2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

自動車関連

2006/11/12

エアロパーツの補修。

8月19日アップ記事「あちゃ~」の続編をやっとできた。

Cimg4899 女房のホンダライフを縁石でガリッとやってしまったのだ。

その時の記事、コメントは、http://yamazaki-3.cocolog-nifty.com/blog/2006/08/post_0812.html#commentsです。

Cimg4901 Cimg4904 耐水性のサンドペーパー(200番~600番)で削られた部分のささくれだった部分を滑らかに削る。

画像のパテで凹み部分を盛ります。

固まったのを確認後、ただ、ただひたすら元の形状に近い形に磨るのみだ。

焦ってはいけない、一日をつぶすつもりでただ、ひたすら磨る。

水洗いして乾燥させると塗装になる。Cimg4905 画像右側の「シリコンオフ」で

表面の油分汚れを完全に除去しないと塗装がきれいにならない。

クルマの純正塗装番号を確認した後、その番号と同じ色と「クリヤー仕上げ」をホームセンターで購入。

いよいよ塗装を吹く。緊張の瞬間だ。

しかし、パーツを取り外した後、取り付け金具が見つからない!

いろいろ探したがどうやら他のものといっしょに捨てたらしい。

専用金具を別途注文する。

その後、家の物置に置きっぱなしになる。そして、やっと昨日夕方に取り付けを

知り合いのガソリンスタンドでした。

  Cimg5945

はなれてのパッと見で分からない。

Cimg5947 まあまあ、の出来です。

2006/10/14

車検だった!

オイラの愛車は、平成9年式のRA-4オデッセイです。

今日まる9年、4回目の車検をうけました。走行距離は、97,000キロ。

Cimg1700 どこにでも走っているフツ~の車です。

車検時期になると何時も思うんだけど、重量税ってなんだや!

自賠責が30,680円。

重量税が50,400円。そして今回、リサイクル料が13,700円!

その上、印紙代、代行料で合計約10,000円。必要経費だけで、100,000円以上です。

4回の車検で収めた合計金額は?力が抜けそうだ!

大体、重量税リサイクル料が未だよく分からない。まあ、オイラも読んでみたが‥。

そして本来名目上の車両整備代が加算される。

車検とは名ばかりで税金を強制的に納めるための「関所」に思える。

しかし、今の車は壊れにくいようだ。今まで交換した部品はブレーキパッドくらいしか思い当らない。(オイル、点火プラグ等の消耗品は、自分で換えています)

以前なら車検時が買い替えになるタイミングになるのだが今は必ずしもそうではないらしい。

今回の車検も交換部品は、無い。いや、「換えなくてもいいよ」と言えば業者は換えないんです。

それだけ自己責任の時代になったのだ。

2006/08/19

あぢゃ~!

女房が縁石で車の両サイド(左右)をガリッ!とやっちまった!!

女房は「なんとか直して!」って言うんだけど新品交換見積もり工賃で4万円近く。

5千円以内での補修を目指します!Cimg4900 もちろん自分で!

続きは、後ほど書きます。さて、どうなる事か‥。(ーー;)

2006/01/15

オイル交換

車のエンジンオイル交換は、一年に2回は必要です。特に冬季は粘度の低く、夏は粘度のすこし高めのエンジンオイルに交換します。一般にマルチグレードといって10W-30を使っています。またオイルフィルターも1年に1回は必要です。

とは、言っても消耗品ですからなるべく高くない(4リットル二千円前後)オイルをホームセンターで買います。

問題は、その交換をどうするか?です。一般に業者まかせですと排気量にもよりますがオイル代、交換工賃で5,000円ほどでしょうか。

私は、ホームセンターで2,000円前後のオイルをその提携先のガソリンスタンドで420円(税込)で交換してもらってます。廃油の処理や空き缶の処理までしてもらえます。

それで2,420円ですから一般の半額ですみます。

今日は、オイラの愛車、オデッセイと家内のライフの2台のオイル交換をしました。

CIMG2207 オイルキャップをはずしてチューブを差し込んでオイルを吸い取ります。

CIMG2208 新しいオイルを注ぎ込んでゲージでオイル量を確認したら作業完了です。

なんか、エンジンが静かになりスムーズになったようです。定期的な交換が省エネにもつながります。

2005/06/20

第30回オートサービスショーIN東京ビッグサイト

1948年(昭23)から開催され途中名称が変わったり今は隔年ごとに開催されているわが国最大のイベントです。オートサービスショーだから、整備、メンテナンス、工具、板金などの補修や塗装の業者の出店やデモンストレーションが大半です。

昔の晴海国際展示場は行った事は何回かあるが、ビッグサイトは記憶に無い。

CIMG0971

CIMG0973

幕張ほどではないが、やはりデカイ!

