2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

旅の宿

2016/10/22

湖畔の湯宿「湖上苑」にて

Dsc_0420

             (翌日の朝に撮った画像です)

中禅寺湖畔にせり出すように佇むこの湯宿は、以前旧外国人大使別荘地跡に建てられたわずか10室の宿。

すこし古さは感じますが、それがまた当時の趣を感じさせます。

2階の客室に案内されると窓から息飲む景色でした。

Dsc_0388

色づく木々越に中禅寺湖。陽が傾き始めた対岸の紅葉も見ごろだ。いままでこれ以上のロケーションがあっただろうか?

 

缶ビールを飲み干すと「ふ~ッ。よし、風呂行くか…」 

ご覧のように狭いですが、エメラルドグリーンの湯花舞う源泉掛け流し硫黄泉はもちろん加温、加水なし。

それゆえ湯船の石や湯口にびっしり硫黄成分が付着しています。

もし、ラーメンに例えれば、燕三条系超濃厚こってり背脂ら~めんだろうか?( ´艸`)プププ

Dsc_0397

Dsc_0394

夕方6時から一階「グリル 鱒」にてささやかな宴。益子焼にそそがれた生ビールがたまんねぇ~

栃木名物の生ゆば、造り、焼物、煮ものが並び全体に量は少なめだが味付けよく私たち好みだ。

Dsc_0406

自家製オレンジソース仕立ての「鱒の唐揚げ」は二度揚げされて頭からしっぽまでカリッカリで食せます。これを目当てのリピーターも多いとか。

Dsc_0409

栃木の地酒二合を常温でいただく。これ、なかなか意外と合うね~

Dsc_0411

栃木牛フィレ肉は、脂身の少ないヘルシー仕立て。

Dsc_0415

キャラメルソースのバニラは、カミさん好み。私には、三杯目の生ビールが〆だった。

Dsc_0419

明日は、一日☁予報。晴れれば近くにどうしても行きたいスポットがあるが、天気次第で決めましょうか…

そして、翌朝…

湖畔周辺を散策。少しずつ紅葉の山々に陽が差しはじめる。

Dsc05990_3

朝の露天風呂からも朝食食事処からもすばらしい光景を望みながら楽しめました。

「小さいながらも、いい雰囲気の宿らな」

朝食は、各一人ずつ和食と洋食が選ばれるのがうれしい。

カミさんは、和食。私は洋食をチョイス。どちらもご飯、パン、コーヒーなどおかわり自由。

Dsc_0428

Dsc_0429

Dsc_0430

「いい宿、見つけたな。」

また一つ私たちにとって伝説になりうる温泉宿でした。

2016/05/01

福島県 芦ノ牧温泉にて

Dsc05144

広大な吹き抜け空間とせせらぎの中、三味線演奏を聴きながらのチェックインです。HPでは見ていたが、さすがに広くてでっけぇ~

大川の渓谷と新緑が雄大できれいです。「着いた~」って気分です。

Dsc05139

さっそく缶ビールを飲み干すと、この宿の名物風呂、四季舞台「たな田」へ直行!

 

まさに絶景風呂!日々のすったもんだは、大川の底に沈めてやりましたぜ!

                  (画像は、HPより引用です)

6時からの夕食は個室食事処で…。清水の舞台から飛び降りるくらいの奮発した甲斐のある献立にカミさんも母もご満悦のご様子。

Dsc05146

Dsc05148

Dsc05152

Dsc05156

Dsc05160

12品は、程よい量でよく創作されている。会津地酒の「栄川」の熱燗がすすむ君!

