2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

うんめかった~

2015/02/15

再び「牡蠣小屋 仙台港」

仙台駅近くのホテルを9時半に出て仙台駅から地下鉄らしい仙石線です。

8個目の中野栄駅で降ります。

Dsc01179

中野栄駅から徒歩30分ほどで先月につづいて2回目の「牡蠣小屋 仙台港」です。

11時開店でしたので15分前に着けば余裕で入店できるだろう…皆、そう思っていましたがッ!

何と100人ほどの大勢の待ち客がざわめいています。

Dsc01183

ま、まじかよぉ~!甘かった!遅くとも10時半前には着きたいです。

Dsc01180

名簿欄に記入すると1時ころ入店予定のこと。さて、2時間近くどう時間をつぶすか思案の結果、三井アウトレットも選択肢でしたが待つことに決めました。

Dsc01191

しかも、飲みながら…。生ビールにご満悦のN氏&E氏です。その後、澤之泉ワンカップも制覇。呑兵衛4人が集まれば話題に事欠くことはなくあっという間に1時間半ほどが過ぎ12時半頃入店です。

4人とも2500円の牡蠣食べ放題(時間無制限!)

店内は、超満員。思い思いに牡蠣炭火焼を楽しんでいます。

Dsc01208

青いプラスチックの年季の入ったバケツに自分で選んで運びます。

早い話が、席に座ればすべてセルフサービスです。

金属の蓋を閉めて数分すると「パーンッ!」と大きな音と共に牡蠣の殻が開く音がします。それと同時に磯のいい香りが辺り一面に広がります。

もう濃厚な殻付き牡蠣の美味さを知れば毎週でも行きたいくらいです。

Dsc01207

画像など撮っている場合ではありません。食べごろを持っていかれます。

「ビール4本とワンカップ4個買~て来いや~」

ホタテは4枚1000円で別料金です。

蓋が開くと持ち込んだバターに醤油を垂らせば、もう至福の帆立バターです。

Dsc01219

Dsc01221

もう書いている今でも思い出してヨダレが止まりません!

そうそう、店内には醤油とポン酢醤油がありますが好みの調味料などは持ち込めます。これ、絶対おススメです。

私は、七味唐辛子、マヨネーズ、レモン汁、バターを持参して様々な味わいを楽しみました。

Dsc01215

いや~食った食った!約2時間で20個ほど入るバケツに7杯ほど。

もう、無理…。腹がパンパンだ~!帰りの時間ギリギリまで食べ尽しましたね~

Dsc01232

黄昏の山形駅ホームです。

4人は、もうかなり疲れ切ったご様子…。

遊んで食って飲んだ充実の二日間でした。みなさんお疲れ様でした!

   がんばろう!東北ッ!



2015/02/14

牛たん炭焼き 利久 東七番町店

Dsc01149

仙台駅西口に出たのは5時過ぎ。黄昏の中を人々が行き交いビルのネオンが週末の夜を彩ります。

あの震災から4年。駅前開発が進み高層ビルが上へと伸びていました。

見るからに、ここ仙台市内は復興はすすんでいるかに見えます。

さて、今日一番のお楽しみは牛たん炭焼き「利久」さんで美味しい牛たんと宮城の地酒を存分に楽しみたいと思います。

7時に予約して堀炬燵風の半個室に案内されます。満席で予約をおススメします。

Dsc01176

さっそく生ビールで乾杯です。

「ぷはぁ~~」もうなんも言えねぇ~~

話題はもっぱら、雪山の山寺、バドミントン談義、そして明日の牡蠣小屋までのルート会議です。

仙台来たら、やっぱ牛たんらろがああああああああ~

「や、やばい…。う美味すぎぃ~」

Dsc01159

炭火焼ならではの香ばしさと牛たん本来の旨みを噛みしめるたび「幸せ」を皆感じているようです。

さて、宮城の地酒を楽しみましょうか。

石巻市の墨廼江(すみのえ)だった記憶です…

まろやかで香り豊かな旨口のお酒です。

Dsc01150

おかわり牛たんを2人前~♪

白菜漬けに薄切り昆布と唐辛子の辛みが気の利く名脇役ですね!

