2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

花園への道。

2008/03/16

ラグビーが教えてくれたもの。~花園への道~

いよいよこの「花園への道」も最終回になりました。ちょうど一年前にラグビーに打ち込む様子や思いを書いてきました。一年間の軌跡の記事は→こちらです。

そして今日、ラグビー部の3年生引退試合がありました。

約4ヶ月ぶりに最後の公式ユニフォームに腕を通します。

Cimg3021 この1年間、守り抜いたポジション。

守りの要のポジション。

1.2年生の新チームは先輩に対して感謝のタックルで挑み、3年生はそれを真正面から受け止める。結果は15-10で3年生チームが面目を保った試合でした。

試合後、お互い健闘を讃えあい校歌を歌った時はさすがにジ~ンときました。全員で記念撮影の時は皆、笑顔でした。

お昼は、保護者のお母さん方が作ったカレーを食べました。鍋ごとに味が微妙に違っていましたが、それがまたいいのかも。

その後、1.2年生が卒業生に贈る恒例「お笑い演芸大会」。替え歌あり物まねありコントもあって抱腹絶倒でした。

Cimg3039

「ラグビーはスポーツの中でも特にハードで厳しいスポーツだ。その練習に3年間耐えて続けてきてくれた君たちは本当に立派だった。この先、君達を待っている幾つもの苦難に必ず立ち向かっていけるはずだ」

監督は、生徒にラグビーを通して生きる術を教えてくれたのかも知れない。

Cimg3041

この先、進学して社会に出てどんな局面に対しても乗り越える勇気。自分の理想とした夢への壁を突破する力。その力は必ずいつか実現するはず。

(No.713)

2007/11/03

ユニフォームは知っている。

試合の翌日、セガレはいつになくサバサバとしていたようです。

とことんやりきった何か重圧から解放されたようなサッパリとした顔にみえます。

「行ってくるお。」いつもの時間に家を出るが、もう紫色の部活のバッグは要らない。

今年、新調したラグビージャージが洗濯されていました。Cimg1601

新チームに渡すためです。

私は今でもポジションやルールはよく知りませんが、背番号4は、FW(フォーワード)でスクラムを組む重要な要でしょうか。

比較的体重があって身長がある選手が起用されます。

喩えて言うなら守りの「石垣」かも知れません。

セガレは、この一年間、4番を背負ってプレーしてきました。

雨に打たれ、泥まみれになり一人、泣いたこともあったろう。

「絶対オレしかいない。オレが絶対守ってみせる!」誰にも譲れない4番だったことかも知れない。

それは、親にも誰にも言わなかった本人とユニフォームしか知らない事だろう。

(No.592)

2007/11/01

よくやった!立派だった!~花園への道~

朝、顔を洗っているセガレに声をかけた。

「悔いの無いようにやって来いや」

「オゥッ!」

ぶっきらぼうな返事がかえってくる。

仕事を段取りして家内と応援しにいきました。

3年生の父兄全員集まっていました。

グラウンド脇にはマネージャーが織った千羽鶴があり、Cimg1498_2

その奥で選手はウオーミングアッ プ。

選手全員、とてもいい顔をしています。

「さあッ!いくぞッ!」「オオオッ~~!」

Cimg1517

Cimg1521 前半、是が非でも欲しかった先制点をトライ!

後半5分までは10-3とリード。「いけるぞッ!」

しかし、さすが昨年の準優勝校は、後半から怒涛の粘り強い攻撃がはじまる。

決定的なチャンスも得点にはならない。

歓声と、ため息が交差するなかで一進一退の互角の戦い。

ジリジリと追い込まれ後退。

ボディブローのようにジワリと効きはじめ体力を奪われるようだ。

その後、畳み掛けるように3トライを奪われる。

もう、彼らの反撃の体力の限界を感じる。

こんなに疲れている彼らを見るのははじめてだ。

そして、反撃の糸口さえつかめないまま時間だけが過ぎてゆく。

「ロスタイム2分」審判の声がひびく。

15人全員がFWで守っていたようです。全員、身体を張って阻止する。

私は、そこからもうよく憶えていません。

悲鳴にも似た声援が木霊(こだま)のようにひびきます。

そして、終了のホイッスル。

「終わった…」

選手達は呆然と空を見上げる。目頭をおさえる。ピッチに倒れこみ動けなくなった選手に肩を貸す。

悔しさをにじませ、泣きながら引き上げる。Cimg1555 皆、くしゃくしゃだ。

全力を出し切ったのだ!