 

2時間ほど、こんなに長く話したなんてことないかもしれない。

 

8時から、お祭り広場でこりゃまた名物の「餅つき大会」。大人も子供も楽しんだあとの黄な粉餅は別腹~^^

Dsc05168

Dsc05170

翌朝、6時ころ霧雨の「空中露天風呂」。大川渓谷にせり出すように長い階段がつづく。運よく、入れ替わりで私一人。

Dsc05175

「こりゃいいねぇ~。空中の極楽風呂だわぁ~」

 

広い踊り場から木の格子越しにしっとり濡れた新緑がなんともきれいだね。

Dsc05179

なかなかのいい宿でした。自分へのご褒美。家族へのちょっぴりの感謝でした。

Dsc05195




2016/04/11

上田城跡公園行くならこの宿!

Dsc05009

3月15日にオープンしたばかりのピッカピカの「ルートインGRANDO上田駅前」がアクセス抜群です。長野市内や別所温泉、松本市内の観光地へもアクセス良好です。

客室は標準でも広めに設定されていて、朝のバイキングも充実しているし大浴場や小さな半露天風呂も完備している。

Dsc04979

Dsc05011

フロント受付には信州の名所の大きな組子が展示されている。この宿が信州の拠点になりうることを願っているようです。

2015/12/30

もう一度行きたい温泉宿 2015

Dsc04064

いや~今年もいくつかの温泉宿を楽しむことができました。これも元気に何とか仕事ができるおかげだと感謝しています。

どこも10000円台からそれ以下で泊まれるもう一度行きたくなる源泉かけ流しの湯宿を振り返りたいと思います。

尚、この画像の旅行誌とブログ内容は関係ありません。

5月初旬、新緑芽吹き始めた福島県高湯温泉「玉子湯」は温泉ファンをうならせる白濁硫黄泉はトロミさえ感じる。この湯を語らずして温泉を語るべからず…温泉小屋は雰囲気たっぷりだ。

Dsc01888

Dsc01894

6月半ば、上高地散策後の岐阜県新穂高温泉「野の花山荘」はわずか9部屋の大人の隠れ家。離れの貸し切り露天風呂とオープンキッチンが人気の源泉宿。

3か月前からのみ電話予約のためシーズン予約困難な超人気宿!!

Dsc02333

Dsc02321

7月半ば、秘湯感たっぷりの秋田県、水沢温泉郷「駒ケ岳温泉」乳頭温泉郷「休暇村乳頭温泉」ブナの森を綴りながらの個性豊かな七湯巡りは思いで深い。

秋田の秘湯は常にNo.1ランクインの秘湯天国だ!

Dsc02625

Dsc02651

(駒ケ岳温泉の内湯と露天風呂)

Dsc02697

Dsc02781

Dsc02735

(休暇村乳頭温泉と鶴の湯)

10月下旬、晩秋感深い山形県蔵王温泉「蔵王国際ホテル」の「八衛門の湯」はもう何年も前から浸かってみたかった薄青みの混じるこれも硫黄泉。総ヒノキ造りの浴場がなんとも風情がある。

Dsc03678

Dsc03679

さて、振り返ると、東北の温泉地にけっこう行ってますね。

来年は、どこの鄙びた湯宿に浸かろうか…。o(*^▽^*)o

2015/10/25

蔵王温泉~八右衛門の湯に浸かる…

今宵の宿に着いたのは、暮れかかる4時半ころ。

夕食は6時半としてゆったり、当館自慢の「八衛門の湯」に浸かることにしました。(尚、浴場の画像はすべて翌日の午前5時ころですので私一人です。旅の宿では、すごく早起きになります。)