Dsc01151_2

誰かが、フグの唐揚げを注文しました。

これがまた、カリッと揚がりクセのない白身がふわっと…。地酒がすすむ~一品です。

Dsc01156

大崎市の「宮寒梅」(みやかんばい)です。

名前のごとく春をイメージしたほのかに梅の香漂うすっきりとして飲み飽きしません。スイスイいけます。

Dsc01158
仙台あおば餃子です。緑色したその姿にギョッとします。

杜の都にふさわしく、地域特産の仙台産雪菜を皮に練りこみ、杜の都仙台をイメージしてつくられた緑鮮やかな餃子です。

「んん~。これは超新しい!」

ビールがすすむ君でっす!

Dsc01165

牛たん串焼きです。メンバーは、腹にもたれそう…。そう言ったのもつかの間、「熱々でカリカリジューシーでうんめねっか!」

「すいやせ~ん。生おかわり~」

Dsc01167

これは…??

さて、思い出せません…。

Dsc01169

石巻市の代表格「日高見」です。三陸の魚介類にぴったりな辛口のお酒です。

いままで比較的甘口だったのですっきりとした辛口にホッとしてこりゃまたスイスイいけました。

Dsc01166

牛たんソーセージです。創作意欲の感じられる渾身の一品です。

ピリッとした辛みの効いた旨みに「すやせ~ん。生もう一丁ッ!」

Dsc01170

さっぱりしたサラダだったようです。もう、記憶も薄れてきます。

Dsc01175

さて、宴も終盤です。〆の一杯は、「伯楽星」(はくらくせい)

上立ち香はほのかにブルーベリーの様に香る。含むと、酸味抑え目で何とも柔らかく、しかし噴出してくるかのような旨み、甘味はズバ~んと感じます。重くなく、軽くなく。いや~やっぱ旨い!

Dsc01173

今回、いただいた宮城の地酒は、香り豊かな芳醇な旨口のお酒でした。

端麗辛口が主流の新潟地酒とは一線を画すその美味さと酒造りにかける姿勢に旅ならではの新しい発見が体験できました。

Dsc01178

さて、明日は、いよいよメインイベントの「牡蠣小屋」に乗り込みます!






















2015/02/08

死ぬ前に食っておきたい?「米沢牛駅弁」

米沢駅の有名駅弁当が食べたくて松川弁当店の「米澤牛焼肉重松川辨當」を2日前に電話予約しました。

奥羽本線山形行きまで20分ほどの待ち時間があったので米沢駅前で4人分を受け取りました。

駅ナカ売店で缶ビールとワイン2本、おつまみを購入です。これで山形駅まで持ちそうです…

Dsc01083

米沢駅前で、米沢牛駅弁と缶ビール&ワイン片手にご満悦の呑べえ3人組です。

山形行きの車内で出来立てをいただきます。

JR東日本の駅弁味の陣2014では60種類以上の駅弁の中から最も評価の高い「駅弁大将軍」にえらばれました。

1600円と駅弁としては高いですが「大将軍」を食えると思えばその価値は十分ですね。

Dsc01089

焼肉、肉団子と2種類の【米沢牛】の味が楽しめるお弁当です。秘伝のたれを絡めながら香ばしく焼いた焼肉と、甘酢あんかけを絡めた肉団子を噛みしめれば、甘みと肉汁が口いっぱいに広がります。掛紙はレトロな仕上がりで奥羽本線開通時の立売販売を彷彿できます。 (HPより引用)

Dsc01091

「うんめぇ~」の連発ッ!^^

死ぬ前にぜひ食っておきたいおススメの駅弁No.1^^

その後、山形駅から仙山線に乗り換えで最終目的の仙台駅へ

途中、山寺駅途中下車で想像絶する雪の山寺を体験しました!