 ・ ・ ・ ・ ・。

静かに最後のミーティングがはじまった。

もう監督からは、キツイ激は飛ばなかった。

労いの言葉。

「すばらしい素材を預かりながら勝たせてやれなかったのは俺、監督の責任だ。本当に申し訳ない。」

「これから君達が世の中に出て行って、必死に努力しても報われない事のほうが多いかもしれない。その時、その事実をどう受け止められるかなんだよ!」

「よくやった!」「立派だったぞ!」その後、監督の男泣き。

私たち父兄も皆、泣いていた。Cimg1585

結果的には悔しいが、ありったけの力を振り絞った結果です。

相手に体ごとぶつかっていく姿は決して忘れない。

愚直なまでボールを追う姿は決して忘れはしない。

帰り際、彼らの笑い声が秋の青空に響いていました。

今日からは、また新しい1,2年生が主体となった新チームが発足して新たなスタートを切りました。

これからは、君達が主役なんだよ。

花園、目指して精一杯がんばれ!

(No.591)

2007/10/30

いざッ!出陣!~花園への道~

やれることは、やった。

できることは、すべてやった。

そんな君達に贈る言葉は、私には見つかりません。

ただ、あえて言うなら、「全力を尽くして最後まであきらめないでくれ。」

そんなありふれた言葉ですが、それが本当の気持ちです。

準々決勝(3回戦)の対戦は、昨年の準優勝高。

しかし、相手が誰であろうと「そんなのかんけ~ねぇ~!」

君達が三年間、培ってきたラグビー。育ててきたラグビーを、思いっきり出せばそれでいい。

60分間、楽しみ、暴れてこいッ!

君達の、奮闘!健闘!を祈る!!

(No.590)

2007/10/21

必勝祈願!~花園への道~

ラグビー部員の必勝と怪我なきことを祈る祈願祭が行なわれました。

Cimg1447 Cimg1451

皆、神妙な面持ちで神事が滞りなく執り行われました。

いよいよ県大会が10月25日から始まり11月11日の決勝まで「花園」を目指して熱戦が繰り広げられます。

「さあッ!悔いのないプレーで勝ってくれ!」

その後、部員達とバイキングで昼食をとりました。Cimg1490

90分食べ放題は、彼らの空腹を満たすにはこれが一番です。

「ふぅ~、食った食った!ごちそう様でした!」(^^♪

(No.583)

2007/09/27

あと一ヶ月! ~花園への道~

高校ラグビーの頂点、全国花園ラグビー出場県予選まであと1ヶ月余となりました。

10月30日、1回戦。11月30日、県大会決勝の予定です。

3年生には泥と汗と涙にまみれた3年間のすべてをぶつける大会になるでしょう。

先日、交流試合で今年になってメキメキ力をつけてきたO高校と対戦しました。

Cimg1204

Cimg1196 Cimg1272_2

けが人も徐々に復帰してベストメンバーに近くなる。

51-0 で、快勝しました。

しかし…。監督から、「攻めがまだ甘いッ!」「今までやってきた事は、そんなもんじゃないだろう!」と、ゲキが入る。

攻撃の精度を高めて自分達のプレーに徹しられるか!?

仲間を信じ、どこまでチームの勝利に貢献できるか!?

本番までに怪我を治し、気持ち、テンションをどこまで奮い立たせられるか!?

県大会まで、あと一ヶ月です。

さあ!どこまで、行けるか!!

(No.571)

2007/08/06

ラグビー応援ツアーIN菅平高原。~花園への道~(2)

宴会の時、女将の挨拶がありました。Cimg0441

初代は、明治中期より出身地、九州の有田焼陶器の卸と小売りを商いとしていたが戸倉上山田温泉が開湯されるのを期に大正4年に旅館業を始めました。

屋号は、陶器を商いとしていた時のものを引き継ぎ有田屋としました。

現在も当時の銘品を多く残し、展示、又お客様用として使用しています。

また、当時の苦労話をユーモアを交えながらのお話でした。

Cimg0448 Cimg0482

Cimg0453

やはり、ラグビー部や子供たちの話が中心で意見を交わしたり親睦を大いに深められた宴会でした。その後、雰囲気を変えてカラオケに行く事にしました。

女将の紹介する「安心な店」に行く事にしました。

たしか、「杏」(あんず)という店でした。

Cimg0514 下駄をカランコロン~と鳴らしながら浴衣で夜の温泉街もいいものです。Cimg0506

♪ここでも、盛り上がってしまいました~!