画像はかなりランダム(順不同)にアップしてあります。

CIMG0975 エアーブラシと言って細かい霧状の塗料でイラストを車のボディに描く技です。CIMG0996

ロボットを使っての塗装デモです。

CIMG0998 ちゃんと排気ガスの処理は万全です。

屋外へ放出してます。

CIMG0976 読める方は読んでね。

CIMG0988 楽してタイヤとホイールの組付けです。

CIMG0983 さぁー、ホイールやシート、ラジエータの洗浄は、オマカセ下さい!

CIMG0990 高圧の水とエアーを噴きつけて洗浄します。シートがあまり濡れてないです。スゴイです。

CIMG1003 溶接用の面です。こういう「遊び心」が大事なんだよ。

CIMG0980 車についた「ヘコミ」を塗装しないで直す技術です。

ホント?

全部、車を納入してからのサービスを勝手気ままにアップしました。コンパニオンがあまりにも地味~なので控えさせていただきます。

全体に「環境」「安全」がキーワードになっているようです。

多様化するニーズにどう対応するか、万人受けはもう過去の話です。

ちゃんとターゲットを絞っていかないと「二兎を追うものは‥」に、なりかねないです。

明日の記事は、帰りの「水上バス」です。

2005/05/09

ペイントレス・デントリペアと言う技術 (車のへこみを直す技術です) 

大事に乗っていた車や買ったばかりの新車は、いつまでも綺麗にしておきたいですね?

でも、いつの間にか車のドアやフェンダーに「へこみ」が付いたことに気づいた人は結構いると思います。

たとえば、買い物をしてもっどてみたら、運転席のドアの「へこみ」に気が付いた。(>_<)

(おそらく、さっきの隣に駐車していた車のしわざ?)

また、「よ~し!今日は天気がいいからワックスかけるぞー!」と、気合入れたのに

フェンダーに「へこみ」を発見!‥‥かなりショック!(;一_一)(@_@;)

いつから?どこで?だれが?‥‥もしかして俺自身?(自分がへこみそうです。)

板金屋や修理工場に頼めば30,000円は、取られちゃう。おまけに、塗装をすれば全く同じ色は無理でしょう。メタッリク塗装だとなおさらです。

ほとんどの場合、泣き寝入りになっちゃう。(修理費高いから)

「へこみ」が気になって、仕事も手に付かない、夜も眠れない、お酒もうまくない、女房とうまくいかない。さっきの信号、赤だったか青だったか‥。

そんな人、必見!です。「ペイントレス・デントリペア」という技術を最近、私は知りました。(私の日記の1月中の記事にもあります。また、このページの画像は、4月に撮影したものです)

私が、気に入っているページはこちらです。千葉県で実際開業され成功されている会社です。

実際、この目で見て来たんです。この画像は実際に車のドアをハンマーで叩き「へこみ」

をわざと作ります。それを、専用工具と技術でもとどうりに直します。ライトを当てるとよく分かりますよ。

CIMG0643

CIMG0645

CIMG0647

CIMG0648

えぇ~! マジかよっ!!

ホンとに分からなくなちゃったゾ!

ものの10分足らずでほとんど直ります。カンペキにするには30分は必要との事。

10センチくらいまでの「へこみ」までなら完全修復可能とのことです。

気になる料金は、板金塗装の約3分の1で、できます。

すごいと思いました。こんなアナログな技術、あるんですね。

でも、まだまだほとんどの人は知りません。なぜなら、難しくて技術者が圧倒的にたりないんです。でも、こんな技術、近くにあるといいと思いませんか?