Dsc03677

硫黄臭漂う薄い乳白色の湯は、加水・加温無しの源泉100%掛け流し。

総ヒノキ造りの浴場は意外と暗く最小限度の照明ですが目が慣れると湯気の向こうに梁や木目、風に揺れる木々の様子がうかがえます。これがまたいい。実にいい。

露天風呂は、やや温めで長湯にもってこいです。時折、肩に枯葉が舞い小雨が降っていたので傘をかぶっての風情ある雰囲気を楽しみました。

Dsc03680

6時半から食事処で夕食。

山形蔵王牛のしゃぶしゃぶがメインでした。蔵王スターワインで乾杯です。思っていたより量も多く固形燃料を追加しました。

タイミングよくうれしい山形県の食材、郷土の味が少しづつ品数豊富に並びます。

Dsc03671_2

山形といえばやっぱり「芋煮」でしょう。田舎鍋仕立ての素朴であり里芋、ネギ、なめ茸などの旨みを感じます。

固めの牛筋っぽいのもうんめぇ~なぁ~

Dsc03674

ラフランスシャーベット、小粒の葡萄&ずんだ餅。気の利いたデザートでした。

Dsc03675

翌朝、近くの渓流沿いを散策しましたが気温4℃で「ごった、さ~べぇ~。」

すっかり晩秋の装いでしたが、いい湯と晩秋の紅葉、山形の食を感じ取れた家族旅行でした。

Dsc03689












2015/07/24

駒ケ岳温泉の朝

5時半頃に目が覚めます。疲れもすっかり取れましたが、あいにく小雨が降りどうもテンションが上がりません…予報では昼前には☁予報なので期待しましょうか。

Dsc02616

温泉棟の廊下から2棟の木の湯、岩の湯の貸し切り露天風呂が見えます。

岩の湯です。小さいながらも、しっかり源泉かけ流しだ。目覚ましにはちょうどいい少し温めのいい湯です。

Dsc02656

Dsc02653

内湯に浸かりながら、今日の予定行程をイメージします。

湯上り処に天然木をくり抜いた椅子。マッサージチエアーよりある意味座り心地がいい。

Dsc02655

7時から朝食です。日本の朝ならやっぱしこれでしょ!ってなおかずですが、家ではもちろん並びません。

このおかずで「あきたこまち」を二杯。

Dsc02660

三杯目は、比内地鶏の生卵でバッチシでしたッ!^^

Dsc02661

よ~しッ!これから乳頭温泉七湯制覇だ~!!^^

2015/07/23

水沢温泉郷「駒ケ岳温泉」にて

7月18日(土)、今宵の宿は水沢温泉郷「駒ケ岳温泉」です。

この界隈にはクルマで20分ほどの距離範囲には、水沢温泉郷、田沢湖温泉郷や乳頭温泉郷があります。

乳頭温泉へ向かう県道127号線から砂利道を500mほど進むと以外にも白いきれいな湯宿でした。左てに黒く見えるのが温泉棟です。

Dsc02614

和室7室、洋室2室の小さな宿のわりに広いロビーでゆったりしたソファーが印象的です。秋田駒ケ岳登山後の入浴や休憩に利用されるようですが今日は、静かです。

奥に夕食と朝食を摂る食事処の「そば五郎」です。

Dsc02611

予約した「ならの間」は10畳相当の洋室。2人にはもったいないくらいの広さです。(HPより引用)

缶ビールをぐぐっと飲み干してまずは内湯ですね。

内湯までのアプローチも木の香漂う風情ある造りに期待がふくらみます!

Dsc02618

すこし動きの悪い引き戸を開くとほのかに匂う硫黄臭と、白青くすこし濁る天然掛け流し。

石造りの床、木の壁、ヒノキの浴槽、巨木の柱、木枠の窓からは滴るほどの緑です。

もう長距離の疲れはこの湯に流れていくようです。

Dsc02648

ぼ~んやり雨だれを眺めていると小さな悩みや苦労など吹っ飛びました。

Dsc02652

内湯につながる露天です。雨が降っていたのでタオルを頭にのせて大の字で浸かります。どうせ見てるのは熊かタヌキくらいですからね~

Dsc02651

6時半から食事処「そば五郎」で夕食。豪華な食材や華美な演出ではないですが、秋田の山間の食材が滋味豊かに並びます。

前菜に茸の醤油漬け、比内地鶏とさくの炊き合わせ。

ちと少ないですが、岩魚の造りや鯛と海老の冷鉢も意外と薄味でいい味付けです。

はじめて食す「いぶりがっこ」に感動ッ!