(おまけ)赤湯界隈の車窓です。

国道458号線沿いのブドウ畑です。

Dsc01098

線路はつづくよ~ど~こまでも~♪

Dsc01099

子供のころ、思い出しましたね。


2015/01/17

炭火焼肉 さるしな

Dsc00977

宮城県多賀城市八幡3丁目5-30

「迷わず食えよ。食えばわかるさ!」そんなキャッチフレーズで人気急上昇の「炭火焼肉 さるしな」さんで夕食です。

仙石線多賀城駅から徒歩3分。宿泊先のルートイン多賀城東から徒歩2分ほどです。

黄色の大きな看板に圧倒されながら店内に入りました。人気店のため予約を入れて正解でした。

店内は満員で2席だけ空いたカウンター席に案内されます。

Dsc00964

各席に本格炭火焼きが楽しめて各種焼肉、ホルモン、アルコール類もリーズナブルです。

第1ラウンド先ずは、看板メニューの仙台黒毛和牛の牛芯たんです。

ビールに合いますね~

Dsc00950

第2ラウンドは、ダイヤモンドカットの上カルビ肉です。

すごっくビールに合いますね~

Dsc00954

第3ラウンドは、シロトロホルモン。宮城の地酒と共にいただきました。

これ、日本酒にすっごく合いますね~

Dsc00960

後ろの小上り席のお客さんは、「下駄リブカルビ」を4人でハサミでチョキチョキ切って美味そうにいただいていますが、もう無理です。

次回の機会にってことで気分よくお店を出ました。

Dsc00975

地元の客のお国訛りをBGMに…。

店主が、外まで見送ってくれたことにも感激です。

ご馳走様でした!





2015/01/16

「牡蠣小屋仙台港」

 Dsc00936
1月11日、「牡蠣小屋仙台港」には2時過ぎに着きました。砂利の駐車場は満車。

外の待ち客は20人ほどですし、ビニールハウス内も満員状態です。

炭火の暖をとりながら20分ほどの待ち時間でようやく席に着けました。

Dsc00938

殻付牡蠣8個一籠1000円、ホタテ4個一籠1000円をカミさんと各二籠を注文です。

店員さんが焼き方を教えてくれますので初めてでも安心して楽しめます。

2分ほど経つと、「パ~ンッ!」と殻が開く大きな音がします。

5分用の砂時計がなくなると食べごろのようですが少し焼すぎのようです。

Dsc00940

撮ってる場合ないくらい美味しい画像はこれ一枚…。

ミディアムに焼けたビッグなホタテは、もう、「超うんめぇ~」

Dsc00945

     がんばろう!東北!!

     また、着ますッ!^^




 

2015/01/13

究極の親子丼~炙り屋十兵衛

お昼12時頃の「カキ小屋仙台港」の駐車場は満車状態だったのでとりあえず受付だけして近くの「アウトレットパーク仙台港」で1時間30分ほど時間をつぶすことにしました。

ショッピング内のフードコート「杜のキッチン」で軽いお昼にしようと思います。

Dsc00929

タイミング的に空いてきた「炙り屋十兵衛」の究極の親子丼にしました。

Dsc00930

ご飯は宮城県登米産ササニシキ。

秋田県比内町産の雌の比内地鶏のもも肉とむね肉を一度炭火で炙り、皮目をキツネ色に焼いています。

仕上げは、宮城県産の卵3個をとろとろふわふわの半熟に。

ガラスープを使った秘伝のタレと一緒に旨みをギュッと閉じ込めて…。

鶏肉とは思えない力強い旨みと歯ごたえ、相反する卵のまろやかさをササニシキの旨みがつないでいます。

いや~究極の親子丼の所以ですね~

Dsc00934

食後のスイーツは、喜久水庵さんの「ずんだソフト」です。

私的には、ずんだの香りはいいんですが、このぷつぷつした食感はどうも苦手です…(゚ー゚;

お気に入り

無料ブログはココログ

最近のトラックバック