2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

うまい蕎麦の店

2020/11/15

「もみじ園の後は手打ち新蕎麦ッ!」

この日は、朝からスッキリ晴れ絶好の紅葉狩り日和。

テレビでいつかやっていた長岡市(旧越路町)のもみじ園へ。県外からの団体バス等で混むらしいのでほぼ開園の9時過ぎになんとか着きました。

ここも見事な紅葉です。

Dsc_03021 Dsc_03031_20201121215501

意外と知られていないのが数々の新潟銘酒を生んだ朝日酒造さんの会社工場があります。

さすが、腰抜かすほどのでっかい建物が何棟も連なっています。予約をすれば子場内を見学できるますが、今回はパス。

     残念~~ッ!

Dsc_02921

お昼は、やっぱりこれからの時期は「新蕎麦」らね。

いろいろ思案したら同じ市内の(旧山古志)の多菜田さんを思い出す。クルマで30分ほどの集落にある。

Dsc_03111

手打ちの新蕎麦と熱々の天ぷらはこの上ないごっつおだ。

Dsc_03071_20201121220001

んん~ん…。

この歯応え、こののど腰、この香りは手打ち新蕎麦ならではだ。

Dsc_03081

今年最高の新蕎麦です。

ごちそうさまでした。

2020/10/10

蕎麦屋でスイーツ 山形市「そば 琳」

山寺参拝の後、やっぱり蕎麦が食べたく検索すると山形市内の「そば 琳」さんが妙に気になる。

山寺周辺にもたくさんあるのだが…。

昭和初期のたたずまいの蕎麦屋さんがスイーツも人気だという。

こうなったら、甘党のカミさんはもうほって置く訳がない。

Dsc_00431

なかなか気合の入った佇まいです。

それだけ期待も高ぶるってもんですね!

Dsc_00411

まさに昭和ッ!!それも初期ッ!

でも店員さんの対応は、なかなか気持ちいい。

にしん蕎麦です。

上品な二八蕎麦からやさしい香り。薄味のニシンの甘露煮がそっと名わき役。

こんな絶妙のバランスな蕎麦はいまだかつて無いだろう。

Dsc_00391

お目当てのスーイーツ「蕎麦のわらび餅にきな粉と黒蜜がけ」は至福の仕上げでした。

Center_0001_burst20201010123742773_cover

さて、雲行きは怪しいが蔵王の紅葉でも探しに行くかね~

2018/11/24

うんめぇ~蕎麦を探して北信濃 「西乃茶屋」


Dsc_23221_2

長野県飯山市 国道117号線沿いに大きな看板が目に飛び込みます。老舗の「西乃茶屋」さんでお昼です。

Dsc_23141

「石臼挽き 純手打蕎麦 新そば」なら吸い込まれるように…しかし、満席の30分ほどの待ち。

 客層を見ると「蕎麦を知ってる」が似合うナイスな中高年が賑やかに談笑。

Dsc_23181_2

私は、飯山名物の「上杉謙信 笹寿司」がセットになった○○御膳?聞いたけど忘れてしまった!因みに上杉勢が川中島合戦に食べた保存食だったとか。

殺菌作用のある笹にゼンマイ、椎茸、クルミが入ったひじき煮と金糸卵とご飯がよく合う。

Dsc_23201_3
カミさんは、やっぱり天婦羅ざる蕎麦だ。

Dsc_23161_2

ご馳走様でしたッ!^^

2018/11/18

八海生そば「宮野屋」

南魚沼市大崎地区、八海山神社の裏手に美味い蕎麦屋さんがあります。

この店を知ったのは十数年前、たまたま偶然に立ち寄って食し「うん、うまい…」と感じこの時期にふらっと立ち寄りたくなります。

Dsc_01321

Dsc_01361

Dsc_01351_2

天ざる蕎麦です。心地よい歯ごたえのある蕎麦とその香り。揚げたての山の幸。

ご馳走様でした。また、今年中にもう一度…。^^

2018/05/05

山古志のお昼は「ごっつお」だった!

Dsc_0960_2

長岡市山古志地区(旧山古志村)は、素晴らしく美しい棚田が広がります。水の入った田んぼが幾重にも重なるさまは厳しい冬を乗り越えた住民にしか分からない喜びなんだろう。

2004年の中越地震からの復興を支援してくれた人々に「元気になったよ!ありがとう!」そんな姿を伝えたくて地元の「母ちゃんたち」が立ち上げたお店だとか。

「山古志 ごっつぉ多菜田」 さんでカミさんとお昼です。

Dsc_0953_2

店内は、すべて座敷テーブルで20人くらいは入れるだろうか。

対応が、めちゃくちゃ明るくこちらが元気をもらう。

山菜天ざる蕎麦です。山菜天ぷらは、ウド・コゴミ・コシアブラ・山タケノコなど山盛りで揚げたてサクサク~フワフワ~ジューシ~

蕎麦は、それとは相反する。山古志の粘り腰を彷彿させるほどの強くて食べ応えある。

 これこそ最高の「ごっつお」だッ!

