2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

ラーメン&蕎麦

2011/12/10

歩いて三分、さんぽう亭

新潟県内に20店舗、福島、秋田、山形、宮城、長野、愛知県にも展開する「三宝亭グループ」の「さんぽう亭」に行きました。

当地、燕市でもうっすらと白く初雪が降る寒い一日。こんな日は、からだの温まる「ラーメン」が一番です。

最近、あたらしくメニューに加わった「好爽湯麺」(ハオシャンタンメン)です。(735円)

Dscf8448

先ず、その美しい色合いと、盛り付けに「うまそう~」だぜ~

モヤシ、白菜、人参、キクラゲのたっぷり野菜から垣間見える豚ばら肉、そして一番に気になるのが「赤いモノ」です。厨房の方に聞くと「クコの実」だという。

はじめて食べたその実は、柔らかくすこし酸味があり「ラーメンとの相性」からすると疑問がありましたが、その効能を知って「なるほど~」とうなずきました。

「クコの実」の効能は、こちらです。http://www.kirindo.com/medical/gouqizi.html

Dscf8449

野菜の旨味をしっかり生かした塩味のスープには生姜や唐辛子なども加わり心から温まりまる美味しい一杯でした。

(No.1,745)

2011/11/27

福来亭 白山町店

Dscf8376

昭和、その古き良き時代からの軒が寄り添うような燕市白山町。

「福来亭 白山町店」は、そんな時代から忘れ去れような場所にしっかり根をはって息づいていました。

天気が良かったので2台を冬用タイヤに交換後、すこし早めのお昼をここにしました。自宅から歩いて5分ほどの近さです。

すこし動きの悪い引き戸を開けると、雑然としている店内には座り心地の硬い椅子と黒いテーブルが4卓、奥に小上りがあります。

自動販売機で「中華そば」(700円)のボタンを押します。

Dscf8373

玉ネギとご飯は、無料で食べることができますが、「玉ネギ」を追加しました。5分ほど待って、ひさしぶりに食べる「本格背脂」です。

生唾が、口の中に充満してきて、それをゴクリと呑む。魚介出汁の効いた背脂浮くスープをすすると…「ああぁ~、やっぱり、ううめェ~~」

Dscf8375

麺はほど良いふくらみを持ち、魚介系醤油出汁ですが「しょっぺェ~!」というほどではなく、あくまでもやさしいコクだ。

それに、背脂のまろやかさが加わる究極の「さじ加減」に地元燕モンが唸るのも当然だろう。

質と量、いつだったか食べた時よりも更に美味しく頂いた印象です。

さらに進化しているnoodle「本格背脂中華そば」noodleでした。

こういう店こそshine「燕背脂ラーメン遺産」shineに登録したいのですがね~( ̄▽ ̄)

                   (そんなの、あったけッ!?)( ̄○ ̄;)!

(No.1,738)

2011/11/20

ラーメン むつみ

長岡市川口牛ケ島貝ノ沢(旧川口町)の国道17号線沿いにある「ラーメン むつみ」に行きました。

Dscf8277

      味噌ラーメン(680円)です。

Dscf8274

味噌ラーメンと言うとキャベツなどの野菜がたっぷり盛られた印象ですが、見た目はスッキリとしています。玉ネギの千切り、細めのメンマ、少なめコーン、一枚チャーシューそして半ゆで卵でした。

だったらスープと麺で勝負するのなか!?

Dscf8275 「白味噌」「赤味噌」「合わせ味噌」「濃厚味噌」とある中で、どの味になるのか…?

どこにも当てはまらないnoodle「美味い味噌汁ラーメン」noodleだった!

(あくまでの私の感想です)

店のオススメは「野菜みそらーめん」と「あさりバター塩らーめん」なので次回は、「あさりバター塩らーめん」にしてみるかな?