Dsc02630

Dsc02628

「秘湯ビール」に合うぅぅ~~

Dsc02629

その他にも、八幡平ポークの陶板焼きや鱒の焼き物も付き品数は多いです。

秋田名物「山の芋鍋」は自家製味噌で煮込んだ素朴な味わいと芋の独特の食感に満足です。

Dsc02634

最後の〆は田沢湖産そば粉100%使用のつなぎなしの十割そばです。

これぞ、蕎麦って感じです。

「あきたこまち」は新潟県人も唸る最高の炊き上がりと旨みのあるご飯でした。

Dsc02636

Dsc02640

生姜エキスを練りこんだ生姜シャーベットは、「あッ!これ、あたらしいッ!絶対売れるね~!!」

そして…

この宿に宿泊すると…

なんとッ!夜の乳頭温泉郷・鶴の湯ナイトツアーに無料で送迎してくれるサービスがあります。もちろん参加しました。姉妹館ということでなせる業です。

デジカメ持ち込みは紛失が心配だったので画像はありません。悪しからず…

就寝前にもう一度内湯に浸かって…明日は、乳頭温泉巡りです!









2015/06/25

朝の「野の花山荘」

6月21日朝。昨夜は、よく眠れました。まさに爆睡です。

朝5時半、カーテンを開けると錫杖岳が険しく霧雨のなかに佇んでいます。

Dsc02366

冷たい水を一杯。さっそく内湯に浸かることにしました。

イケメン?な私が入ればもう福山雅治と見間違得られるんじゃ~…

`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

Dsc02374

Dsc02392

前日も浸かりましたが、湯花浮く柔らかないい湯です。奥にガーデン風の露天風呂とつながっています。

偶然、オーナーらしき方が湯口や温泉のチエックをされていて、いろいろな話を聞くことができました。

この宿の成り立ち、軌道に乗るまでの苦労話、「日本秘湯を守る会」など業界裏話的など…^^

小さい湯宿ならではのいい経験でした。

その後、もう一つの貸し切り露天風呂に浸かります。小雨が降っていたので編み笠をかぶって浸かります。

Dsc02323

したたる新緑の中、旅情溢れる造りがたまらなく好きですね。

Dsc02324

さて、一日のエネルギー源の朝食もオープンキッチンでいただきます。

何気ないメッセージに宿の心遣いが感じられます。

Dsc02394

地元野菜の煮物、朴葉味噌焼き、とろろ芋、温泉玉子、鮎の干物焼きなどが並びます。

Dsc02395

Dsc02398

かまどで炊く富山県産コシヒカリは新潟県人もうなる美味さです。

Dsc02396

朝食後、マイクロバスで6分ほどで姉妹館の槍見館での餅つきイベントに参加しました。サプライズな企画がサービス満点!!

Dsc02406

Dsc02329

雨降る野の花山荘を後にして、富山県の世界遺産、五箇山・相倉合掌集落を見学後帰路に着きました。

Dsc02442

Dsc02448

梅雨の晴れ間の上高地と野の花山荘、雨の五箇山集落…

こころ残る小さな旅でした。
























2015/06/24

今宵の宿は、「野の花山荘」 

Dsc02422

上高地散策の後の今宵の宿は、岐阜県奥飛騨温泉郷にある新穂高温泉「野の花山荘」です。

以前は地元の製材所の社員保養施設だったのを数年前に奥飛騨温泉郷初のオープンキッチンスタイルの人気の宿です。

小雨降るしっとりとした新緑深山の中、わずか9部屋の大人の隠れ家のようなロッジ風の温泉宿です。広大な敷地の中、錫杖岳を正面に臨むロケーションも自慢の湯宿です。

Dsc02376 

4時過ぎのチエックインのあと、ロビーにてウエルカムドリンクに柚子茶。やさしい甘さにホッとします。

軽井沢のくろがね工房特製の薪ストーブと積み石の壁が印象的です。

Dsc02333

Dsc02318

部屋は錫杖岳が望める2階の202号室、10畳和室で華美な調度品などなく落ち着いた和室です。やっぱりいきなり缶ビールプッシュですね~

一息つけば、先ずは風呂だッ!ってな訳で貸し切り露天風呂へレッツゴー!

