2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

上杉謙信ゆかりの地

2007/10/06

上杉謙信ゆかりの地。~春日山~

新潟県上越市にある謙信ゆかりの地に家内と行ってきました。

NHK大河ドラマで「風林火山」がブームであり面白くなってきました!(^^♪

北陸道、上越I.Cを降り15分ほどで春日山城祉駐車場に着きます。

土産物店や食堂がいくつかあり石垣の上には市街地を見守るように「謙信像」が建っています。Cimg1367

Cimg1371 すぐ脇には謙信を祭神とした「春日山神社」を参拝。明治34年(1901年創建)

Cimg1373

その後、細い山道を登り本丸に行くことにしました。Cimg1375

自然の起伏を生かした「空堀」(からぼり)や「土塁」(どるい)、「千貫門」(せんがんもん)をはじめ、幾重にも門が築かれた難攻不落の山城だったようです。

Cimg1378

途中には、「毘沙門堂」や「護摩堂」もあり20分ほどで標高約150メートルにある史跡「春日山城祉」本丸跡に着きます。

Cimg1381

以外と狭い平坦な場所だと思う。今までの「城郭」というイメージとは違うのです。(ーー;)

享禄3年(1530年)、春日山城で越後守護代であった長尾為影(ながおためかげ)と母虎御前の間に生まれました。

謙信の歩いた道。見た風景。

そこに、今、自分達がいると想うと感慨深いものがあります。

Cimg1385 正面に米山と頚城平野。左に日本海。

Cimg1384 山並みの遥か向うには武田信玄と五回の合戦場「川中島」があります。

しばらくそんな想いを馳せながらの時間でした。

駐車場に戻り、クルマで5分ほどで「林泉寺」に着きます。(拝観料(宝物館含む)500円)

7歳から14歳の多感な時期を当寺を学問所として過ごしました。

Cimg1405

「惣門」(そうもん)。謙信公によって春日山城から移築された、往時を今に伝える唯一の門です。

Cimg1394

「山門」(さんもん)。江戸末期に地震で焼失したが大正時代に再建されました。

Cimg1402

「本堂」。平成9年に開創500年を記念して建立。

Cimg1401 「宝物館」。謙信公の肖像画。直筆の書。春日山城図。仏像。甲冑。

上杉軍の軍旗一式。その他多数展示してあり是非、必見!

残念ながら「撮影禁止」でしたので画像はありません。

Cimg1397 Cimg1398

本堂脇には墓所があり川中島合戦での戦死者慰霊塔や上杉謙信公の御墓がありました。

……。合掌。<(_ _)>

僅かな時間ではありましたが、戦国ロマンにふれたいい時間でした。

次は、長野県・川中島古戦場。山形県・米沢に行きたいと思っていますが、いつになるかは…。分かりません~!!(^^)!

(No.574)

2007/08/19

上杉謙信ゆかりの地。~栃尾~

越後の戦国武将、上杉謙信ゆかりの地といえば新潟県上越市の春日山城、長野県の川中島、山形県の米沢が有名でしょうか。

しかし、新潟県長岡市(旧栃尾市)も彼が青年期を過ごし戦国大名にのし上がるための礎を創った忘れてはならない地である事は全国的にあまり知られていません。

また、この栃尾という街は今年で2回目です。3月の越後の珍祭?「ほだれ祭」の記事です。よかったら、どうぞ!

Cimg0718 この「常安寺」は、天文16年(1547年)に建立された古刹。

この寺は、影虎(正確には影の文字は違います。また、後の謙信です)の当時の学問の師、門察和尚(もんさつおしょう)への感謝の為に建てられました。

また、この寺には謙信ゆかりの品が寺宝として保存してあります。

寺の脇の石段を登ると秋葉公園があり、上杉謙信像があります。

Cimg0695 左手に数珠、右手に軍配、腰には刀を差し「越後の虎」とよばれるほどの風貌があったのでしょう。

その後ろには、栃尾城跡のある鶴城山(227m)があります。

その後に、春日山城に入り甲斐の武田信玄と川中島で戦うことになります。

公園を散策した後、謙信廟(お墓)に行く。

その謙信廟を見ると感激しました。Cimg0709 なんと、謙信廟と学問

の恩師、門察和尚の墓が隣同士に建っています。

有志により山形県米沢の上杉家に相談したところ、とても感激され位牌を分けて頂いたとのことです。大正4年に建立され毎年、5月1日には、謙信公祭が行なわれます。

また、門察和尚は、六十八歳の亡くなるまで謙信の教育者、よき相談者として謙信を支えてきました。亡くなって500年余り、肩を寄り添うように今の栃尾の街を見守っています。Cimg0705

帰りに、小腹が空いたので秋葉公園内にある「よしみや」さんで名物の「油揚げ」を頂きました。

Cimg0712 30センチもあると思う程のデカイ揚げたて油揚げです。

Cimg0714 薄味の醤油にネギ、大根おろし、生姜をのせて食すれば、もうシアワセ~♪(^_-)-☆

尚、春日山城、米沢市は、後に訪れて記事にしたいと思います。(あくまで、予定です)

(No.545)

お気に入り

無料ブログはココログ

最近のトラックバック