(-。-)y-゜゜゜ ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・ 。

そして、朝。

すこし、早起きをして朝風呂に入り千曲川を散策しました。

Cimg0522 とても気持ちのいい朝です。でも、これから暑くなりそうです。

朝食後、菅平高原に戻り試合観戦後、買い物と昼食を取って帰路に着きました。

皆様、大変お疲れさまでした~♪ヽ(^o^)丿

(No.532)

2007/08/05

ラグビー応援ツアーIN菅平高原。~花園への道~(1)

毎年、8月の第一週にラグビー部の合宿があり家内と二人で(父兄約20名)一泊で応援してきました。

父兄の方がマイクロバスの手配と運転をしてくださり助かりました。

台風5号の影響もなくまた、地震での道路状況も心配でしたが順調でした。

上信越道、小布施S・Aで昼食後、標高1300メートルの菅平高原へ。

下界は33度ですがここは27度の涼しい風が吹く避暑地です。スキーはもちろん、ラグビー、サッカー、陸上の強化のメッカです。国内の一流アスリートも高所トレーニングに来ます。

Cimg0524 Cimg0525

Cimg0527

東京都の N高校、愛知のS高校の強豪との練習試合を応援しました。

Cimg0533 五日間の猛特訓が精神と体力の鍛錬とチームの結束力を強くするのだ。

そして今宵の宿は、戸倉上山田温泉の「有田屋旅館」です。

Cimg0492 純和風造りで家庭的なサービスで落ち着いた雰囲気の旅館です。

Cimg0493 時代を感じる湯船に硫黄臭のする源泉が24時間楽しめます。

温泉好きにはタマリマセン!(^_-)-☆

そしていよいよ宴会が始まりました。

Cimg0442 良心的な料金ですが地元の山の幸を主とした料理が並びます。

疲れましたので続きは次回にします。

(No.530)

2007/06/04

リ・ベ・ン・ジ!~花園への道~

先日、(土)県高総体のラグビーの決勝と三位決定戦があり某競技場に応援に行ってきました。セガレの高校は準決勝で惜しくも破れ三位決定戦に出場です。

相手校とは先月の地区大会で負けているため是が非でも勝ってリベンジしたい。

スタンド下から校歌が聞こえた。

Cimg7852 さあ!思う存分悔いの無い試合をするがいい!

前半、幸先よく先制トライをして応援席は大歓声に包まれるものの終了間際に同点とされる。

後半、相手校の猛反撃され2トライの追加点!

ああぁぁ~~…。

「ガンバレッ~~!!」「突っ込めッ~!」徐々にまたパスがつながりはじめ一進一退の戦い。デジカメで画像を撮ってる場合じゃないよ!

しかし、どうしても追いつけない。逆転できない。

時間は容赦なく過ぎていく。ついにロスタイム。5分ほどあったろうか。

「諦めるな~!」「顔をあげろ~!」悲鳴ともいえる父兄やお母さん方の応援。

私は、一番大きいメガホンで声をからして!

点差は4点。1トライで逆転可能範囲だ!審判がしきりに時計をチエックする。

ああ、もう駄目か…。誰もがそう思った(かも!)。

そこからドラマがあったのだ。一瞬の隙をみてバックスがパスを回して追いすがる相手を振り切り突進!奇跡が起きた!!!勝ったのだ!!!

リ・ベ・ン・ジできたッ!

「うおおおお~~!」という歓声とともにオイラは熱くなった!

こりゃ末代までの語り草だよ。

これから来月には埼玉県と東京に強化合宿。8月には菅平に合宿。

ひと夏を過ぎてまた強くなればいい。

ところで本業の勉強は?どうなんだ!!ヤバイ~?

(No.462)

2007/05/20

バーベキュー大会 ~花園への道~

風はすこし冷たかったが午後からラグビー部県総体壮行バーベキュー大会がありました。監督、部員40数名と保護者を合わせて80数名が参加しました。

Cimg7740 Cimg7743_1 

Cimg7776

牛肉30キロ、豚肉10キロが…。

父母同伴でしたからビールはOK!

いやぁ~!食った!呑んだ!

最後に監督の挨拶のあと、校歌を歌った。

Cimg7783_2

・ ・ ・ ・ ・ 。  熱くなった。

尚、この「~花園への道~」は、10月末に行なわれる花園予選県大会まで載せる予定です。どういう結果になるか分かりませんが彼らの血と汗と涙の軌跡です。

(No.451)

お気に入り

無料ブログはココログ

最近のトラックバック