの馴染み客らしく何度も通っているらしいです。

知る人ぞ知る山間の名店ですね。

天ざるそば(1200円)です。

Dscf5173_2

聞くところによると、丹念に石臼で挽いた手打ち。つなぎは、この土地特有の布海苔を使い、つるりとした喉こしとしっかりしたコシと豊かな蕎麦の香りは忘れられなくなるでしょう。

地元のめずらしい季節の山菜天ぷら、茄子漬け、香ばしく油で揚げて味噌を付けた大豆が付く。

お店のすぐ側に大地の芸術祭アート作品が常設されていました。

イナゴハビタンボ(イナゴの滑り台)は、なかなか発想がユニークで完成度も高いなぁ~

Dscf5176

クルマで20分ほどの「美人林」を散策です。この時期、人影は意外なほど少ないです。

蒸し暑さもここでは、ひんやりします。

積もった落ち葉のクッションは、足の裏に心地いいです。

Dscf5179

Dscf5180

残雪の新緑の頃、晩秋の黄葉頃、それぞれに…

        癒されますね…^^

(No.2,034)

お気に入り

無料ブログはココログ

最近のトラックバック