Dsc_0950_2

言い忘れました。「ごっつお」とは「ごちそう」という意味です。

ごっつおさまでした!^^

2016/09/20

「ぼっち盛り蕎麦」ってなんだ!?

Dsc_0220

今月初めの暑い日、加茂市にある「ぼっち蕎麦」の人気店、越水さんで早めのお昼です。11時開店ですが、11時半頃にはほぼ満席です。

店主は、信州戸隠で修業された筋金入りの本物を提供されている。

店内は、木の香漂いそうなほど天然木を多用した落ち着きのある造り。店員さんの対応もいい。

Dsc_0211

桜エビのかき揚げも名物。熱々でサクッとした歯触り、海老の旨みと磯の香りが口の中に広がる。

ビールがあればなおさらいい( ´艸`)プププ

天ぼっち蕎麦の独特の盛り付けは、5つに分かれてあり一説では戸隠神社ゆかりの五神に通ずるらしい。

Dsc_0214

Dsc_0215

「挽き立て、打ち立て、茹でたて」の戸隠蕎麦を味わうなら迷わず「越水」に決まりッ!



2015/10/24

漬物の里 福湊庵

Dsc03669

山形県鶴岡市羽黒町川代字川代山406  ℡0235-62-4192

出羽三山三神合祭殿の参拝後、15分ほどで蔵王温泉へ向かう途中のお昼に伺いました。

全く調べなくて偶然見つけたお店は、地元山形県の漬物専門店と蕎麦・うどんのお店でした。

Dsc03668

季節限定の肉蕎麦にそそられたので即ッ!肉蕎麦(800円)です。太麺と細麺が選ばれますが、太麺を注文です。

Dsc03665

鰹だしの効いた甘しょっぱいスープと力強い食感の十割蕎麦。

なかなかいい味を出しています。また、漬物の無料バイキングは、なかなかいいアイディアで満足感も高いですね。

近くに立ち寄った時は、通り過ぎることはできない一杯でしょう。

Dsc03667

2014/10/12

一心うどん 七ヶ巻食堂

Dsc00485

国道117号線沿い、野沢温泉村に入ると左手にあります。

野沢温泉に行く途中で気になったお店です。食堂というより作業小屋か?そんな独特の雰囲気が頭から離れません。

帰りに小腹が空いたので寄りました。

店内は、まあこんな感じの山小屋風です。

「ここのおススメはなんですか?」と、尋ねると白鬚の仙人風の店主は「この爺いい以外はみなおススメだれ~」

「ふふ、おもしれぇ~爺さんだ…」

Dsc00481

まだ火の入らない薪ストーブ、空っぽの冷蔵庫。誰もいない店内の年季の入ったテーブルに座ります。

その日はすこし暑かったので「ざるうどん」(750円)にしました。

Dsc00483

薬味に辛い大根おろしとネギ。かぶと茄子の漬物が付きました。

店主曰く、手打ちのうどんは腰も強くのど越しさっぱりの一品でした。

美味さが、どうのこうのと言うよりなぜか印象に残る雰囲気でしたね~

2014/09/15

八海山生蕎麦 宮野屋

Dsc00296

南魚沼市にある「宮野屋」さんでお昼にしました。八海山尊神社のすぐ裏、八海山登山口近くです。

八海山の麓に昔から伝わるつなぎに山ごぼうとフノリを使う独特な風味を楽しめます。

靴を脱いで広い板の間に上がれば、山小屋風の店内です。

手打ちそばと山菜天ぷらのセットにしました。

「お通しです^^」と出された漬物は、茄子、きゅうり、かぶとポテトサラダでした。これがサービスと知ってうれしくなりました!

薬味は、ネギ、茗荷、ワサビと画像にはないですがクルミが添えられる本格派です。

Dsc00286

素朴ながら揚げたてがやっぱりうれしいですね。赤い生姜と、アンニンゴの天ぷらが印象に残っています。

Dsc00290

Dsc00293_2

山ごぼうと布海苔が繋ぎのようです。肌のきめとそのコシと喉腰。

鼻に抜けるその余韻…。

「うう、うんめぇ~」

2014/08/10

石挽蕎麦 越水

Photo

新潟県加茂市加茂新田10020-1の「石挽蕎麦 越水」さんです。

台風11号の影響か、すこし蒸し暑いのでさっぱりとした蕎麦が食べたくなりました。夕方の5時半ころは、まだまばらな入りでした。

 

店内は、天然木を多用した落ち着いた中、中高年が落ち着ける雰囲気です。

 

静かなピアノのBGMも好感がもてます。

 

大きな窓からは、緑豊かな田んぼと粟ヶ岳が望めました。

 

「天ぼっち蕎麦」です。

Photo_2

「ぼっち盛り」とは、店主が修業した信州戸隠で伝わる独特の盛り付けという。

 

みずみずしい歯ごたえとのど腰のなかに力強い蕎麦の旨みが溢れます。

 

そういえば、戸隠奥社参道脇で食べた記憶がかすかによみがえります。

Photo_3

お盆休みまであと二日…忙しいけれど何とか乗り切れそうです!^^

無料ブログはココログ

お気に入り

最近のトラックバック