Dscf8276

(No.1,733)

2011/11/14

リニューアル「いい湯らてぃ」の背脂ラーメン

Dscf8222

先週の11日に仕事帰りに再開した「いい湯らてぃ」で食べた「燕系 背脂ラーメン」800円です。

メニューの他に「三条系 カレーラーメン」(750円)がありましたが、これにしました。

私的には普通の背脂ラーメン(店によっては、背脂中華ともいいます)なら600円~700円ほどですが、800円とはかなり高め価格かと思いました。

煮玉子と少なめの岩海苔入りです。普通ならトッピングで一品100円程度で追加ですが、はじめから乗っかっていたので価格的には妙に納得です。

他に、ほど良い量の背脂が浮きますが、少なめの玉ネギ、細いメンマ、チャーシュー2枚でスープも少なめに見えます。

Dscf8223 岩海苔を絡めた太めの縮れ麺は、重くさえ感じるほどで、食感はもっちり抜群です。

でもここまで太いと好みの分かれるところでしょう。

背脂スープ、チャーシューも美味しくいただきましたが、麺の量とスープの量が少なめです。煮玉子も表面は茶色に色付いて出汁が染みこんだようですが中身は、ただの「ゆで卵」です。残念…。

調理のスタッフは、まだ慣れていないのかも知れませんが、これからも期待していますよ。

(No.1,729)

2011/11/13

晩秋の雲洞庵  

休日の時間があるとき、寺社仏閣めぐりで時を過ごすのが好きになりました。

Dscf8262

いつだったか、一昨年(2009年4月中旬)にはじめて訪れた「雲洞庵」http://www.untouan.com/は、大河ドラマ「天地人」の舞台とのことで大勢の観光客で賑わっていた。

あれから一年半、あの時の赤門から本堂への石畳。境内の本堂、開山堂、そして宝物殿など大いに見応えがあったことを思い出し参拝してきました。

駐車場には新潟・関東ナンバー、大型観光バス 3台など意外と賑わっていましたね~

晩秋の冷たい小雨が降り息も、かすかに白い。

濡れた参道の石畳を歩くとあの時の記憶がよみがえります。

赤門から本堂へと続く一枚一枚の敷石の裏には法華経が書き写されている、との言い伝えから「雲洞庵の土踏んだか」 という言葉が生まれ、一度は訪れるべき越後の名刹として、広く知られることとなりました。 (HPより引用)

Dscf8263

Dscf8265

Dscf8266

自然や大いなる歴史ある寺社仏閣を前にして、小さな自分を見つめ直す時間も必要だと改めて思う。

そう、いい時でした。

(No.1,727)

2011/11/12

チャーシュー屋 武蔵

新潟西区小新にあるアピタ新潟西店内の「チャーシューや武蔵」でカミサンとお昼でした。

      私は、からし味噌らーめん(740円)です。

Dscf8235

スープは動物系と魚介系の出汁が甘みのある味噌に溶けていた印象ですが、赤い特製辛子を微妙に混ぜ合わせることで、味噌の旨味と辛子の辛さをオレ流に調整できます。

Dscf8237 もっちり太麺を持ち上げると、大きな2枚のチャーシューの下に大量のもやしが埋蔵されていたのにはじめて気が付きます。

その隠れ業には脱帽の一杯でした!

辛子味噌をすべてかき混ぜたのでかなりの発汗作用で汗だくで完食しました。

これから寒くなる時期、これで740円なら、オススメできます。

       

      カミサンのらーめん(630円)

Dscf8234

魚介系出汁であっさりしていながら煮干の輪郭がしっかりとしている一杯でした。

だいたい二人で行ったラーメン店では、お互い食べ比べて「うんちく」を交わしていて、味に関しては似た価値観のようです。

(No.1,726)

2011/11/08

牛乳屋食堂の二階にて

「大内宿」散策後のお昼は、ぜひ母達に食べさせたいと思っていた「牛乳屋食堂」に決めていたが、散策途中の「ねぎ蕎麦」の看板についつい目が行く。

何やらネギ一本で蕎麦を食べるらしい。興味がわくなぁ~

究極の葛藤、とまではならないが「ねぎ蕎麦」はいつかの宿題にすることにしました。

芦ノ牧温泉駅近くの「牛乳屋食堂」に着く頃には雨も降り始めてきた。

母曰く「大内宿で降らんでいかったのぉ~。やっぱりオラたちは晴れ女らいや~」

私、心の中で「晴れ女じゃね~で、曇り女らろが…」

待つ事15分で、はじめて二階の通され、大きな座卓が三卓あり家族連れで賑わっていました。

目に点いたのが↓の一枚の絵で有名な「山下清」の絵だと思ったら「山下清正」だった。「山下清正」で検索したが、それらしき人物は見受けられないのでころれも次の宿題になってしまった!