霧雨の中、宿脇の石段を下りればそこには森の中に包まれるような二つの露天風呂小屋。もうたまんないロケーションです。

Dsc02387

意外と熱めの新穂高温泉100%が注がれる湯船に浸かりながら今日一日のことを思い出したりします。

Dsc02321

Dsc02381

湯船に天然温泉がそそがれ、私の体内にはビールがそそがれます。

そして6時半からお楽しみの夕食タイム~♪

奥飛騨温泉郷初のオープンキッチンは、ジャズのBGM流れる非日常的な空間です。

厨房では目の前で炭火で岩魚が焼かれ、出来立ての料理をいただけます。

Dsc02336

前菜のころ芋です。おかわり自由がうれしいね。

甘しょっぱいタレと、ころ芋のすばらしい弾力が食欲をそそりました。

Dsc02337

湯葉のチーズ焼き。やさしい湯葉がチーズと溶け合います。

ビールに合いますね~

Dsc02339

鱒のカルパッチョ・チョコレートソースと紫陽花を添えて。

Dsc02341

ナマズのフライとかき揚げ。揚げたてで弾力のある白身に特製トマトソースが出会います。

Dsc02343

Dsc02349

熱々の岩魚の炭火焼。地元の辛口の日本酒で…

   日本人でいかったぁ~^^

Dsc02350

夜の帳が下りるころ酔いもすこし回り、雰囲気も最高潮になりスタッフとの会話も弾みます。

Dsc02344

これ、何だったかな?

Dsc02358

お待ちかねのメインの飛騨牛ステーキをレアでいただきます。

たいへん柔らかく丁度いいボリュームです。

Dsc02360

デザートのメロンシャーベットは隣りのロビーでいただきました。

Dsc02363

6時半から約2時間の夕食は楽しく、美味しく、ゆったりできすばらしい時でした!

2015/05/10

旅館 玉子湯「食事編」

旅の楽しみといえば温泉と食事、とりわけ夕食でしょうか。

6時半から5階の食事処 蓬莱で囲炉裏を囲んでの夕食コースにしました。

他の宿泊者は5組ほど。炭には火が入り岩魚が焼かれ、先受けのズワイガニ、酢の物、山菜が用意されています。

Dsc01854

係りの方から丁寧に食材の説明とコースの説明のあとに、先ずはビールで乾杯ですね。

帆立と北寄貝、有頭海老、たけのこ、その他に豆餅やよもぎ餅、トウモロコシを熱々でマイペースでいただきました。

岩魚もよろっと食べごろです。

「ビールに合うねぇ~」

Dsc01858

Dsc01878

宴も半ば、メインの鍋に期待をしましたが、何故かキノコがメインの食材に、「季節がずれてるね。春の山菜がいいのに…」

Dsc01873

まあ、そんなこと言いながらも美味しくいただきました。

Dsc01877

宴も2時間も過ぎれば、いつの間にか周りの宿泊客がいなくなり私たち5人だけ…それだけ盛り上がったんでしょうね?

客室のベランダからライトアップされた湯小屋は酔いが回った一日の〆になりました。

Dsc01888

翌朝、温泉小屋などの露天風呂に浸かった後に脇の橋を渡って庭園20分ほど散策しました。

8時からゆったりした朝食です。

Dsc01914

蒸籠で蒸した温野菜が目に新鮮です。飲んだ翌日にうれしいシジミの味噌汁、温泉玉子、山菜お浸しなどです。ご飯は会津地方のコシヒカリ使用。

まあ、旅館では一般的な朝食でしたが朝風呂と散策のおかげでご飯2杯半と味噌汁2杯を御代わりするほどの食欲です。

ご馳走様でした。






より以前の記事一覧

お気に入り

無料ブログはココログ

最近のトラックバック