もし、この記事を読まれた方がいましたら何でもいいからコメント残していただければ

幸いです。

2005/03/21

ホンダライフのここが○、×、△

CIMG0588CIMG0581CIMG0589ホンダライフが納車されて一年になりました。これを記念に自分勝手なレポートを書きたいと思いました。ほとんど、女房が通勤、日常の「足」として使っています。わたしも時々乗ります。
グレードは、Fです。走行距離は5,534kmです。

購入条件は、本体価格から30,000円の値引き。アルミホイール付スタッドレスタイヤのサービス。(これが、かなり大きい)
そして30,000円のオプションプレゼントキャンペーン中なので、ヘッドライトをH,I,Dに、MD,CD付チューナーにそれぞれ変更しました。H,I,Dのライトは、すごく明るいです。視覚性バツグンなためこれから主流です。値引きだけでなく用品のサービスを考えたほうがよいと思います。
軽カー購入にしてはいい条件でした。
ここが○

デザイン
まず、あくまでもデザインを一番に考えます。
街の中を、自然の中を走る車ですから。フロントのデザインはすごく気に入ってます。
(丸いドアハンドルは、ちょっと微妙ですし、リアランプもすこしでかすぎてバランスが‥‥。)
ボディカラーも気に入ってるんだけど「ブラック」もいいですね。
おおめにみて○

インパネ、ちょっと親切装備
質感は軽カーでは一番だと思います。ギアハンドルの位置もいいです。
メーター類も見やすく、左側のディスプレイは評判良いです。
サイドブレーキが足踏み式、シートのスライドハンドルが大きく使いやすいのもいいです。
フロントシートのアームレスト(肘掛)は、楽ですよ~。
ただシート表皮のデザインが(模様)ないほうがよいです。
カンペキ○

燃費、走り、動力性能
燃費は1リッターだいたい、16km、冬期は街乗りで13kmです。長距離なら20kmくらいです。
小回りきくし、なにより運転しやすいです。
う~ん。さすがに自然吸気の660ccは、二人までならOKですが、それ以上の搭乗は、ちょっと長い坂道や
高速の合流にかなりパワー不足で不満です。
辛口で○&△
なんかほとんど○になちゃいました。それだけ我が家の「お気に入り」です。
以上ですがレポート終わります。


2005/01/29

オートサロン コンパニオン&かっこいいと思った車編です

CIMG0404CIMG0423CIMG0421CIMG0420CIMG0419CIMG0390CIMG0387CIMG0400CIMG0382CIMG0409CIMG0374まあ、女の子は完全に好みの問題ですから(^_^.)
カスタムカーも約300台陳列されてました。特に白のセルシオはセダン部門の最優秀賞です。(ボンネットの上にトロフィがあります)でわ2:00を過ぎたのでZ.・Z・Z・・・(-_-;)

2005/01/27

オートサロン(2)です

CIMG0377CIMG0407CIMG0375CIMG0418大変遅くなりましたがやっとパート2を投稿できます。
最近仕事が忙しくて参ってます。(*_*;国内では某有名メーカーの画像です。
さて最初の画像はオールチタンのスポーツマフラーです。こもり音の少ない上品なサウンドです。
車載車は日産「フーガ」です。やっぱカッコいいですね。
他にステンレスのマフラー載せましたので興味があったら見てください。
え、なに?スポーツマフラーて何?普通のマフラーとどこが違うの?
はい、それでは近いうちに説明したいと思います。それと車とイベントにつき物のコンパニオンさんの画像も載せたいと思います。でわ、もう寝ます。Z・Z・Z・・・

2005/01/24

車のへこみどーしてますか?

CIMG0428CIMG04291月16日(日)に幕張メッセで開催されていた東京オートサロンに行ってきました。
モーターショウとは少し違って国内の自動車メーカーはもちろん出展しますがチューンナップカー(カスタマイズ)分野
の祭典です。
仕事関係もありますが何より車とその関連産業に興味、関心があります。
たまたま、閉演まぎわに見たのが「デントぺリア」(はじめて聞く言葉です)と言うコーナーでした。他に30人くらい見学していました。
実際の車のドアをハンマーで叩いてへこみをつくります。駐車場に止めていたら隣の車にドアをぶつけられた。
「ドアパンチ」「えくぼ」というやつです。そんなへこみを修理するとなると修理工場で板金塗装をするのが一般的です。それが当たり前でした。
でも「デントぺリア」と言う方法はまったく違う修理方法でした。
なんとドアとガラスの間に特殊な工具を入れてへこみを押し出すのです。ドアの内張りははずしません。
まったくの手探り状態です。約10分くらいでなんと完璧(まじです!)に修復されました。ライトを当てればよくわかります。業者の方はプロの目から見れば30分は最低必要と言ってました。
しかし、こんな技術があるんですね。でも、かなりの熟練が必要だそうです。
まだ日本で紹介されたのは10年くらいだそうです。
気になる料金は板金塗装の3/1の8000円~!
パテ塗りや塗装の工程が無いので環境にもやさしいですね。
皆さんはどう思いますか?利用したいと思いますか?

お気に入り

無料ブログはココログ

最近のトラックバック