Dscf8204

私は「牛乳屋Bセット」。母やカミサンは、普通のラーメン(550円)を選びます。

Dscf8203

スープはあっさりしたコクと美味さ。もっちり縮れ麺はツルッとした喉越しで食べ飽きしません。しかし「半タレカツ丼」の肉が少し硬かった!

母たちも「これ、うんめ~ねっか!燕の「ま〇や」もうんめろも…うん、うん、ズルズル~~」

ラーメンの味にうるさい母たちも満足の一杯だったようです。

これから寒くなると「味噌ラーメン」も食べてみたいものです。

(No.1,724)

2011/10/30

手打ち蕎麦 五頭庵

Dscf8148

阿賀野市今板国道290号線沿い(TEL0250-66-2918)「五頭庵」のそば御膳・雪です。

新潟市で所用をすませて少し遠回りをしてカミサンと行きました。

店内は重厚な柱と梁が印象的で、すこし照明を落とした裸電球がそれを照らします。

さりげなく流れるジャズ風のBGMも、古い掛け軸や屏風の置かれた雰囲気と不思議と合いましたね~

今秋できたての新蕎麦は、正真正銘の手打ち十割蕎麦特有のすこしゴワゴワした食感ですが、その香りがまたいいです。

お稲荷が一個、蕎麦に合う小鉢、漬物、揚げたて天ぷらなどが付きます。ただ、天ぷらは素朴な山間の素材を多く使って欲しかったと思いました。

Dscf8149

そうそう、新米コシヒカリのロースカツ定食も美味しかったです。柚子の香りのする吸い物、辛子風味の菊の漬しもアツアツのご飯に合いました。

(No.1,718)

2011/10/22

ラーメン吉相

新潟市江南区・イオン新潟南ショッピングセンター一階のフードコート内にの「ラーメン 吉相」に行きました。

和定食屋か迷いましたが、吉相ラーメンのいい香りには勝てず気が付いたら並んでいました。( ̄◆ ̄;)

         吉相ラーメン690円です。

スープは「こってり」と「あっさり」が選べますが、もちろんバッチリ背脂が浮く「こってり」にしました。

Dscf8125

お昼少し前でしたが店内は満席で10人くらいの待ち客です。10分ほど待ってカウンター席へ。

店員さんは若くて威勢のいい掛け声と、お客への感謝の言葉が飛び交いそれだけでも元気をもらった気がします。「流行る店は、やっぱりこれだねぇ~」

Dscf8127 シャキッと歯ごたえのたっぷりモヤシと麺との相性は抜群で吉相の一番のウリでしょう。

背脂と煮干出汁のバランスも非の打ち所が見当たりませんね~

チャーシューも口の中でとろけるほど柔らかく肉の旨味もしっかりしていました。

690円でこの内容なら満足できる一杯でしたね!

Dscf8128

  そうそう、餃子(350円)もオススメです。( ^ω^ )

(No.1,714)

2011/10/18

青島食堂・宮内店

Dscf8117

      青島ラーメン大盛750円です。

長岡市宮内駅前からほど近い青島食堂・宮内駅前店に行きました。

私的には、「長岡市でラーメンを食す=青島食堂」なる方程式が出来上がっています。

「近年、他にも美味いラーメン店があるのに…」そう思われるでしょうが、やっぱりここなのです。いや、ここしか知らない、が正解かもしれません。

Dscf8120

Dscf8115

店内は、厨房に近い距離にカウンター席がありテーブル席もすべて厨房に向いていました。

私曰く「何か、鶏が一列に並んで餌を食っているみて~だなぁ~」

カミサン曰く「シ~ッ!そんがこと、言うもんじゃないんだてッ!」

メニューは、青島ラーメンとチャーシュー麺の2種類のみでトッピングの追加ができるだけの実にシンプルなメニュー構成です。

澄んだ醤油出汁の素直な味の中に生姜風味が漂い、チャーシューの旨味と茹でたホウレン草が浮かぶ。

Dscf8118

カウンター席で、厨房内の職人さんの技を垣間見ながら食す長岡生姜ラーメンは言葉では到底言い表せない一杯でした!

Dscf8119

      こりゃ、ホンと美味ぇ~なぁ~

(No.1,712)

より以前の記事一覧

お気に入り

無料ブログはココログ

最近のトラックバック